51.澤木兄弟

 あんなに許せないと思っていた事を、高々怜二の日記を読んだくらいで許せた。
 よくよく考えてみれば、単に許すキッカケが欲しかっただけなのかもしれない。

(大体からして無理強いされたアレだって……)

 生理的嫌悪感はなかった。
 ただ恐怖と哀しみ、チンケな兄としてのプライドが傷ついただけだ。
 あの時、心さえ通い合っていたら、感じるものも別だったに違いない。

(もう良いじゃないか、素直に自分の気持ちを認めても……)

 それこそ長瀬の受け売りではないが、怜二になら諸々の不都合に目を瞑って応じてやっても良いと思う。
 その上長瀬は「相方といる時が一番居心地が良い」とも言っていたが、啓一も最も自分が落ち着ける場所は怜二の隣だと断言出来た。

(だったら、そこが俺の居場所ってわけか……)

 もちろん、怜二との関係が変わろうと、兄弟としての絆は変わらない。
 怜二に抱かれようと、自分は永遠に怜二の兄であり続ける。

(仕方がないな、お互いに惚れているのだから……)

 ようやく一歩踏み出す決心が付いた。
 啓一は傘を持つ怜二の手を強く引くと、駅に向かって一直線に駆けだした。

(ああ、これで良い)

 雨足は強かったが、甘い心のままにふわふわと浮足立っている。
 今までも沢山お酒を呑んで足元が覚束なくなるぐらい酔っ払った事はある。けれども、これほどまでに良い気持ちになったのははじめてだ。

(これが恋愛か……)

「ちょっ…、けっ、啓一!!」
「行くぞ、怜二」
「でも、ちょっ…。っぅ…………。し、仕方がないな……」

 文句を言いながらも、怜二は先程の怒りの形相とは打って変わり、ホッとしたような嬉しいような良い表情をしている。

 ――ああ、これで良い。俺達は、これで良いんだ。

   * * *




 /  / 初回 / 登場人物紹介 / 総合目次1~3 / ※専用P2



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


本館(当ブログ)目次↓
dreamtripbana.jpg
分館目次↓
dreamtripbana.jpg
twitter↓
@bakemogu53

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR