22.園さん、ついていきます

「痛…」

関節も痛いが、胸も痛い。
乃木坂とは対称的に鷹揚な癒し人、蜂須賀にどっぷりと後ろ髪を引かれたものの、これだけがっちりと関節を固められていてはどうしようもない。
乃木坂のなすがまま。
すんなりと諦めて、蜂須賀に軽い別れの挨拶を送ると、入之江一丁目の交番を後にする。

(ああ、本当にツイていない!)

智晴は乗ってきた自転車を押しながら、乃木坂の横を並んで歩く。

「で、乃木坂、話って何? どうせ大した事じゃないんだろ?」

言外に“わざわざ出向いて来なくても良いだろう”と匂わせ、目一杯つれない様子で言ってやる。

(ああ、俺は怒ってるんだからね。折角の蜂須賀との癒しタイムを奪って!
この恨み………、すご~~く高く付くんだからね!)

「大した事? どうかな?? 智晴にとっては、どうでも良い話ってわけでもないんじゃないの?」
「はっ?」
「どちらかと言えば、大いに関心がある事だと思うけど~~。で、気になる?」
「っ……」

そんな風に言われれば、“あの事”しかないだろう。
祐輔の…。いや、安久津亮司の事か……。
警視庁科学捜査研究所「特別被害者部」への異動に関する噂話だ。間違いない!

「もしかして……」
「そう。そのもしかして! 小耳に挟んだんだ!」

乃木坂はニヤリと口元を弛ませて、鼻高々に告げる。
(やっぱりそうか…。そういう事か……)

「智晴、お前、あの係に異動希望を出しているだろ? まぁ、噂話だから、確かって程確かでもないんだけど…。特別被害者部のさ、耳寄りな情報を仕入れてきた」
「っ…」

乃木坂の場合、エリート家系の幹部候補生という事で、様々な人脈がある。
こうしたちょっとした噂話も耳にする機会があるのだろう。

「どう? 気になる?」
「そりゃ……」
「だろ? そうだと思った」
「で?」
「この前、お偉いさんと食事する機会があってさ。来春はそこに人事異動の予定があるんだってさ。限定一枠だけどね!」
「一枠……」

大体、あるとしても、そんな程度だろう。全く予定なしより、随分とマシだ。

「まぁ、特別被害者部も前々から人が欲しいみたいで、人事に希望を出していたみたいなんだけどさ。他の係との兼ね合いもあるから、なかなかね…。だけど、来春はどうも増えるみたいだぜ」

チャンスだ!

「それで、その候補の中に、お前の名前もちらりと出ているようだな。そういえばこの前、同期入隊と言う事もあってか、俺に他方からどういう感じのヤツだと探りがあった」
「っ!!!」




 /  / 初回 / あらすじ・登場人物紹介 / 『狂喜の的』初回 / 総合目次1,2 / ※専用P2


いつも応援して下さり、ありがとうございます!
にほんブログ村 BLブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR