35.澤木兄弟

「それとこれ…………、俺からの差し入れ」

 コンビニで買っておいたビールと弁当を手渡す。

「自炊はどうも面倒で、俺はやらないからこんなものだけど、腹の足しにはなるだろう?」
「っっ…」
「昨日は迷惑を掛けた。お前も疲れているだろうから、これを食べたら早く休めよ」
「け、啓一……」
「じゃぁな」
「あっ、ああ…、じゃぁ…………」

 今まで口も聞こうとしなかった啓一から、よもやこんな心遣いまでされるとは思っていなかったに違いない。怜二はポカンと口を開いたままだ。狼狽える様子が可笑しい。
 そんな怜二の正直な反応に苦笑しながらも踵を返し、部屋を出ていく。
 すると、ドアが閉まる頃になって、ようやく背後から「ありがとう」と返ってきた。

 思わず振り返ると、細いドアの隙間から怜二の顏が垣間見える。今までに見たことないような穏やかで幸せそうな笑みを浮かべていた。
 不覚にも、胸がドキンと高鳴った。

「…ぅっ」

 そんな自分に戸惑う。
 けれども、お互いの歩み寄りで冷え切った関係が変わりはじめた事に、悪い気はしなかった。

(俺達はもう一度よき兄弟関係に戻るのか……)

 だが、この先も怜二が啓一の事を「兄さん」と呼ぶ日はこないだろう。
 怜二の中で啓一は永遠の想い人だ。最期の最期まで“兄”とは思えないに違いない。

 もちろん、そんな感情を理解出来なかった今までは、怜二が「啓一」と呼び捨てにするのが気に入らなかった。
 けれども、怜二の手記を読んだ今となっては、そんな些細な主張をしたいと願う、怜二の切な心も察する事が出来る。

 怜二の想いを公然と認め、期待を持たせるわけではないが、それぐらいは大目に見てもあげても良いのではないかと思いはじめた。

(“兄さん”ではなく“啓一”か……)

   * * *




私がつくるお話はどちらかといえば劇的なものが多いのですが、『澤木兄弟』は日常生活の中でのBLだからか、歩みもまったりとしていますね。
たまにはこういうのも良いでしょうかね? ww


 /  / 初回 / 登場人物紹介 / 総合目次1~3 / ※専用P2



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


本館(当ブログ)目次↓
dreamtripbana.jpg
分館目次↓
dreamtripbana.jpg
twitter↓
@bakemogu53

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR