22.澤木兄弟

 もちろん、長期連休後の引越しで会社を休んだしわ寄せのために、多忙になっているのもあるだろう。
 そんな風だから、今日の帰りも遅いのかもしれない。
 怜二が隣に越してきた事で気を張り詰めていたが、拍子抜けだ。

 そうはいっても、予想に反し、今日に限って怜二の帰宅が早かったらどうするのか。
 そう思うと、帰りの足が重くなった。だから、滅多とない事に、自ら同期の筒井を呑みに誘っていた。

 筒井は開発企画部に所属していて、業務上でも割りと啓一に関わり合いがある。
 そんな事もあって、同期の中でも付き合いが深い。
 いや、付き合いが深くなったのには、仕事で関わりがあるというよりも、筒井自身が啓一と親しくなる事を望み、殊更構ってくるからかもしれない。

 もちろん、啓一の方はいつもの調子。筒井に対してもつれない態度ばかりを取っている。
 だが、敵も去る事ながら、啓一がいくらつれなくしても容易にはへこたれない。
 普通あれだけ露骨に邪険にされたら二度と誘わないものだが、筒井の感覚は他とは違うようだ。

 手を替え、日を替え、店を替えと…。全く懲りる事がない。よくもその闘志が尽きないものだと思う。
 啓一に弟に犯されたという後ろめたい過去がなければ、思わず流されてしまうかもしれないぐらいの押しの強さだ。

 けれども、筒井と付き合いを通してはじめて分かった事もある。
 人とそっけない関わり方しか出来ず、クールビューティだとまで称されてしまう啓一。そんな自分にはこういった押しの強い相手ぐらいでないと、恋愛にまで至らないのではないかと、殊更感じるようになった。

 そういう意味では、啓一の中では怜二も筒井と同列の人間になるのかもしれない。
 もちろん、怜二は筒井のような性格ではない。けれども、啓一に対してだけは懸命に関わろうとしてきた。

 だから、今までで最も啓一に関わった人間だ。

 そうでなければあの過ちも起きようがなかっただろうし、啓一の心を一番乱した相手にもならなかった筈だ。

 筒井は、啓一からのまさかの誘いにキョトンと目を瞠らせる。
 そんなに驚かなくても良いものなのに、全く失礼なヤツだ。

「澤木が? 一体、どうしたんだ? いつも俺の誘いを断るくせに、何かあったのか? といっても、理由なんて聞かない。詮索されたかないだろうし、理由があろうがなかろうが澤木の誘いならいつでも二つ返事だしな。…って、俺、正直誘われる事なんて絶対にないと思っていたから、滅茶苦茶嬉しい~~~」

 筒井が啓一に誘われる事はないと思っていたなら、啓一も筒井に断られる事は一切考えていなかった。
 週末なのだから、社交的な筒井に予定が既にあってもおかしくないというのに。




 /  / 初回 / 登場人物紹介 / 総合目次1~3 / ※専用P2



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


本館(当ブログ)目次↓
dreamtripbana.jpg
分館目次↓
dreamtripbana.jpg
twitter↓
@bakemogu53

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR