39.澤木兄弟

「兎に角、ちょっとした騒ぎになってたな」
「騒ぎね……」
「でなきゃ、そういう事に疎い俺が気付く筈がないだろ? でも、お前と仕事でも繋がりがあるというのは面白いもんだな」
「ああ…」

 ようやく怜二がにんまりと頬を緩める。

「啓一のところとも取引があるのは知っていたけど、今までは一課が担当していたから、こんな風に直接関わる機会はないと思ってた」

 どこの会社でもそうだろうが、怜二の会社でも営業部の中でいくつか課があり、物品の種類や地域などによって担当が分けられている。
 怜二はそこで二課に所属しているようだ。

「へぇ~。じゃ、引継ぎか?」
「そう。今度一課で大きなプロジャクトをやる事になって、一部の仕事がこちらに回ってきたんだ。啓一の会社を担当していた山根さんも、そのプロジェクトの一員に抜擢されたから余計…。それで今日、その山根さんとうちの課長、俺とで、挨拶に伺ったんだ」
「なるほど」

 “うちの課長”というのは、怜二の日記にも出てきた森という、若いヤリ手の課長の事だろうか。
 前任者の山根という人物も大きなプロジェクトに参加するというのだから、イケメンというだけでなく強者揃いの訪問だったようだ。

「実はな、女子だけでなくお前達に会ったうちの担当も、俺のところにわざわざやってきて、いろいろ言い捨てていったぞ」
「あっ、何て?」

 女子には無関心でも、仕事となると別らしい。心配そうな顏で、怜二が身を乗り出してきた。

「別に大した事は…。揃いも揃って“大男”だって言っていたくらいだ」
「はっ、大男…………?」

 印象の良し悪しでなく、まさか身長の事について言われるとは思ってもいなかったのだろう。疑わしそうな表情だ。
 実のところは単に長身だと言っていたわけではなく、長身だからこそ威圧感というか、妙な押しの強さがあると言っていたのだ。
 誰でも長身の者に見下ろされると、そういうつもりでなくとも威圧されているように感じる。まさにそんなところだろう。

 そうでなくとも前任者の山根は、エネルギッシュで大変だったようだ。
 それにタイプは違えど若手タヌキ課長に、澤木家気質の怜二。このコンビも手強そうだと、啓一の社の窓口担当が鬱々とぼやいていった。
 現に、そのためにここぞという時に押し負けて、契約数を増やされたとか何とか…。
 常時は気さくで好印象な分、余計手に負えないようだ。




 /  / 初回 / 登場人物紹介 / 総合目次1~3 / ※専用P2



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR