スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

114.執着(最終回)(絵)

貼付画像は文末となります。




「なら、侠耶……。俺は、今からどうすれば良いんだ?」

ようやく式に向き合う意思を皆に示す。
すると、侠耶は顎をしゃくって、幹事の沢村達を自らの元へと呼び寄せる。
利通は、侠耶に代わってやってきた彼らから、式の運行などの詳細説明を受ける。利通もそれに素直に耳を傾け、しっかりと頭に叩き込む。
先程まで、“一発触発!”とばかりに立ち込めていた不穏な空気も、今はその名残すらない。一世一代の晴れ舞台に相応しく、華やかでいて和やかだ。

利通は、総レース入りの純白ベールを頭に深々と被せられる。そして、その手には白薔薇のブーケを持たされた。
男なのだから、衣裳は普通の花嫁が着る白ドレスではない。それでも、一度ベールを被れば、どこからどう見ても、それはもう純白の花嫁だった。

ベールの隙間から覗く横顔は、潔く共なる死をも覚悟した凛とした強さが垣間見えている。外見の美しさ以上の“美”だ。
だが、結婚するという事は、多かれ少なかれ“覚悟”の要るものだ。だから、どの花嫁にだって、その胸の内には各々の覚悟が秘められている。
それで、花嫁は殊の外美しいのかもしれない。

もちろん、それを差し引いても、利通は甘ったるい人間ではない。
そんな気丈さを表すかのように、手に持たされたブーケの薔薇は、普通なら取り除かれる筈の棘も、処理される事無くそのままとなっていた。
こんな晴れの席だというのに、侠耶はその甘くなり過ぎない棘(ソレ)に利通を感じ、外す事は出来なかったのだろう。

(上等…。これから進む道も、茨の道だ! 侠耶、これで良い……)

とはいえ、後で知った事だが、あの白い薔薇の花言葉は「誠実」「尊敬」「貴方に相応しい」などの意味があるという。
決して侠耶は“誠実”な男とはいえないが、利通に対する想いだけは、誰より“直向き”で、“誠実”だ。
それに、花言葉通り、一生涯の忠誠を利通に誓ってくれるつもりでいるのだろう。

侠耶は、そんな事には無頓着に見えて、案外大切にするタイプだ。
(……侠耶らしい)
だから、ブーケの花を、白薔薇(アレ)に決めたのに違いない。

ならば、自分は…。侠耶に“相応しい”、もしくは“対等”でいられるよう、強く生きようと思う。
そして、それこそ香山が言ったように、これからは侠耶の拠り所となって、少しでもその生きる暗闇の世界に、この白薔薇の花弁の如く一筋の光…。“希望”を灯してやろうと、思う。

(共に生きよう、侠耶……)

利通は父親役となった持田に手を引かれ、会場の後方から即席で設えられたチャペルのバージンロードを歩く。
そして、新郎の侠耶に引き渡されると、沢村の進行によって、つつがなく式が執り行われた。

今では人前結婚式なるものがあって、宗教や格式にとらわれる事なく、列席者が証人となって永遠の愛を誓うスタイルも多いのだが、利通達が就学していたのがミッションスクールだったからか、それを懐かしんでのチャペル挙式形式だった。
牧師役の同窓生による聖書朗読に説教。それに続いて、愛の誓い、指輪の交換、誓いのキス。更には、誓約書への署名を取り交わし、牧師による結婚宣言にて、無事式が終了した。

時間に換算すれば、高々30分強の事だ。
たが、こうでもしなければ挙げる機会もなかっただろうそれは、思いの外心に深く沁み込んだ。

しかも、同級生の皆も、高校時代は侠耶の恐怖政治に怯え、幾度となく割の合わない目に遭わされてきたというのに、この戯事のような式を心から祝福してくれているようだった。
もちろん、彼らが二度と侠耶と関わりたくないと思っているのも、脅迫まがいの参加要請で馳せ参じてくれているのも、変わる事のない事実だ。
それでも、こうして自分達に付き合ってもらえた事には、感謝が尽きない。

とはいえ、単なる付き合いではなく、本当に心から祝福してくれている事は、その表情を見たら分かる。
そう、今までの事を帳消しにしてでも…。
そして、彼らをそんな風にさせるのも、侠耶……。

そう、今日ばかりは、鋭いばかりのその双眸も、淡い桃色の光に包まれている。だからかもしれない。

そして、続いてはじまった披露宴では、これがかの高校時代の仲間達だとは思えない程、皆が和気あいあいと楽しそうに弾けていた。
しかも、時間が経つにつれ、酒に酔っ払った者ばかりになって、これが披露宴なのか、ただの飲み屋での一席なのか、分からない程だ。
そんな仲間達の下手な歌や裸ダンスには、思わず目を伏せたくなったが、そうした雰囲気は悪くない。はじめて旧友と親交を深めるのも良いものだと感じたくらいだ。

そして、その宴もたけなわとなった頃、利通は侠耶に導かれて、こっそり会場を抜け出した。
外に出ると、すっかり日が落ちて、辺りは真っ暗闇となっていた。建物に木々、そして自分達もその大きな闇にすっぽりと包まれて、深い静寂が訪れた。
けれども、その静けさの中にも、しっかりとした新しい息吹を感じる。

自分達の新しい未来だ!

ああ、侠耶が生きる道は、闇!
これから利通が歩んでいく道も、また闇!

それでも、自分の隣にこの男がいるのなら、その闇も悪くない……。


   - fin. -




syuutya112s17-bokasi.jpg

拡大版をご覧になりたい方は、↓ のサムネイルをクリックして下さい。
開いた画像の上にマウスポインターを合わせると、虫眼鏡に変わりますので、クリックして拡大して下さい。

syuutya112s31-bokasi.jpg


最後までお付き合い下さった皆様、本当にありがとうございました。

番外編4-1 / 後書き /  / 初回 / 登場人物紹介(別扉) / 総合目次1(最新作~) / 総合目次2(旧作品)

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


本館(当ブログ)目次↓
dreamtripbana.jpg
分館目次↓
dreamtripbana.jpg
twitter↓
@bakemogu53

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。