62.続・執着~均衡~

「…ふん、錦織? まだ俺から何かを引き出すもりか?」
「違うな?」
「”違う”? 俺はお前らがどう思おうが、サソリの君がいる以上、その均衡を保ってやるつもりだ。男に二言は無い。この前から今日の事も全て含め、今がまさに折衷の中間点だと思うのだがな?」
「ああ、そんな事は分かっている。だが、違う! これを決めるべきなのは、俺ではない。利通、お前だ!」

侠耶は利通の方へと振り返り、その目をじっと見る。

「えっ…」
「お前は、どうしたい?」

(どうしたいだと?)

侠耶は変わった。本当に変わった。
今までなら、利通がこれ程までの事をされれば、一も二もなく相手を叩き切っていただろう。だが、侠耶は今、利通に全権を委ねようとしている。

利通の細肩に、双方の構成員達の運命が突如として伸し掛かってきた。

もちろん、利通が宇賀神を許さないと言えば、侠耶は全面戦争を受けて立つだろう。けれども、宇賀神の条件を呑むと言えば…。
侠耶は利通を一人の男として、一人の人間として認めた上で、その人格を尊重し、そう言ってくれたのだろう。

ああ、変わった。本当に変わった。
利通と想いが通い合った事で、変わった。
侠耶に、多少の余裕が出来たのかもしれない。

いや、違う。今だってこれっぽっちの余裕もない筈だ。
利通もそうだ。愛は全てを盲目にする。
だが、懐の広い男だ。自分の気持ちを必死に抑えてでも、利通のそれを優先しようとしてくれている。

侠耶は普段横暴で利己心が強いように見えがちだが、本当のところは違う。
以前の唯我独尊ぶりも、どうにもならない利通への渇望に対する侠耶の悲鳴だったのだ。

――あの頃は、侠耶も弱かった。

だが、侠耶はそれでもあの当時から利通の事を誰よりも理解しようとしていた。努力していた。
事実、本人以上に良く知る部分も多い。

そして、利通の事を対等な存在だと認めてくれていた。
それを利通が否とみなし、一人勝手に対等な男になりたいと足掻いていただけだ。
今回のこれは、そうした利通の自我がなした事だ。

窮地に追い込まれた時には、普段では気付かないそういった部分がはっきりする。今がまさにそうだ。
ゆえに、これが侠耶本来の心の表れ。

(良く分かった。侠耶は、俺を認めてくれている……)

そして、それは宇賀神にもいえる。宇賀神も、利通を一人の男として認めた。
ゆにえ、これで均衡に必要な3者が出揃った。均衡(ソレ)を掌握しろというなら、そのお役目を果たすまでだ。
もちろん、否なら、示談決裂。梶尾組との全面戦争だ!

……そして、今がその決断の時。

(分かった、分かった。でも、侠耶…………)

薄ら笑いが込み上げてくる。

(俺の一声で、全てが決まるというのか? くっ、侠耶……)




 /  / 続編初回 / 人物紹介(別扉) / 前作『執着』初回 / 総合目次1(最新作~) / 総合目次2(旧作品)

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 BLブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR