スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26.(9-2)鬼祓戦隊 節分(接吻)ジャー

「じゃ、赤鬼のことは任せたよ」

こっくりと頷き、小舟に乗り込む。同時に青鬼も近くの岩陰に身を潜めた。
だが、体の大きな青鬼。岩の端っこから青い皮膚が見え隠れしている。どこか滑稽で、憎めない鬼だ。
もちろん、純達を援護してくれんとする気持ちがとても有難く、助かる。

(ありがとう、青鬼)

気を引き締め、行き先をじっと見据える。やはりそこだけが濃い霧に包まれ、暗澹としている。
森木田の舵で、ゆっくりと小島に近づく。

(だけど、森木田は恋敵の元へ向かおうとする僕の事をどう思っているのだろうか?)

黙々とオールを握る森木田の表情からは、機微な感情の動きは読み取れない。
ここまで文句も言わず協力してくれているが、心中穏やかでないのは確かだろう。
無言のまま、森木田は休みなくオールを動かす。

だが、そうこうする内に純達は小島の付近までやってきた。
青鬼が言う通り、小島の周りには確かに決壊らしきものが張り巡らされている。
緊張しながらも空で呪文を唱え、決壊の一部に小舟が一艘入れる程の穴を開ける。
そこに森木田が舵を進め、徐に潜り抜ける。

どうやら上手くいったようだ。何も異変は感じない。
純達は入り組んだ岩岸の陰に船を付け、そこから険しい岩道を辿って島の奥へと足を踏み入れる。

やはり並行して歩く森木田の横顔からは複雑な心情は読み取れない。
けれども、自身に置き換え森木田の気持ちを推し測れば申し訳なく、声を掛けるのも躊躇われる。
気まずい空気を挟んだまま、共に岩道を進んでいく。

けれども、そんな時間も束の間。小さな島ゆえに、護符の貼られた洞穴の入り口に辿り着いた。

意を決して中に入れば、ヒンヤリと冷たく、上部からは長い歳月で育った氷柱状の鍾乳石が何本もぶら下がっている。それを迎えるように地面からも石筍がにょきりと付き出し、あたかも鬼の牙のようだ。
それが脇に備え付けられている焚火に照らされて、凡庸と浮かび上がっている。

だが、そんな悪路の行き止まりには四畳程の空間が広がっていた。
入り口に堅固な鉄格子が嵌められ、四方八方に鬼封じの護符が貼り付けられている。
恐らく半人の黒鬼は、人間同様に護符が扱えるのだろう。その特性一つを鑑みても、良いところ取りの強敵だ。

そして、その牢の中に四肢を鎖に繋がれた赤鬼が投獄されていた。

赤鬼は全く食料を与えられていないのか、以前の見る影もなく生きた屍のようだ。
赤い肌は乾燥して黒ずみ、半ばミイラと化していると言っても過言ではない。

一体、いつからここに繋がれているのか。

それこそ純がこの赤鬼と最後に会ったのはいつのことか。
赤鬼の夢を見ようと、実際に顔を見たのは随分と前だ。
黄鬼の出現に赤鬼が割り込んできたのが最後だったと思う。あれから優に二、三か月は過ぎている。

だが、その頃からなら、いくらなんでも青鬼や黄鬼がこの事に気付く。
だから、もっと後になっての事なのだろうが、長い間呑まず食わずの状態でここに繋がれているのは間違いない。

赤鬼は久方ぶりの足音に重い瞼を開ける。
目の前に現れた思いも依らぬ訪問者に驚き、至極嬉しそうな顔をした。

「巫女殿であったか…」

ここに来る者があったとしても、赤鬼を投獄した張本人・黒鬼くらいなのだろう。
意外そうではあるが、英気を得たと言わんばかりにギョロリと目を瞠り、その眼を輝かせる。
とはいえ、それ以上の余力は残っていないのだろう。手足はピクリとも動かない。




次(9-3) / 前(9-1) / 総合目次1,2 / ※専用P2



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


本館(当ブログ)目次↓
dreamtripbana.jpg
分館目次↓
dreamtripbana.jpg
twitter↓
@bakemogu53

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。