78.探偵GJ

「義弟さん、昨日の事ですが………、とても感謝しています」

昨晩の去り際と同じく、仁科の口から真摯な言葉が返ってきた。

「私も黒杭の事は把握しておりましたが、何と言いましても私は社長の下で仕える身ですから…。下手に動ければ、社長の組に多大な迷惑を掛ける事になります」

仁科が言う通り、黒杭達は睦友会の末端組織だ。
錦織組も手を出すには、建前上の理由が要る。

「それに、一般人である信人にはなるべく不用意に心配させたくありませんでしたから、何事も秘密裏に…。ですから、あのような明確な動きがあるまでは何も出来ず、私もとても歯痒い思いをしておりました」
「っ…」
「そんな中、信人が狙われて…。貴方とて、身代わりになって良いというワケではありませんが、もし貴方があそこで信人の代わりを買って出てくれませんでしたら……」

仁科としても、勇人を頼るのは苦肉の策だったのだろう。

「とても感謝しています。信人があのような目に遭わされていたとしたら、私の腸は業火で煮え滾り、とても冷静な状態ではいられなかったでしょう。人道を外れた過ちを犯していたかもしれません」
「っっ…」

ギラリと光る仁科の瞳に、ゾクリと戦慄した。
何があっても冷静そうに見える男だが、信人の一大事となれば常軌を逸していたかもしれない。

「ですから、貴方のおかげで事なきを得、得も言われぬ感謝をしています」

仁科はそう述べて、床に着くまで深々と頭を下げる。
あのプライドの高そうな仁科が…。

裏を返せば、そのプライドを投げ打っても良い程、信人を愛してくれているという事なのだろう。

似せぬ事をされて、こちらの方がむず痒くて仕方がない。
しかも、昨日に引き続いての礼は兎も角、いつしか話題は二人の関係の許しになり、居住まいを正した仁科に“娘を下さい”とばかりに頭を下げられると、どうしようもない気分になった。

いわば結婚報告。

――信人を、私に下さい!
――これからは誠心誠意信人に尽くし、あらゆる敵から私が守ります
――私達の仲を認めて下さい

信人も一緒になって頭を下げた。
これには参る。

(何だよ、二人して…。蛇男も蛇男、プライドの高い男が土下座までしてさ…。それだけ真剣っていう事かよ………)

そんな真似など滅多にした事がないだろう。
いや、誰だってそうだ。この仁科に限らず、土下座をする事なんて一生の内であるかないかだ。
信人の態度も、同じく真剣そのものだ。勇人にこの関係を認めてもらえるかどうかが、余程大きいのに違いない。

(俺に認めてもらいたいって……。信人も、それだけ俺の事を家族として大事な存在だと思ってくれてるって事だよな?)




 /  / 初回 / 登場人物紹介 / 総合目次1,2 / ※専用P2



いつも温かく見守って下さり、ありがとうございます m(__)m
完結まで頑張っていきます
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR