31.澤木兄弟

『《○○年○○月○○日》
 あれは良い夢だといって良いのだろうか? それとも、そんなものに縋るのは虚しいだけだろうか?
 昨晩、啓一の夢を見た。小さい頃の夢だ。

 俺達は近くの公園で一緒にボール遊びをしていて、「ズルをした」だの「していない」だのと兄弟喧嘩をしていた。
 あの頃は啓一に構ってもらおう、対等になりたいと必死だったから、ズルも結構した。

 だけど、当然のように年下だった自分まで啓一の友達の輪の中に入れてもらっていたのだから、今思えば相当恵まれていたんだと思う。
 お兄ちゃんにはお兄ちゃんだけの時間も欲しいよな?

 もうあの時の頃のような関係には逆立ちしたって戻れないけれど、良かったなあの頃は…。
 ああ、戻れない、戻れない。戻りたくとも戻れない。俺はあんな事をしたんだ、今更だ。

 だけど、俺だって啓一に手を出したら終わりだって事は、ずっと分かっていた。
 そう、分かっていた筈なのに、間違えてしまった。
 どうしようもないヤツだな、俺は…。

 もちろん、許してくれとは言えない。
 許せる次元の話ではないから。

 だけど、あの頃のような関係に戻りたいと思っているから、あんな夢を見るんだろうな。

 今でも啓一が好きだ。
 啓一の一番になれなくても良いから、弟でも良いから、戻りたい。

 啓一の体を知るのと引き換えにした代償は、とてつもなく大きいな。
 だけど、一番汚してはいけない啓一を己の欲望で傷付けたのだから、全てを失っても仕方ない』

 怜二は、啓一が思っていた以上に、この数年間を罪の意識に苛まれながら過ごしてきたようだ。
 しかも、未だに薄れる事のない想いに翻弄され続けている。

 日記を持つ手が震えた。
 怜二の激情に、啓一の心が揺さぶられているのかもしれない。
 それでも怜二の日記を読む事は止められなかった。

『《○○年8月7日》
 今年のお盆は、帰省の日程が啓一と重ならないという。お互い社会人だ。休暇が合わない事もあるだろう。仕方がない。
 だけど、やっぱり残念だな。
 たとえ言葉を交わさなくとも、姿を見れるのと見れないとでは大きく違う。
 啓一に会いたかったな。




 /  / 初回 / 登場人物紹介 / 総合目次1~3 / ※専用P2



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


本館(当ブログ)目次↓
dreamtripbana.jpg
分館目次↓
dreamtripbana.jpg
twitter↓
@bakemogu53

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR