33.澤木兄弟

「ああ、そう………。怜二は会社からの急な呼び出しで、今は家にいない。何だった? いつ戻るか分からないから、メモでも置いておこうか?」
『そう、そう。そうなの? 悪いけど、そうしてくれる?』

 思ってもない相手が出た事に啓一の母はとても驚いた様子だったが、声に嬉しさを滲ませた。
 そもそもの電話の用件は、こちらに送ったお米や野菜などが今日あたりに届くのだという事を伝えたかったらしい。
 啓一にも同様に生活の足しになるようなちょっとしたものを送ったようで、それを伝えようと昨晩から何度も電話を掛けているのに通じないと、これ見よがしに文句を言われてしまった。

 けれども、感謝の言葉と共に怜二の分も代わりに受け取っておくと伝えると、母さんはより一層嬉しそうな声になった。
 当然の事ながら、啓一達の不仲を誰よりも気に病んでいたのは母さんだろうし、元に戻ってくれればと願っていたに違いない。

 だが、先日の新幹線の件は怜二の日記にもあったが、母さんの思い付きではなく怜二にどうしても協力してくれと頼み込まれたからみたいだ。
 母さんも啓一の性格を知っているから、はじめは余計仲がこじれてしまうのではないかと躊躇したらしい。
 けれども、このままではいけないという思いもあったからこそ、一肌脱ぐ事にしたそうだ。

 それに、喧嘩の詳しい経緯は知らないまでも、関係の修復を諦めていた怜二がようやくその気になったのだ。母親として自分こそが後押ししてやらなければならないという思いもあったのに違いない。

 そして、その事を怜二が言ってきたのは、いつきの縁談が決まってしばらく経ってからの頃だったそうだ。
 怜二の事だからしばらくは悶々と悩み、なかなかその決心がつかなかったのだろうが、いつきの旦那の良仁さんの手前、兄弟の仲が悪いのは良くないと考え、修復に乗り出す気になったのではないかという話だ。

 確かにそうかもしれない。怜二は細やかなところまで気を遣うタイプだ。常日頃から、いろいろな事を考えている。
 そして、その後不動産屋にリクエストを出し、たまたま運よく啓一の部屋の隣に空きが出来きたようだ。

 母は啓一達の関係修復が上手くいった事が余程嬉しかったのか、そんな経緯をポロリと吐露し、電話を切っていった。

(いつきの事も考えればか……。俺よりずっと大人だな………)

 受話器を置いた途端、ため息が漏れた。
 大人になりきれていなかったのはどちらなのか。
 母の安堵した声が脳裏でリフレインする。

 もちろん、怜二の自分に対する想いを受け入れてやれるとは到底思わない。それでも、弟としての怜二をもっと受け入れてやっても良いのではないかと思う。
 その努力が、自分には必要だと感じた。

(そうだな。いつきも結婚したんだ。いつまでも今のままのような状態で良い筈がない)

 あれ程怜二を拒んでいた自分がこうも簡単に歩み寄ろうとしている事に、正直驚き戸惑っているが、一度決めたそれを覆そうとは思わなかった。
 この事を後々に振りかえれば、自分の中で何かが変わりはじめた瞬間だったのだと思う。

   * * *




 /  / 初回 / 登場人物紹介 / 総合目次1~3 / ※専用P2



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR