『澤木兄弟』番外c-1(怜二視点)

※ 怜二視点です。




 いつきが結婚して早一年半。幸いな事に直ぐに子供が授かり、翌春には第一子・男の子を出産。順風満帆な人生を歩んでいる。
 その子・快も、この正月には九カ月になる。生まれて一年は成長が著しいから、正月休みで帰省した折には夏の頃よりも随分と変わっているのだろうと思う。楽しみだ。

 それなのに、眠ってばかりいた子も、すっかり人見知りするようになっていた。
 兎に角、俺は嫌われているようで、姿を見ただけでも母親のいつきにぎゅっとしがみ付かれてしまう。無理に抱き上げようものなら、大声で泣かれてしまう始末だ。

 とはいえ、それは成長の過程としてはよくある話だ。
 こちらが母親の負担を少しでも減らしてあげようと、子供の世話を買って出ても、母親しか受け付けない子もいる。
 いつきの子はそこまでの人見知りではなかったが、どうも男は苦手でオヤジも俺も全く受け付けないようだった。

 けれども、何故か啓一だけは良いらしい。ご機嫌で抱っこされている。
 そんな我が子の反応にいつきも驚き、旦那の良仁さん以外でははじめてだと言って騒いでいた。

 ――そう、啓一は特別。

 俺にはその感覚が分かる。
 理屈では語れない感覚で、昔から「啓一が良い」「啓一だけは良い」と思い続けてきた。だからこそ、この子が本能的に啓一を慕うわけが分かる。
 だが、そうとなると、その感覚を共有するこの子は、まだ「あー、あー」としか話せないぐらい小さいものの、俺の手強いライバルだ。

 しかも、当の啓一も「俺には男としての要素が足りないのか?」とぼやいてはいるが、本当のところは自分だけ懐いてもらえたのがとても嬉いようだ。
 苦手な筈の子供の世話を快く引き受け、可愛がる。

 もちろん、快は血の繋がった甥っ子だ。それだけで愛情が持てる。
 しかも、どうやら啓一は俺とこういう関係になって、もはや結婚や子供を持つ事を考えていないようで、いわばこの甥っ子が我が子同然。殊の外可愛く感じるみたいだ。

 とはいえ、そこに恋愛めいたものは一切含まれていない。
 俺に対する愛情と、この子への愛情はまるっきし別物。
 俺もそんな事は重々と心得ている。

 だから、妬くだけ損だとは思うのだが、何だか啓一を取られたような気分になる。
 それで必要以上に甥っ子に構うのだが、快との仲は全くの平行線だ。
 我ながら大人気ないし、些か狭量だと思う。




 / 前(b-9) / 初回 / 登場人物紹介 / 総合目次1~3 / ※専用P2



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR