104.執着

あの後、郷田らの性的暴力のために極度に疲弊した利通の体は衰弱して、発熱をも伴い、数日の間床に伏す事となった。
だから、通常に戻るのに1週間、床上げにも丸三日要した。
そりゃそうだ、あの数時間で体重が4、5kgも激減したのだ。相当な事だ。
だから、利通はその間、やってきた法外医師の高田に、疲労回復のためだという栄養剤入り点滴薬を取り付けられての生活だった。

だが、その点滴薬とやらだが、実に困った代物だ。

それをしている間は、食事を取らなくても空腹を感じないで済むものの、自ずと排泄の間隔が短くなる。不自由な身としては、非常に辛いものだ。
しかも、利通はあんな恥ずかしい経験をしてきたというのに、尿道管や尿瓶での排泄は嫌だと、断固として拒否をした。
だから、何度となく催してくる尿意に、否応なく衰弱した体に鞭打つ事となり、至極悩まされた。

いや、本当に参った。いかに健康体が有難いものか、しみじみと感じられたくらいだ。

だから、それこそこの本宅で世話になっている間、利通は自分の世話係として遣わされたマルに、幾度となく助けてもらう羽目になった。
本当、他にも雑務があるだろうから、その手をいちいち煩わせて申し訳ないくらいだ。

しかも、そのマルには、郷田の行く末をこっそりと教えてもらった。

どうやら、郷田は除名回状が回り、粉を掛けていた睦友会どころか、もうどの組からも相手にしてもらえない身となったようだ。
要は、前回の破門を上回る処置で、実質上の業界追放を意味するらしい。

ゆえに、郷田は二度とこの世界に戻ってくる事はないのだという。

それに、あの時侠耶がチラリと漏らした通り、郷田には新たな道が開けたようだ。
本当にペニス(アレ)を切り取られたのかどうかは分からないが、マルの話によると、郷田の負傷が癒え調教が終了したあかつきには、錦織組の息が掛かったSMクラブで、M奴隷として働き始める予定なのだそうだ。

しかも、そこのクラブでは、あの高市という舎弟が支配人を務めていて、常に郷田の身柄をその監督下に置いて、厳しく動きを見張り続けてくれるという。
ゆえに、郷田の謀反が起きて、その火の粉が利通に降りかかるような事も、二度とない。

とはいえ、郷田みたいな男が、果たしてそんなSMクラブで稼いでいけるのだろうか?
利通には到底無理だと感じる事だが、案外奥深い世界の事だ。郷田は、意外にもマニアの間ではニーズのある素材なのかもしれない。

そして、今回の一件で、利通の社にも多大な迷惑を掛ける事となった。当然、利通の免職は免れないだろう。
ゆえに、利通は体が完全に癒えた数日後、離職手続きを行うために、侠耶の舎弟を伴って社に赴いた。

社の皆は、利通の来訪に慄き、遠巻きに眺めるばかりだった。
利通は、その視線が痛く、半年とはいえ慣れ親しんだ社が、今ではとても遠き存在のように思えた。

とはいえ、黒服の舎弟…。マルは兎も角、強面の香山までもがいたのでは、仕方がない。とてもじゃないが、その香山を帯同する利通も、一般人には見えなかった。
ゆえに、言わずもがな! 対応に当った直属の上司や人事担当者は、始終冷や汗を垂らしながらのそれとなった。

だが、仮に利通がその立場でも、同様の反応を見せたに違いない。それが、普通だ。
現に、利通も高校初日、侠耶と初めて顔を合わした際の事を思い返してみれば、ここにいる皆と同じだった。あの双眸に怯み、至極緊張を強いられた。
今となっては、悲しいかな? そうした感覚すらも、慣れてほとほと鈍くなってしまった。

皆は、間違っていない。

利通は、密かに胸中に込み上げてきた寂しさにため息し、短い間とはいえ世話になった上司、同僚に最後の挨拶を済ませると、手早く私物を整理しはじめた。
侠耶が利通にと宛がってくれた香山とマルも、その作業を手伝い、次々に荷物を外へと運び出す。
そして、それが一段落をすると、一応の仕事の引継ぎや退社手続きを人事課で行い、皆に“ありがとう”と一礼して、世話になった社を後にした。

元々、侠耶から逃げるだけの目的で就いたこの仕事に未練はない。だが、こういう形で終止符が打たれたのは、残念だ。

とはいえ、利通の前には、既に新しい人生のレールが敷かれている。

だから、利通は社に背を向けたきり、一度も振り返る事なく、歩みを一つ、二つと繰り出す。
そんな中、利通の姿を見付けた野崎が、後を追ってくる。
けれども、利通はその物言いたげな野崎の視線をも振り切って、どんどんとその差を広げていく。

これ以上、野崎は利通に関わってはいけない。
自分達の間に関係があると知れれば、今後の職場ライフに悪影響を及ぼす。ろくな事はない。
無視するべきだ。

だが、野崎となら、今後も出会う事はあるかもしれない…。

利通は、去りゆく道中、全ての未練を断ち切る。
そして、社の脇に止められた黒塗りの車に身を潜らせると、今まで世話になった職場に最後の別れを告げた。

   * * *




 / 前(R) / 初回 / 登場人物紹介(別扉) / 総合目次1(最新作~) / 総合目次2(旧作品)

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


本館(当ブログ)目次↓
dreamtripbana.jpg
分館目次↓
dreamtripbana.jpg
twitter↓
@bakemogu53

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR