『澤木兄弟』番外b-6

「随分良くなったし、その…。お前に感謝している」
「うん」
「それに、今は何も食べたくない。まだ食欲が湧かないんだ」
「そうか、それなら食べたくなった時にでも」
「ああ、ありがとう。それより……」
「………それより?」

 そう切りだすと、怜二は真剣な表情になった。

「ああ」
「何? 啓一?」
「その…、なんだ。お前、俺の事で変な心配をしているんじゃないかと思って………」
「変な心配? いや、俺はいつでも啓一の事は心配だし、その…。常日頃から何も悪い事がなければ良いなとは思ってるけど」
「そういう事じゃなくて、その…、なんだ。俺が風邪で倒れる前の事だけど…」
「ああ」
「お前、俺の会社に来た時、いつものようにフロアに寄ってくれただろ?」
「ああ」
「それで、その時、筒井が俺に絡んでいたから、それを見て、お前、変な顔をしてた。だから……」
「……っ」
「別にあいつの事なら心配はいらない。変なチョッカイは出されていないし、仮にそうされたところでちゃんと俺はお前が好きで、お前から愛されているのも分かっている。だから…」
「うん」
「だけど、そうだな………。時々、欲求不満っていうのかな?」
「………えっ? 欲求不満?」
「そう、そういうのには悩まされる事がある。大体、お前は俺を抱きたいと思っていても、自分から行動を起こして抱こうとはしないだろ? そんな風だから、いつも仕掛けるのは俺になる。よく変な我慢なんかせずに求めてくれたら良いのにと思う」
「っぅ…、啓一……」

 熱のせいか、思ったよりも素直に感じていた不満を口にする事が出来た。

「確かに俺の方が年上で、お前の兄で、好きになったのもお前が先だ。だから、俺に遠慮があるのかなと思う。だけど、恋愛の上では対等だろ? どちらかが優位でっていうのも、求めて良いのは俺だけっていうのも、おかしい気がする」
「っ、啓一……」
「お前は『待て』と言われて餌を待つ犬か? 違うだろ。確かにお前は頼りになるし、番犬ぽいところがある。というか……、筒井も言っていただろ? ナイトのようだって。それだけ頼もしい存在で、俺も甘え過ぎている。だけど、だからといって『待て』はないだろ? 俺はそんな事でお前を嫌わないし、素直に求めてくれる事を望んでいる」
「うん、だけど、啓一……」
「だけど? 遠慮するのか? 俺もつい兄貴きどりになって、普段イニシアティブを握りがちだから悪いのだけど……。それでも、まぁ…。こういう事に限らず、遠慮されるのは好ましくない。だから、ここのところその事でずっと悩んでいた」
「っ!!」




次(ややR) /  / 初回 / 登場人物紹介 / 総合目次1~3 / ※専用P2



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR