スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

94.執着

若干、暴力的シーンを含みます。ご注意下さい!




(やっぱり……。そういう事だったのか………)

今までは予感だったが、これでしっかりと事実として結び付いた。
ああ、そうだ、あの時……。
侠耶の到着の騒ぎで有耶無耶となっていたが、利通は確かに見たのだ。佐伯の手元が懐の拳銃に及んでいるのを……。

「おおっと、あんまり動かんで下せぃな、郷田さんよ! でないと、この指が思わずズドンとやっちまいますからなっ! へへへっ…」

佐伯の言葉に、郷田はギクリと身を竦ませる。
だが、その代わり、郷田は侠耶の顔を憎々しげに睨み付けた。

「くぅ………っっ、こんの糞ヤローがっ!! …くわっ、かぁっ、どういう事だ!!!」
「分からぬか? そうだな……。お前の馬鹿な頭では、分からんだろうな………?」
「なぬっ…、がぁっ!! ……この錦織のがっ!!」

いつもの食えないアレ……。侠耶の笑みが、強くなる。

「いや、良く分かっているか……。そうだな?」
「ぐぅぅぅぅ……」
「お前もこの世界で長く生きてるんだ。頭がちょっと足らないとはいえ、自分も良く利用してきたクチだから、分かる!! 殊更にな? ……だろう、郷田?」
「笑いおって、虫唾の走るっ!!! ………くぅっ、ちゃんと気を……」
「お前も、潜入者には良く気を付けていたっていうのか? だが、無能なお前では、いくら注意したところで、佐伯がそれだったとは見破る事が出来なかった。………ふんっ、やっぱりお前は……、馬鹿だな!!」
「何糞っ、このぉ……!!!」
「ふんっ。しかも、誰より信頼を置いてな? それが馬鹿じゃなきゃ、何だ?」
「ぅぐぐっっ………。くっ、くそーーーーっ!!!」

警察への根回しまで、しっかりとやってのけた郷田だ。そんな事は、百も承知。その辺の事は、当然警戒もしていただろう。
だが、この佐伯の方が、郷田よりも一枚も二枚も上手だったというわけだ。
郷田は悔しさに歯噛みし、地団駄を踏む。

「だが、郷田? お前如きに見破られるようなヘボを、俺が送り込むと思うか? 潜入に長けた、それなりに優秀な人材しか、遣わさんだろうな?」
「っ………」
「そうだろ? 警察(サツ)でも、敵でも、面が割れたらソイツの運命は悲惨なものだ!! 下手したら、その命もな? だから、ヘラヘラとしていても、佐伯(コイツ)は抜かりのない可愛げのない男だ!!」
「うっ…。ならっ……?」
「そうだ。ここの場所も状況も、逐一、俺のところに信号として送ってきたな?」
「くぅ……………、くそっ!!」

郷田は至極悔しがる。
だが、そんな郷田にも、侠耶はどれだけも溜飲を下げた様子はない。
利通が受けた暴行の数々を考えれば、当然の事だ。しかも、今、郷田は侠耶の目の前で利通を犯そうとした。容易には気が治まる筈がない。

侠耶は一際冷酷な表情になると、近くに転がり落ちていたアイスピックを拾い上げる。
そして、それを1回転、2回転と、空中で回転させたかと思うと、次の瞬間には大きく振り被って、郷田の足の甲目掛けてズブリと突き下した。
アイスっピックの先は革靴を突き破り、中の郷田の肉にまで達しているようだった。

「ぎぃっ、えぇぇっ……………」

郷田は、衝撃から一拍遅れて、低くしわがれた悲鳴を上げた。ヒキガエルのようだった。
そして、侠耶が体を掛けてピックを引き抜くと、足先から薄汚れた血がじわじわとゆっくり滲み出してきた。
一瞬の事だ。なかなか思考の巡りが、それに付いてはいけない。皆が、何が起こったのか分からない程だった。
その当事者の郷田も、しばらくしてようやく思考回路が繋がったのか、我に返るとその場で尿をジョボジョボと漏らし、床に大きな水たまりを作った。

「ふんっ、手元が滑った!!」
「ぃ………、ぃ…………」
「それくらいの事で………。お前の肝は、相変わらず小さいな?」
「ぃぃっ…………」

それくらい? ……やっぱり。
こんな可愛げのあるものでは…、侠耶の気は済んでいない!!
……ゾクリ、……ゾクリ。
佐伯が逸早く郷田の頭に拳銃を突き付けたから、まだこれで済んでいるが、そうでなかったら!! 侠耶自らの手で、この場に郷田の血飛沫が上がっていたに違いない。
………侠耶なら、やりかねない……。

「ふんっ、確かに佐伯は良い働きはしてくれた! 時間稼ぎも、ちゃんとしてな?」
「ぅぃっ……、へい…、若頭っっ」
「お前も、分かるな?」
「ぅっ……」

侠耶は狂気を孕ませたままの双眸で、続いて佐伯の顔を眺める。
佐伯は拳銃をしっかりと郷田の頭に据えたまま、その睨みにビクリと身を竦ませる。

「ちょっと、お前は羽目を外し過ぎだ!!」
「っ、…………………へい。あんまりにも色っぽいんで、つい………」

佐伯は身を小さく縮め、しどろもどろに言い訳する。




標語;侠耶に凶器は止めて!(きょうやにきょうきはやめて)

 /  / 初回 / 登場人物紹介(別扉) / 総合目次1(最新作~) / 総合目次2(旧作品)

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


本館(当ブログ)目次↓
dreamtripbana.jpg
分館目次↓
dreamtripbana.jpg
twitter↓
@bakemogu53

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。