スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

48.澤木兄弟

(だけど、碌な事がないなんて…)

 長瀬はあの山根という同僚と居て、痛い目に遭った経験でもあるのだろうか。
 先日痛い目に遭いかけた啓一だからこそ、男同士でも十分有り得る話だと思う。

(やっぱり筒井と一緒にいて碌な事はないな。早く帰ろう)

 それに長瀬達が去っていくと、急に心細くなった。
 まだ会ったのは二度だけだが、啓一の核心に触れてくる長瀬に人生の良き先輩として親しみを感じ、今はそんな彼に里心に似た感情を抱いているのかもしれない。

(自分の事だ。しっかりしないと)

 そう、我が身を守るのは自分次第。
 定員は話しが終わるまで静かに待機していたが、一段落するとまた啓一達を連れ立って席へと案内しはじめた。
 そして席に落ち着いたところで、啓一達は手始めのビールをオーダーし、メニューを開く。

 焼き鳥を中心に鳥料理の単品もあったが、接待用に良さそうなコース料理もある。確かに会食の場として使いやすそうな店だ。
 けれども、今日は長居をするつもりはない。お酒のちょっとしたアテに数点。ネギマにつくね、鳥皮、ササミの刺身などを注文した。

 けれども、軽く一杯ひっかけるだけのつもりだったのに、上手い筒井の勧めに乗せられてついつい杯を重ねてしまう。
 このままではこの前の二の舞だ。
 しかも、家で自分の帰りを待っているだろう怜二の事が気になって仕方がない。なんとか終わりを切り出して、家へと帰りたいところだ。

(だけど、怜二と一緒の方が良いだなんて……)

 それが今の啓一の本心なのだが、そんな風に思えるほどすっかり変わった自分に驚く。

(これじゃ、俺の方こそブラコンだな)

 そんな風に帰りたくて仕方がないというのに、筒井が手強い。少しでも帰りを引き延ばさせようと、あの手この手で啓一の足を止める。
 営業で培った口上も、啓一を上手く丸め込むのに役立っているのかもしれない。帰りを切り出したところで、なかなか帰れない。
 そんな調子で時間だけが刻々と経っていくばかり。終いには酔いがまわってきた。

 内心ではひどく焦っている。腕時計に視線を落とせば、既に十時近くになっていた。
 さすがにそろそろ帰らないとマズい。
 鞄を手元に引寄せた瞬間、思いもよらない声が頭上から降ってきた。




 /  / 初回 / 登場人物紹介 / 総合目次1~3 / ※専用P2



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。