77.探偵GJ

揃って、口をあんぐりと開けたままドアの方を眺める。

「んっ、なっ!」
「あははっ…。Jちゃん、こりゃ、すんごいバットタイミングだぁーーね! 俺っち、Jちゃんの中にクイッと入ったまんまだもんね」

乾いた笑いしか出てこない。
そういう信人もぎょっと目を瞠り、玄関で立ち竦んだままだ。
微動だにしない。涼しい顏の仁科とは大層な差だ。

(何だよ、もう! 良いところで…)

ただでさえ身内にSEXの現場を見られるのは、恥かしく罰が悪いものだ。
それが、よりによってこの二人となると、尚更だ。

舌打ちして、剛力の背に回していた腕を解く。
すると、剛力も名残惜しそうに勇人の中から出ていった。
お互いに完全なる消化不良だ。

けれども、その憤りの矛先を向けるとしても、仁科に対してだけだ。

(マジで、コイツとは肌が合わないな?)

信人の恋人だと認めた今も、基本的な相性や印象は変わらない。

「何だよ、睦言の最中に…」
「突然お邪魔して申し訳ございませんでした。私は構いませんから、続きをどうぞ! 終わるまで外で待っていますから」

(なっ…。何が“続きをどうぞ”だ。今更出来るか!)

涼しげにのたまう仁科に、より一層苛立つ。

「待っていますって、今ので完全に萎えたよ! で、何の用?」
「あっ、あっ、勇人、ごめん…。俺が突然行っても大丈夫だからって言い張ったからなんだ。その………、本当にごめん」
「ぅっ…」

悪気のない信人に平謝りされてしまうと、いくら憤っていようが許す他なくなる。
勇人にとっては、奥義を出されたようなものだ。
それに、事件後、改めて勇人のところに訪ねてくるつもりでいるとは聞いた。
いくら仁科が気に入らないからといっても、あまり厭味を言ってはいけないのかもしれない。

「もう良いよ…。散らかってるけど、上がって!」
「うん。ごめん…」

信人が、仁科を促して中に入ってくる。

勇人も手近にあった衣類を慌てて羽織ると、自分達の向かいに座るよう勧める。
すると、仁科は居住まいを正し、現金が入っているだろうと思われる厚みのある封筒を徐に手提げから取り出し、勇人の前に差し出す。

「こちらは私の社長からです。この度は片岡さんの件で大変な世話を掛けたと申しておりました」
「っ…、便宜代……」
「まぁ、そんなところでしょうか? お納め下さい」
「…っっぅ」
「そして、機会がございましたら、是非食事を取りつつ、直々に礼を言いたいとも申しております」
「っ……」

社交辞令のつもりだろうが、そんな機会は遠慮したい。

「そして、こちらは私達から。社長と比べたら、些細なものですが……」
「っ……」

信人らしい贈り物だ。それには誕生日プレゼントのお返しも兼ねているのだろう。
勇人の好物のお酒に瓶詰のおつまみ。ちょっとした服飾品。
奇を衒ったSM専用品などではなくて良かった。




利通も交えて、そんな機会があったら………、勇人には悪いけど面白いね! 笑

 / 前(R) / 初回 / 登場人物紹介 / 総合目次1,2 / ※専用P2



いつも温かく見守って下さり、ありがとうございます m(__)m
完結まで頑張っていきます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR