スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頂き物

『ブロガー』の二人のイラストを頂きました。
ありがとう、ありがとう、ありがとう!!!
私、新天地でも腐生活を頑張る!

そして、upの許可を頂いたので
   ↓↓↓
ここにも貼らせて頂きました。

えっきーの眼差しがもう優しげで、優しげで~~~。
賢樹は愛されてますね。幸せ者です。

ばけもぐさんブロガーより

そういう私も。
私のために沢山の時間を費やして、素敵なイラストを描いてくれて感謝、感謝!
帰還した時には、また畑で沢山お喋りして下さい♪
(また出発までに会えると良いな~~。最近水やりに行けてないですけど、行くね!)

ということで、サプライズで、心もほこほこ。
ありがとうです~~♪





総合目次1,2 / ※専用P2



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 挿絵・イラスト
ジャンル : 小説・文学

ブロガー番外f.【ほころび】

ご無沙汰しています。
片想い時代のえっきー(本編よりも前)のSSをとおっしゃって頂いたことから、私なりにその妄想をしてみました。
みなさまの中でいろんな片想い中のえっきーがいるかと思いますが、下のSSのえっきーもその中に加えて頂けると嬉しいです。




f.【ほころび】(遠藤side)


――“氷壁”

言い得て妙。我ながら、東海との隔たりを上手く喩えたものだ。
俺と東海が男と女だったなら、この片思いが報われる可能性も多少なりとあるのかもしれない。
想いを寄せられる側も、異性間なら言動や雰囲気からこちらの気持ちを察してくれる事がある。それでやぶさかでないなら、次第に心が引き合い、恋が実る事もあるだろう。

だが、残念ながら俺達は男と男。まさか自分がゲイ男に惚れられているなんて思いもしないに違いない。
だから、こちらがいくら恋心を募らせたところで、どうしようもない。
所詮、ノンケ男には理解どころか、この気持ちすらも気付いてもらえない。

オフィスに着くと、東海は今朝も俺より先に出社していて、スーツをピシリと着込んでいる。その姿には微塵も隙がない。
後輩ながらに、その既に仕事モードですという態度が可愛げない。

少しくらい先輩である俺を頼ってくれても良さそうだが、仕事を任せてもなんの心配もいらないくらいだろう。憎らしい限りだ。
だから、過去を振り返っても、隙が出来たと思えた瞬間は一回限り。東海が珍しく仕事でミスを出した時だけだ。
些細でも、もう少しミスをしてくれれば、付け入る事も出来るというのに……。

本当、可愛げがない。でもって、俺との間にある壁は相変わらず強固で高いな。

………くそっ! くそ、くそっ!

だからこそ、半ば子供じみた嫌がらせばかりしている自覚はある。
だが、そうと分っていて、オフィスの隅のロッカーに上着を掛けに行く際に、わざと東海の席を迂回し、手元の携帯画面を覗き込んでやった。

すると、東海は大慌てでそれを遮る。

そりゃ、嫌だろう。
けれども、ちょっとくらい見せてくれたって良いだろ? こちらは興味があるんだから。

とはいえ、今のは見ない方が良かったかもしれない。
チラリとしか見えなかったが、どうやら誰かからの私信を読んでいたようだ。
恋人なのか、友達なのか…。
慌てて隠すあたり、俺にとっては悪い方のそれにしか思えない。

………っぅ、くっそ! なんでだ。
チリチリと胸が妬ける。
何で俺のモノじゃないんだ!

東海ーーーっ!!

衝動的に襟足の髪を悪戯に梳くっていた。腹いせみたいだ。
すると、東海はゾクリと感じたのか、見事にビクリと震え、襟足を手で抑えた。

思いの外、敏感な性質のようだ。

顔を覗き込めば、何ともいえない表情をしていた。
目の下も朱く染まっている。狼狽えているような、恥じているような、至極参っている顔だ。
隙だらけのそれに、あらぬところがぐっと硬くなった。

何やってんだ。これじゃ、確実にセクハラだ。

もちろん気分的にはそうでも、男同士なのだからパワハラと言った方が的確だ。
思わず嫉妬に駆られてしてしまったとはいえ、褒められた事ではない。
そう、褒められた事ではないけれど……。

ああ、宝だ。この表情だけで、三杯は飯が食えるかもしれない。

「えっ、遠藤さん!! な、何か…、肩に付いてましたか?」

声が少し裏返っている。

「あっ、ああ…。珍しい事に髪が……」
「…………っ、そ、そうですか。すみません、以後気を付けますから」
「そ、そうだな………」

いつも隙なく身なりを整えている東海だ。今に限らず、そんなものはお目にも掛けられないだろう。
少しくらい肩の力を抜いても良いのではないかと思う程なのだから。

とはいえ、負けず嫌いなのには違いないのだろう。恨めしそうな声音だ。
しかも、俺なんかにとんだ表情を見られて相当罰が悪いのか、東海は恥ずかしそうに目をすっと逸らした。
だが、俺の些細な悪戯に余程感じたのだろう。いつまでもそこをしつこく摩り宥めている。

おかげでそこばかりに目がいった。

ほんのり朱に染まった項。
節立っていても細くて長い指。
すっきりとした顎のライン。

どれをとっても、ゲイ男には毒な御馳走ばかりだ。

くっそ! 得したような、困ったような…。こちらこそ、どうしようもなくなる。

意地で事もなげに東海に「じゃな!」と手を振ると、一目散にトイレの個室に籠る。

やっぱり得だったな…。
俺の方こそ、頬が真っ赤だ………。


   - END -





メールの差出人。賢樹が慌てて隠したところをみると、えっきーからそれだったんじゃないかと思います。笑
さて、今回は有難い事にリクエストを頂いた事でこちらのSSが誕生することとなったのですが、もう一場面リクエストを頂いておりますので、思いつき次第また筆を執ってみようと思います。
更に、ずっと書きたいと思っている『執着』のSSも書けると良いな~~。
そして、肝心な次作ですが、こちらもなんとか創作意欲が戻ってきて、少しずつですが下書きを進めています。
相変わらずの亀のような歩みなのですけどね。
ですから、何とか書上げてupしてたい! upしたいところですが、いかんせん。昨晩はリアで衝撃的な報告がありましてて…。
どうやらまた引っ越ししないといけないようです。←転勤族のサガ。
しかも、前以上に大変そうで、私のキャパを大きく超えているので、不安で一杯です。
昨晩はなかなか眠れなかったです。
ということで、当分忙しくなる予定なのですが、現実逃避のためにお話も書きたいなと思いますので、upした際にはお付き合いして下さると嬉しいです。

『ブロガー』あらすじ / 総合目次1,2 / ※専用P2



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

ブロガー番外e.【熱風邪にはご注意を!】(ややR)

e.【熱風邪にはご注意を!】


【“えっきー” &” ミドー”のゲイカプブログ】

記事タイトル;『ご無沙汰しています』

「ご無沙汰しています。えっきーです。
この前の更新から随分と間が空いてしまいましたね。
すっかり秋めいて、おでんの恋しい季節となりました。

だけど、実際は暑かったり、寒かったりと、なかなか気候が整いませんよね。
だから、元気にしていますか?
俺は元気です! もちろん、ミドーとも仲良くやっています。

だけどね…。
昨日からミドーが熱を出して、ぐったりとしてるんですよね。
ずっと38度台。一向に下がる気配もない。
大丈夫かな?

というわけで、目下、傍らで看病中。
だけど、こういう熱風邪って、今流行ってるのかな?
結構、手強いよね!

もちろん、今は夏の疲れというか、体力も落ちる時期。
その上、仕事もお盆休暇のしわよせで忙しかったから。
(あっ、一部の知り合いにしか言っていなかったけど、実はミドーとは職場も同じなのね)
仕方がないよなーーーー。
しかも、疲れていると分かっていながら、いろいろと無理させてしまったし…。

――今頃、反省。

だけど、日頃は鉄面皮のミドーがさ(ほら強固で険しかった“ノンケの君”の氷壁!)、俺には弱った姿を見せてくれるのよね。
それがね…。何とも言えない。
本当、愛しくて仕方がない。

だから、その分、俺が違う意味で弱るぅぅぅ。
相手は熱でうなされてるっていうのにさ。
不必要に俺の一部分が元気になっとります。(笑)

早くミドーの熱が下がりますように!

201×-09-17(23:18):恋人生活(えっきー):」
いいね!した人|コメント(4)

コメント

1.なんだよぅ! ノロケ日記の甘さに、喉まであっぷあぷ
ご無沙汰してますって、えっきー、ミドーさんとイチャイチャしていて忙しいんだろ?
その幸せ、俺にもちょっとくらいを分けてくれよぅ!
と、まぁ、そんな事はおいておいて…。
ミドーさん、熱風邪だって?
仲が良過ぎるカプは風邪もうつりやすいっていうから、えっきーも気を付けろよ!
未だに一人身のテツ

2.テツへ
ミドーの風邪なら、いくらでももらって良いんだけどさ。
俺も数日前からミドーの様子がちょっとおかしいなと思っていたんだよね。
アソコがいつも以上に熱かったから…。
幸せは溺れるに限るさ、えっきー

3.羨ましい限りで!
えっきー、お前な…。
と叩き倒したいところだけど、熱いとイイっていうよな?
…って、くれぐれも病人に無理させんなよ!
要らぬ世話を焼く小姑・テツ

4.テツへ
うん、すごくイイ。
だけど、今は苦行を積みます!
突如として修行僧になったえっきー

   - END -





先日、私の家人ちゃんも熱を出しました。
丸一日、下がらなかったです。
みなさまも体調を崩さぬよう祈ってます!
そして、私の近況報告を追記欄に少し…。

『ブロガー』あらすじ / 総合目次1,2 / ※専用P2



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


続きを読む

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

ブロガー番外a(遠藤view)

こちらの本編『ブロガー』ですが、私が目下取り組み続けている一人称形式(all round受け)で綴っております。
ですので、そこでは主人公以外の感情を綴る事が出来ません。
ですが、私自身、遠藤sideの気持ちを覗いてみたくなりましたので、番外編として仕立ててみました。

という事で、あくまでもこちらは本編の流れに直接関係はございません。
裏話的なものと言ったら良いのでしょうか?
ですので、遠藤の気持ちもちょっくら覗いてやろうと思われる方がいらっしゃいましたら、お付き合い頂けると嬉しいです。

そして、逆に本編の続きを気に留めて下さっている方がいらっしゃいましたら、申し訳ないです。
1回分だけ脱線させて頂きます。

さて、この番外編の時間軸ですが、賢樹との初H後の遠藤の気持ちになります。
ですので、本編でいうところの”25(別扉)”の***辺りです。

↓↓↓




a.【降って湧いた一縷の望み】(遠藤view)

(眠っていったか…)

俺の腕の中で、眠りに落ちていった東海。
ここぞとばかりに、その体をいつまでも抱きしめたままでいる。
そんな自分の腕に、また力をギュッと籠める。
だが、そういう東海も絋平の背にしがみ付いたままだ。

東海はSEXから我に返ると、直面した事実。
”自分は、まさにゲイだった”
その事で途方に暮れ、蒼白になった。

けれども、男を受け入れた体の負担は、絋平が考えている以上に大きいのだろう。
普通なら、その衝撃の大きさに打ちひしがれ、心を乱し、一睡も眠れない夜となったに違いない。
いや、却って泣き疲れ、眠り込むものなのだろうか?

絋平の場合、自分の性癖に悩んだ時期はあるが、その苦しみが一度に来たわけではない。
どうしようもないそれに、開き直れるまで、一人悶々と苦しんだだけ…。

(ああ、東海(コイツ)のように一挙に来ていたなら、半端なく堪らなかったかもしれないな……)

とはいえ、自分ならこの東海と分かち合えるものがあるかもしれない。
今後の展望に期待する。
そして、今日のところは東海が苦しんでいたとしても、こうして眠れたのだから、それに越した事はない。それで良かったと思う。

とはいえ、今日の出来事を振り返れば返る程、信じられない気分で一杯だ。
本当に衝撃的だった。

(いや、本当…。未だに信じられない!
しかも、今も俺の腕の中にいる………)

本当にびっくりした、驚いた。
まさか愛しの”ノンケの君”が”ミドー”として自分の前に現れるとは…。
しかも、まこと同じ趣向の持ち主で、今日この腕に抱いたなんて…。
いや、今、こうして抱きしめている事だって夢のようだ!!

……っとに、信じられない!

だが、これからの闘いを思えば、ため息も出た。

東海はゲイかどうかをはっきりさせて欲しかっただけで、絋平を求めているわけでも、恋人になって欲しいわけでもない。
(そんな相手に言えないよな? お前がかの”ノンケの君”なんだって…)

ましてや、東海にはゲイかもしれないと気付かせた友人の存在がある。
だから、今は衝撃を受けているものの、それが収まれば分からない。男の恋人を見付けようと動き出すかもしれないし、その友人がフリーになっているというなら……。

グっと奥歯を噛み締める。

(このまま………、俺に惚れてくれないかな?)

それでも、望みのない…。全く恋が叶わないと、諦めていた相手ではなくなった。
僅かだけれど、絋平にも可能性が出来た。
けれども、その一方で、”男が良い”と知ってしまったからには欲も出る。

(東海の恋人が、他の男じゃ嫌だ!)

自分もその土俵に立てるのなら、確実にそうありたい。

現に、東海がゲイかどうかを試すというのでさえ、みすみす他の男とはして欲しくなかった。
自分に惚れさせる自信もなければ、そう出来なかった時に理解ある協力者で通す自信もない癖に……。
必死になって、説得して………。

(あれは本当……、不自然だったよな?)

とはいえ、未だに東海のお初を絋平が頂いたという事も、半信半疑だ。
全身で感じた東海の感触の記憶を辿っても……。

(……信じられない、夢みたいだ!!)

しかも、絋平は東海の素の姿を知る事が出来た。
能面でも、自分とを隔てる氷壁を纏う男でもなかった。
存外に素直で、可愛い……。
いや、性質の悪い魔性男だった。

(あんな風に誘われたら………。基本、スケベな男なんだから、堪らない。
これは、嵌るな………)

既に、抜けられないくらいどっぷりと東海に嵌っている。

(ヤバいな、本当……)

”抱いてしまったら、後戻り出来ない” そう思っていた通りだ。

(もう抜けられないな………)

以前のように、単に”好きだ”、”指を咥えて、見ているしかない”などと言っているだけでは収まらないだろう。
東海を抱いてしまったんだ。

――確実に、必死になる。

悪足掻きする自分が、目に見えていた。
それなのに、もし東海が他の男を選んだなら、絋平は潔く見送る事が出来るのだろうか?
たとえ失恋しようと、諦めが効かない自分がいるだろう事が分かる。

(東海……。賢樹…………。
くっそ、俺の方に振り向いて欲しい。
だから、頑張れ、俺…。頑張れよ、俺……)

今こそが踏ん張り時だ。確かだった。
何が何でも東海の相手は自分であって欲しいと思うなら、悪足掻きであろうと存分にしなければならない。
だから、突如として降って湧いた一縷の可能性に、絋平は必死にもがきはじめた。

   - END -




※ 今日は番外で通常連載の更新を潰してしまうかわりに、午後にももう一つ! 過去作の『続執着』のSSもupしたいと思います。
時間は、15時に設定しておきますので、よろしければ遊びに来て下さい!

 / 本編26 / 本編25 / 初回 / 荒筋・人物紹介 / 総合目次1,2 / ※専用P

いつも応援して下さり、ありがとうございます!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村 

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


本館(当ブログ)目次↓
dreamtripbana.jpg
分館目次↓
dreamtripbana.jpg
twitter↓
@bakemogu53

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。