17.澤木兄弟

 怜二からの視線に居た堪れなくなって、思わずブラインドを引き提げる。
 だが、その表情が眼に焼き付いている。
 モヤモヤする気持ちを誤魔化したくて、窮屈なネクタイを解き引き、何も考えなくても良いように携帯の画面に目を落す。

 自分の世界に引き籠ってしまえば、こちらのものだ。そう思っていた。
 けれども、意識下から完全にシャッターアウトさせたつもりでいたのに、物理的な距離の近さがそれを阻む。
 肌を通して嫌でも怜二の存在感を感じさせられ、一向に集中する事が出来ない。

 大体からして、新幹線のツーシートというものは男同士では窮屈だ。
 それが平均よりも大きい体躯の怜二が隣となれば尚更だ。
 迂闊に股を緩めれば膝頭がぶつかりかねない。無駄に手足が長いというのも欠点だ。

 しかも、肘置きを間に挟んで、怜二の体温をホームで隣り合っている時以上に感じた。
 直接身体が触れ合わなくとも感じる距離。そんな近いところに、自分達は今いる。

(くそっ!)

 妙な懐かしさに劣等感、恐怖、罪悪感、あの時の何ともし難かった遣る瀬無い思い。
 諸々の思いがごちゃ混ぜになった。

 だから、切符の確認にやって来た車掌さんにも、怜二に声を掛けられてはじめて気付いたくらいだ。

(けれども、その声……)

 啓一を呼ぶ怜二の低い声なんて、久々に聞いた。
 その響きが、否が応にもあの時の熱を孕んだ怜二の呼び声を、封印した筈の記憶の底から思い起こさせる。

『なっ…、やめっ…、ろっ!』
『啓一…、啓一……』
『嫌だぁぁ……』
『愛してる、啓一っ、啓一っ………』
『やっ、やめろっ! …やめろっ』
『啓一……』

 声どころか、今も身体の奥に真っ二つに引き裂いた怜二の熱と感触が鮮明に残っている。そんな痛みを伴った快楽までもがありありと呼び起こされそうで、ギュッと眉根が寄った。

(くそっ! …………っ、消せない、消せない。………消えない)

 こんな風に忘れたくとも忘れられないからこそ、あの時の事をいつまで経っても僅かにも許せないでいるのだろう。
 それこそ、当時は実の弟に強姦されたという事実すらも受け入れらなかった。
 それが事実として認められるようになるのには随分と掛かったし、それが理解出来てからもしばらくは荒んだ生活が続いた。
 元々細い体だというのに、体重がごっそりと減ったものだ。

 もちろん、そのために本来は一番華やかだろう大学時代を、恋人を作る事無く過ごす羽目になった。
 いや、未だに恋愛に消極的だ。たとえ強引に言い寄られたとしても、なかなかその申し出を受け入れられないでいる。

(くそっ! そんな元凶の怜二と一緒だなんて……。一刻も早く家に帰りたい!)




 /  / 初回 / 登場人物紹介 / 総合目次1,2 / ※専用P2



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR