58.悪ふざけ(R)

文中にR表現を含みます。
文章を折り畳んでおりますので、BLにご理解があり、年齢を満たしている方のみ、「続きを読む」にてご覧下さい!

ブログランキング・にほんブログ村へ



「…………っ、……っ。……はぁん! ……がはっ、んーーっっ」
「本当、弱ぇ……」
「なっ、なっ、…けほっ。悪りぃーかっ!!」
「悪かない。でも、敏感過ぎて、やっぱり心配だっつーの!」
「しっ、心配すんな!」
「する!」
「すんな……」
「する………」
「昴流っ、っ……、あぁっ……」

脚をコンパクトに畳まれているだけでも辛いというのに、更に膝が床に着かんばかりにグイっと折り曲げられて、チャラの面前に顕わになった尻の孔の周りをクチュクチュと舐め回される。

(ちょっ待て! “好きにして良い”とは言ったが…。
恥ずかしいどころの問題じゃねぇ。体が、滅法痛い!!!)

声にならない悲鳴を上げる。
おかげで、また大きく開いた口の中にガバリと入ってきた水を、しこたま呑んでしまった。
だが、それで派手に咽返っても、後孔を辱める舌の動きに容赦はない。

(まっ、”待った”は効かねぇーかもしれないが、せめてシャワーの水くらい止めてくれ!)

だが、そんな事より何よりも堪らないのは、いくら舌先を中に突っ込まれ嬲られても、躰の奥で燻る焦れが全く収まっていかない事だ。
熟れてプクプクに盛り上がった肉が、刺激を受ける度にキュッキュと蠕動運動を繰り返す。

「すっ、昴流っ!! ………ぁぁっ、そんなんじゃ足らねぇ、……ぐふっ、足らねぇ…」

眦に涙を蓄えて、訴える。

「なら、こっちかよ?」

クイっと中に指が入り込んできた。

「んんーーーっっ」
「ほら、こんなに簡単に呑み込んでいく…」
「…はぁっ、…はぁっ。やっ、やめっ………、んんっ」

それに中をグチュグチュと掻き回されて、眼裏がチカチカとハレーションを起こす。
久々の強い快楽に、全神経が悦んでいる。

「でも、…はぁっ、やっぱりやめんな!」
「やっぱり? おい、”やめろ!”、”やめんな!”って、どっちだよ…」
「なっ、分かるだろ、…んんんっ!! ……ごぼっ、意地悪を言うな! …っ、簡単にこうなるのも、こんなに良いのも…、全てがお前の性だろ? くはぁっ……」
「確かに…、そうだ……。俺の性だ…………。ごめん……、悪かった!」
「…けふっ。……本当、おかしいんだ。……躰がおかしいんだ。…………けど、これがすごく良いんだ! ……ぐっ」
「おい…………、お前、まさかまた………、泣いてるのか?」
「泣いてねぇ……」

勝手にホロリときてしまう柔な涙腺に、慌てて顔面を覆い隠す。

「……泣いてねぇ」
「…………泣くなよ、福士! 泣くなよ……」
「だから、泣いてなんかいねぇ。そ、そんな事、気付くな……。気付くなよ………」
「気付く…。そんな事こそ、知っていた方が良いじゃねぇーか!! 知っていた方が……。それに、俺はどちらかといえば…、お前の後孔(ココ)が俺を欲しがってくれるのは嬉しいんだからさ……」
「っ……」
「俺、どれだけでも責任取るから…。どれだけでもお前の事、大事にするから…、な? 好きなんだ、福士…。俺、お前が好きなんだ!!」
「バっカ…、ヤローー……」

(マジで、泣く……)

思わずその言葉に…。待ち望んでいた中を、滅茶苦茶に犯されて…。
言葉通り、福士はマジ泣きした。




次(R) / 前(ややR) / 初回 / 登場人物紹介 / 総合目次1(最新作~) / 総合目次2(旧作品)

いつもありがとうございます!
励みになります
にほんブログ村 BLブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR