48.痩身施術男子

それでも、涙こそ見せないものの、じっと地面を見つめている。
いつもなら話題豊富で口数の多い板倉だ。こんな風に静かに黙っている事なんてマズない。

いつにない板倉の様子に、強がっているものの、真にフラれたために深く傷付いているのが良く分かった。
だからこそ、真の事を本当に好きでいてくれた事もよく分かった。

(ごめんね、板倉……)

「でもさ、高森?」
「うん」
「やっぱり…、他に本当に好きな人でも出来たの?」
「えっ?」
「そうじゃなきゃ、俺への好きは本当の好きじゃないって気付かないだろ?」
「っ…」

板倉はそこまで分かっていたんだ。
板倉の横顔をじっと眺めると、その視線に気付いた板倉が無理な笑みを浮かべた。

「実のところ、俺はさ、結構前からその事に気付いていたんだ」
「っ!!」
「…って、いうか……。告白された時に、そうなんじゃないかなって思ったくらいだから…」
「……っ」
「高森は俺の事を好きだって言ってくれるけど、正直、俺に優しくされたから勘違いしているだけなんじゃないかって。事実、そうだったんだろうけど…。あぁ…、自分で言っていて、救いようがないな。滅入ってく……」

けれども、板倉は「そんな俺の勘も鋭いよな?」などと自嘲めきながらも、なるべく明るく返してくれる。
無理をして…。
真なんかに、尚も気を遣ってくれている。

「だからさ、記念というか、高森も俺に告白出来たのかなって思う。告白するのって、結構勇気が要るもんだろ? 本当だったら、そんなに簡単には言えないもんだからさ」

真も、内藤への恋心を自覚したと同時に、遅ればせながら気付いた事だ。
もちろん、そんな告白でも覚悟は要ったし、フラれてショックだったのも事実だ。
けれども、内藤への告白の方が数倍もハードルが高いように感じるのは、板倉へのそれとは違うからだろう。

「だから、俺もさっき高森に告白したけど、極力さらっと言っていても、内心はガチ。今のところ、片想いなのも知っていたから余計…。だけど、高森ってさ、強く出られると弱いだろ? だから、フラれそうになっても誤魔化して、強引に付き合った事にしたら、そのうち俺の事を本当に好きになるかもしれないなって、強かな事も考えてた。でも、結局のところは同じ。それで高森と付き合ったとしても、きっと短命なんだろうな…。ましてや体の関係迫ったら、拒否されるだろうなって………」
「っ…」
「でも、俺、結構、狡賢いところがあるから。高森の押しの弱いところに付け込んで、別れたいと思っているのに気付いていても、ズルズルと引き延ばすんだろうな~~。そんなのだと思う」
「ぅっ…」

流されやすいのは自身にも覚えのあるところだ。目に見える。

「いや、もっとかな…。もしかしたら戸惑いや隙があるのを好い事に、ドサクサに紛れて、既成事実を作ってしまおうと手を出していたかもしれない。それこそ俺から逃げられないように…」
「ぅぅっ…」
「ほら…。俺は、高森が思っている程、お人好しじゃないから……」
「……っ」

一瞬仄暗い表情をした板倉に、身がゾクリと竦む。
それでも、あの板倉だ。カフェテリアで声を掛けてきた二人とは違う。無理強いなんかしないに違いない。
現に自嘲めいた事を言っていても、こうしていつものような穏やかな笑みを作ろうとしてくれる。
真が、委縮してしまわないように…。




 /  / 初回 / 荒筋・登場人物紹介 / 総合目次1,2 / ※専用P2



いつも応援して下さり、ありがとうございます!
にほんブログ村 BLブログ BL小説へ

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR