44.痩身施術男子

まだ良いとも言ってもないのに、真を挟み込むかのように両サイドの椅子を陣取り固めてきた。

(ぅっ…)

何も男の真を狙わなくても、周りには沢山女子がいるのに…。

「でさ、高森、この後暇?」
「えっ…」
「暇でしょ?」
「いや、暇じゃない。午後もみっちりと講義があるから…」
「みっちり? みっちりって、高森が取ってるのって、安藤の憲法と高橋の緩~~い講義だろ? サボろうよ。誰かに代弁頼んでおけば良いじゃん! なんなら、俺が知り合いに頼んでやっても良いし。…って、出欠も取らないんじゃなかったけ?」
「ぅっ!!」

同じ学科生というのもあるが、彼らともたまたま重なっている講義が多い。
内情をよく把握されている。

「じゃ、良いじゃん。遊びにいこうぜ!」
「そうそう、奢るからさ!」
「奢るって……」

真も男だというのに、遊び相手というよりも、すっかりそういう対象扱いにされている。
どうにも下心丸出しだ。
……困る。

「でも、ごめんね。折角誘ってもらったけど、講義休んでまでして行こうとは思わないし……」
「なら、講義終わったら良いって事? その後の予定は、空いてるの?」
「えっ…」

直ぐさま揚げ足を取られた。
ギラつく二人の双眸に怯む。

「あっ、ごめん。そ、その後も……」

声が上ずって仕方がない。泣きたいくらいだ。

「何、それ? 板倉に操立て?」
「えっ…」
「だって、板倉と付き合ってるって噂だよな? やっぱりそうなの?」
「えっ…。つ、つ、付き合ってるって?」

確かにそんな噂がある。
四角四面に嘘は付けないという真に、板倉は「嘘も方便! 別に、俺を利用したら良いだろ!」と言ってくる。楽観的だ。
けれども、それでは板倉の恋愛する機会を奪ってしまいかねない。

真は板倉が好きだったし、告白もしたけれど、拘束したいという気までは湧かなかった。
もちろん、それは今だって同じだ。
むしろ出来る事ならばちゃんと本当の事を告げて、板倉の隣というポジションを早く他の誰かに解放してあげたいくらいだ。

ただそうなると、隠れ蓑になってくれていた板倉を必然的に失う。
当然、今みたいに強く言い寄ってくる男子の対処に手を焼くだろう。
それでも…。

大体からして、高々見た目が変わっただけで、こうも周囲の反応が違う事に戸惑う。
モテ過ぎて困るだなんて、今までに経験した事のない苦労だ。
驚くし、実際問題とても困る。

「みっ、みんな、勘違いしているけど、僕達男同士だし、板倉とはそんな仲じゃないから……」
「へ~~~、違うんだ!」
「ちっ、違うよ…」
「俺は、男でも高森はアリだけど」
「そう、俺もアリ! だから、声掛けてるんだけど」
「っ…」
「でもさ、板倉も友達ラインだっていうんだったら、俺達も同列だろ? なら、良いじゃん! 俺達と遊ぶ分には何ら支障もないって事だし、折角だから試しに俺達とも遊びに行こうよ!」
「そうそう、俺達だって良い筈! 構わないだろ?」
「えっ…」




 /  / 初回 / 荒筋・登場人物紹介 / 総合目次1,2 / ※専用P2



いつも応援して下さり、ありがとうございます!
にほんブログ村 BLブログ BL小説へ

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR