ニアピンな腐れ縁後書き&おまけプロローグ

【後書き】
作品で出来不出来は兎も角として、この作品についての作者的感想をっっ。

作者の趣味嗜好;体育会弓道部の題材のものが書きたいというだけで、作った話でしたが…、書けて良かったです! 楽しかった! 楽し過ぎて、番外編おまけまでっ、書いちゃたくらいですから!
しかも、思いの外エロ度合い高しで、違う意味で満足なものでした。笑

ちなみにWord(A4縦書き)で、不必要な行替えブランクを省きまして、122頁、89,229文字です!
私にしては、そこそこ文章量になったかな?と思います。

ですが、書きたかった事は全て書けたかというと・・・。
どうでしょうか? 体育会については納得出来る程には書けたんじゃないかと思います!
弓道については、もっと練習風景や試合模様、昇段試験、合宿などなど書きたかったですけど、スポコンではないので、さすがにそこまでは無理でした。笑。
でも、また機会があれば弓道物のストーリーの中で書きたいと、思いますっっ。笑 (あるかな???)

とはいえ、このカプ自体も私にとってはとてもはまりカプだったので、上の事以外にも思い入れの強い作品になりました。
最終までに気が抜ける事が多々あるんですけど、これは最後まで楽しめました!!

という事で、弓道ネタに関係なく↓更に超おまけのプロローグ的なものを悠誠バージョンで用意してみました。笑
高校生時代の話しとなっております。
短いエピソードですが、よろしかったらご覧下さい。




【おまけ エピソード 悠誠バージョン】
受験を控え、ずっと取り組んできた部活も、夏休み前の高体連を後に引退してしまった。
だから、悠誠の残りの高校生活も、勉強漬けの受験生活一辺倒へと変わり、今はその入試を控えての最後の追い込みといったところなのだった。

取りあえず、部活に充てていた時間の大よそを予備校通いへと変えた悠誠は、夕方から始まる抗議までの時間を高校や市の図書館で受験勉強しながら潰し、その後その足のまま自宅から2駅のところにある、駅前の大手有名予備で2時間程の対策授業を受けて帰るのが、この頃の日課となっていた。

その塾の授業も、学力、必要科目、志望大学別対策等で、クラスもいろいろと別れているが、私立でもセンター試験を取り入れているところがほとんどとなった昨今、悠誠もそれに則り、センター対策の数々のクラスを中心に選択している。

そして、本日の最終授業を終え、一仕切の辞書や参考書、筆記用具等を詰め込むと、同じ高校の仲間である本村や野神などとその教室を後にする。
すると、教室から1歩も2歩も出ないところで、隣の教室からも雪崩のように生徒達が出てきた。

その中に、見知った顔を発見する。

彼は、悠誠とはカブる事はないものの、ずっと遠からず近からずの縁のある相手だった。今も高校は違えど、こうして同じ塾に通い、そんなニアピンのような腐れ縁も脈々と続いている。

しかも、彼とは全く面識がないわけでもない。

数えるくらいの少なさだが、実際会話をした事だってある。中学の時はソフトテニスで戦った事さえある。
けれども、未だに関係がカブる事がない相手だから、なかなか”友達”、”知人”とまでいかないのだった。

そして、その相手は悠誠のそんな物言いたげな目線になど気付きもしないで、同様に同じ高校の仲間と話しをしながら、悠誠のすぐ近くを通り過ぎては、帰り口へと足早に去っていく。
背筋がピンと伸び、ブレたところなど一切ないその姿は、実に凛としていて、彼がまだ小学校だった頃から何一つ変わっていないように思える。
しかも、高校では弓道部に入っていたようだから、尚の事それに磨きがかかったように思えるくらいだ。

美しい・・・。

男にそんな形容は相応しくないのかもしれないが、彼から感じる印象はそのもので、実に的確に言いい得た言葉のようにさえ思える。

悠誠は彼が視界の端に引っかかっている程度にまで遠く、立ち去った後だというのに、未だに彼から目を反らせる事が出来ず、その背中を眺め続けている。
すると、ふいに傍らの同級生が悠誠めがけてなのか、仲間内全てに対してなのか、声を掛けてくる。

「桐山? あれ、海王子の棟方だよな! お前、知ってるか?」
「存在くらいはな・・・」
「やっぱ、良いよな!!  男でも、”お付き合い、お願いします”って言いたくなるだけあるよなっ!」
「木本! それ、俺も分かる。やっぱ、良いなっ。綺麗だしよぅ!」
「桐山・・・。もしかしてお前も今見てたって事は、そうなのか?」
「バーカ! こいつは男子校に通っていても、女に事欠かないんだぜ! 何もわざわざ男に走らなくても・・・・、なっ?」
「なぬっ! お前も今!! “男でも間違って良い”って、言わなかったか?」
などと、同級生二人は悠誠が会話に入らないのを良い事に、好き放題言いたい事を言いあって盛り上がっている。

「でもよ! 凜とし過ぎて、隙がないんじゃ・・・。ありゃ、魅力と紙一重の“鉄壁の守り”だな・・・」
「じゃ、告っても、“撃沈の山”ばかりってか?」
「そう、そういう事!! 切れ味鋭く、一刀両断!! この幼気なハートもバッサリと・・・」
「って、お前! それを言うなら、弓道の矢でザックリと、背中まで貫通だろ?」
「だな? なら、他校の俺らには、より一層見込みなしってか?」

本村らは無責任にも噂話に花を咲かせは、ぎゃははと笑い転げる。しかも、なかなかこの話に終わりを見せようとしない二人に、悠誠はやや腹立ち気に「行くぞ」と急き立てる。
ああ、この話題・・・。都合が悪いったら、ありゃしない!
悠誠は一人こっそりと心の中で呪詛を吐きかける。

だけど、他校は見込みなしってか…。

何より悉く縁が出来ない自分のこの運命を呪いたくなる。
ちょっと誰かに聞けば良い話だが、その棟方の志望校だって知らない。

しかも・・。高嶺の花・・・、か・・・・・・。

その前に、相手が男からじゃ、到底無理な話しだ。
棟方は極々普通の良識人タイプだ。”まずはお断り”になるのは、間違いない。
悠誠はそれこそ誰にも気付かれぬように、深いため息を長々と吐き出しかけると、家路へと急ぐのだった。

いつの間にか恋心へと変わっていった積年の思い・・・。

とてもじゃないが、叶いそうにもないこの思いに、キュッと切なげに胸が軋む音を上げ続ける、青春時代の悠誠のある日のヒトコマなのでした。

   - fin. -




最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!
この作品最後という事なので、コメント欄を久しぶりに空けさして頂きました~!!

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

前(R) / 初回 / 総合目次

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

40.ニアピンな腐れ縁(R)おまけ番外編⑤

BLでRの記述となっております!
年齢やご理解などがクリアーされている方のみ、「続きを読む」にてご覧下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

39.ニアピンな腐れ縁(R)おまけ番外編④

BLでRの記述となっております!
年齢やご理解などがクリアーされている方のみ、「続きを読む」にてご覧下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

38.ニアピンな腐れ縁 おまけ番外編③

「バーカ! やっと捕まえたんだ!!」
その悠誠の言葉に、皆がよりどよどよっと驚きを表す!
「えっ、そんな人いたんですか? 全然そんな風には見えませんでしたけど・・」
「悪いか? いたんだよ! 全く相手にしてもらえなかったけどな!」
「先輩の方が・・、そんな惚れてるんですか?」
「悪いかっ!!」
「いや、悪くないっスけど・・・。そんな幸せそうに語らなくても・・・」

悠誠も自分が惚気(ノロケ)ている自覚があるんだろう、照れ臭くさそうに首の後ろに手をやって、襟足の辺りをポリポリと掻きむしっている。
「でもっ!! ああ、驚いた。まさかのまさか! 桐山先輩が、そんなベタ惚れしちゃうようなタイプとは、思いもしませんでしたよっっ」
余程悠誠が誰か特定の相手に落ちたのが信じられないのか、中谷はまだそんな風に呟き返す。だから、悠誠は「悪いか! 仕方がないだろ!」などと、より一層ふて腐れたようにぼやく。

だから、ここに居合わせた面々は、益々驚き払ってその様子を凝視するばかり。しかも、悠誠は今でもアチェーリー部女子に高い人気があるのか、悠誠の登場をラッキーとばかりに思っていた彼女らは、虚しくもがっくりと肩を落とし、各々から重々しいため息が発せられるのだった。

そして、悠誠のベタ惚れた当の本人の結弦はというと、傍らでそんな惚気もどきな告白を語られては、とても正気では聞いてられない。
なんとか平静を装おおうと、上がる心拍数に自分の心臓を叱咤し、頬が火照って赤くなるのを酒を煽っては、誤魔化すのに必死になる。
ああ、かけがえのない悠誠の本音とはいえ、一層の事、耳を塞いで、遠い遠い世界へと逃避してしまいたくなる。

そうでなければっっ。こ、このままじゃ・・、変だーーーっっ!!!

なのに、女の子達が「その彼女、幸せなんだろうな~」なんて呟くから、またしても心臓がバクバクと高鳴り、激しい動揺をもよおす。
しかも、追い撃ちをかけるように、失恋もそこそこに素早く立ち直った彼女達は、それならばと照準を悠誠から結弦に切り替え、一斉に結弦に迫ってくる。

本当に、女はしたたかで強い生き物だ!

「じゃぁ、棟方先輩はどうなんですか?」
「特定の彼女さんなんて・・・。いらっしゃるんですか?」
「私、実は入部する時、このアーチェリー部と棟方先輩がいらっしゃる弓道部とで、すごく迷ったんですよね!(本当、イケメン揃いで・・・)」

その迫力に、言わずもがな! 結弦はすぐにたじたじとなって、怯みまくる。
しかも、途端にむっとした悠誠の無言の圧迫が、実に怖い。
それの性で、後の自分に何が待ってるか・・・。
怖くて・・、考えられない。いや、考えるのが怖い! 考えたくないっっ。

というのは、今までこういったケースに遭遇した場合、只で済んだ例が実にないのだ!
例えば、二人でいるところを逆ナンされた折などは、いつでも嫉妬に駆られた悠誠に、家に戻った後泣きが入る程に可愛がられてしまうのだ。
いや、悠誠としては、箍が外れてしまったように、結弦を欲する衝動にどうしても歯止めが効かなくなってしまうのだ。

それもこれも、愛し過ぎてるからこそなのだが、結弦とってはまさに“受難”でしかない。

結弦のそんな危惧する気持ちなんかとんと分からない女の子達は、怒涛の如く押し寄せ、絡み付く。だから、その悠誠の無言の圧迫も、そこに加えてどんどんと殺気が孕んでくる。

なら、お前は、俺を助けろっ!!

今頃になって、アーチェリー部の現状を主将と語り出した悠誠に、心の中で毒付く。
そして、指輪をひたすら隠しつつ、女の子の攻撃から身を躱し、“桜とは何ぞや?“とばかりに見る余裕すらない。

結局、お開きになるまでこの攻防戦は続き、主将のしきりで体育会恒例に則り、場を締め括った事で、ほっと息を付く。
そして、偶然の参加とはいえど、この会にOBが居合わせているのだからと、主将と悠誠の間でエール交換を執り行う。
とんだ花見になったとはいえ、久々に悠誠の勇壮とした姿を見れたのなら、結弦にとってはプラスの方が多かったのではないかなどと、思いの外に後味の良い終わりとなった。

しかも、そのエール交換! ついでにとばかりに、他部代表という事で、結弦もする羽目となってしまい、久々に恥を掻き捨てて、悠誠に続いて大声で執り行ったのだった。
とはいえ、その後に、応援歌熱唱、一本締めまですれば、尚の事! 恥など言っていられない程、掻きまくった夜桜見物なのだった。笑

   * * *




補足;OBルール
大概、訪問した際は差し入れ等をします。
多分、彼らは後輩達のために、金一封してきた事でしょう?
やはりタダ酒にはなりません!笑

 次(R) /  / 初回 / 総合目次

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

37.ニアピンな腐れ縁 おまけ番外編②

そして、こうなってしまうと、もう!!! 引くに引けない。結弦共々、このアーチェリー現役集団の宴の席に混じる事となる。
悠誠は、“折角のデート気分だったのに”と、隠れてこっそり舌打ちする。けれども、そうしつつも、袖を振って中に入っていくのだから、満更でもないのだろう。実にその様子が可笑しい。
結弦は笑いを堪えつつも、勧められるがままに自分も悠誠の隣に腰を下ろす。

すると、先程挨拶の指揮を執っていた後輩が、僭越ぶりに声を掛けてくる。
「確か弓道部の先輩ですよね? 私は今の現アーチェリー部主将の中谷です。よろしくお願いします。」
「ああ。棟方です! よろしく!」

その中谷は、さも学生時代の結弦とは面識があるといわんばかりの自己紹介をして寄越したが、確かに!! 改めてこのメンバーを見ると、見知った顔ぶれをちらほらと見つける事が出来る。
この中には、まだ結弦や悠誠が在籍していた頃1、2年だった生徒もいる訳で、直接的には関わり合いはなかったものの、その彼らがその第二練習場に個人練習におと訪れた際にでも、知らず知らずの内に互いの顔を見知っていて、その記憶がどこかに残っているのだろう。

そして、そんな彼らの中にはリクルートスーツのままの井手達の者もおり、それは現在就職活動をしているだろう彼らの年代に当てはまっている事からしても、やはり結弦のその記憶は確かだと裏付けられるのだった。

だが、中谷はもちろんそんな有り大抵な挨拶だけではなく、結弦の手に渡された紙コップに並々とビールを注いでくれる。
だから、結弦もここは体育会ルールに則って、威勢よくそれを一気に開けると、中谷に同じく並々とビールを返杯してやる。

けれども、その1回で終わらないのが体育会の熱過ぎるサガ! 先輩のコップが空なのはタブーだと、人を替え人を替えしては、次々と後輩が立ち代り酌を勧めてくるので、受ける先輩の方としては大変だ。
とはいえ、学生時代煽る程のお酒を酌み交わして、十分鍛えられた身である事は有難い。顔はほんのりと赤らんでも、まだまだ取るに足らない域だ。一巡とはいかないものの、4,5を繰り返せば、その作法も何とか落ち着きを見せる。

「ですけど・・・。失礼な話なんですが、桐山先輩と棟方先輩は、はっきり言ってあんまり仲が良くないのかと思ってました。いつも喧嘩腰でしたし・・・。でも、実は今も交流がある程、良い仲だったんですね!!」
突如そんな事を言われ、思わず勧められたビールを噴きそうになる。
“良い仲”といっても、男同士なのだから、その意味合いは普通“友達”だ。後ろめたい事など何一つ気付かれてはいない相手とはいえ、そんな風に言われては内心焦る。

「そう! 今も職場が隣だしな!」
それなのに、悠誠はどこ吹く風とばかりに、飄々とそう言ってのける。
結弦も一般より動じないタイプではあるが、軟派な癖にたまに唐澤以上の鋼の心を見せる悠誠のこういうところが実に憎らしい。

「そうなんですか~、なるほどっ!! 縁があるんっスね!! それよりも、先輩! さっきから気になってるんですけど、その指輪って・・・?」
結弦はより一層顔をひきつらせ、肝を冷やさせる。そして、咄嗟に自分にもある同じ指輪を、嵌めているその手を握り込み、その指輪側を下にして膝に当て置く事で隠す。

実はそれは、悠誠からあのプロポーズの言葉を受けた後、何やかんやと言いつつも冗談めかせて共に買い求めた結婚指輪なのだが、極々一般的な何の変哲もないシンプルなデザインで、一見では悠誠と同じものだとは気付かれにくい代物だ。

とはいえ、二人挙って指輪所有者というのも、際立つ怪しい気な印象だ。

だから、結弦は心中で呪詛を吐く。
この現主将・・・。まずは今のアーチェリー部の現状でも語れば良いものを・・・。
ああ、やはりアーチェリー部は軟派だっっ。
確かにこのアーチェリー部、もちろん体育会なのだから体育会気質は十分という程にあり過ぎる。けれども、それでも弓道部にはない柔らかさがある。やはり、“御武道(ゴブドウ)系”とは、同じ体育会でも本質的に違うのかもしれない。

「まっ、これはいわゆる“事実婚”みたいなもんなんだ!」
「えっ、ついに先輩みたいな人も、捕まったんですか?」
代表したのはこの中谷の声だったが、どよどよっと皆の関心が集中する。特に女の子のそれは、すごい! いつしか身を乗り出すようにして、今まで遠く離れていた子までほんの近くまで押し寄せてきては、食い入るように耳を傾けさせているような気がする。

けれども、この台詞といい、反応といい、悠誠の学生時代の素行を言い表しての事だろうか? 実にその辺りの事情が良く見てとれる。
確かに、結弦の微かな当時の悠誠の記憶を辿っても、悠誠は引く手数多で、数々の浮名を流してはいたように思える。
でも、裏を返せば、結弦が悠誠に対してその程度の関心だから、悲しいかな? 悠誠は苦労したのだ。




補足説明
ちなみに、体育会でも“御武道”と呼ばれる部がありまして、剣道とか柔道、合気道とか“道”の付くクラブなんですけど、その中でも主将は交流会とかがあるんですよね! 笑 
で、またこの“御武道”会でも、応援団交えてエールの送り合いですよっっ。笑
そして、これに+応援歌に一本締めないしは、三本締めは、基本ね!笑

  /  / 初回 / 総合目次

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR