スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23.玩具の誘惑~トラウマ~(R)

Rですので、折り畳みます。
「続きを読む」をクリックにて、ご覧下さい。

「感じてますか? それで?」
「んっ、はぁっっ・・。んんっ、こっ・・、こう・・するぅんっ、っっあぁ・・。」

佳知はローターを先端部分へとずり上げていくと、くびれの周りを1周、2周させ、今度は先端の割れ目の間に差し込み当てる。
そこはより敏感な部分ゆえに、その裂け目から一際の振動が伝わり、全身へと甘い痺れが駆け巡っていく。
そして、どろりと溢れ出した密が、よりローターの動きをスムーズにし、その振動を心地良く伝える。

「あああっん・・。」
二村は食い入るようにその恥ずかしい一点を見つめる。
分かっていてもその羞恥に、既に熱に浮かされ火照っていた躰が、更に熱を帯びて体温が上昇していくように思える。
あれほどバレる事を懸念していたというのに、今は二村に見られる事に快感を感じずにはいられない。

「大貫さん、Hですね! でも、これで終わりですか?」
だから佳知は、そんな意地悪い二村の問いにも、もはや辛酸に思うどころか、より官能を掻き立てられては、より鋭敏に感度が増しさせていく一方だ。

「んんっ・・、ちが・・ぅんっ。・・・もっとぉ、んんっ。後ろ・・・へぇ、・・はっぁ。」
「後ろ?」
「んっ、そう・・・。はっ、んんっ・・・・・、そしてぇ、っっ。」
「そして?」

二村に誘導されるがままにローターを後ろに宛がうと、孔の周りを解すように、中心に沿って円を描くように押し当てる。
「気持ち良いですか?」
「ああぁっ・・、ぁあっ。」
“うん”と肯定する言葉が、喘ぎにとってかわる。

「どんな具合ですか?」
二村は自分の指をしっとり唾液で湿らせると、ローターともども押し込むように、指を佳知の窄まりの中へと潜り込ませる。
昨日もこのローターに馴染んだそこは、少し早いタイミングかに思えたものの、二村の指と共に奥まであっさりと呑込んでいく。
「ああっ、あっ、・・んっ、あああっっ!!」

そして、ローターの振動と、二村の指の動き。

その二つの異なる刺激的な追い立てが、佳知の中の理性を完全に剥ぎ取っていく。
佳知は二村の視線があるのにも構わず、快楽の赴くまま、その律動に合わせて腰を激しく振っては乱れる。
「ああっ、ああっ・・、んあっ、あはぁんっっ!!」

二村は佳知に負けず劣らず上気し、興奮しきった面持ちで、うっとりと佳知の姿に見惚れながら、ため息交じりに呟く。
「本当に・・、堪らないですね。・・・大貫さんには、・・参ります。」
「んんっ、んっ。でも・・。」

今一つ欲しているものが足らない。

二村もそれを分かっているはずなのに、容赦なく後ろを弄っては、焦らしてくる。
それどころか、「こっちがおろそかになってますよ」と、もう片方の手で佳知自身を掴むと、上下に扱き始める。
「んっ。ああっ・・・、んあっ。」

佳知がその手の動きにより一層快楽に翻弄されそうになったのを見受けて、更に佳知自身を口に含み、より深い刺激を前後同時に与える。
「いやっ・・んっ、はぁっ。」

佳知は垂れさがった双眸、そしてより魅力的な泣きホクロを、快楽の涙で薄ら湿らせながら、二村の顔を見下ろす。
「にっ、二村ぁんっ・・。」
「何ですか? 言って下さい。」
二村は視線だけ上げ、更に目でその言葉の続きを優しく促してくる。

「んんっ・・、うんっ・・。いじ・・悪っん・・。」
「意地悪ですよ。でも、何か言ってくれないと、あげれません。」
「・・・・。」
「それに、俺・・・。嫉妬深いですから、その玩具に嫉妬したんです! ですから、言ってくれないと・・・。」

嫉妬・・・。
そんな風に言われたら、敵わない。どんな恥ずかしい事だって、口にしてしまうかもしれない。

「これぇ、じゃっ・・。足らないっ、っっん。お前っ、がぁっ・・、欲しいっっ・・。」

「俺の事、愛してくれてますか?」
「愛・・してるぅん・・。」
二村は満足そうに微笑むと、ロータともども指を引き抜く。

「大貫さん・・。実は、俺も限界です。」

そして、かわりに自分を宛がうと、一気に最奥まで貫く。
「あああんっ・・。」
深く、深く、より深く。出来る限りの深さで、体を結びつけ合う。
そして、いつしか呼び名も、恋人達の呼び方へと変化する。

「佳知・・。愛してる。」
「貴弘・・。俺もんっ・・、愛してるん。」
「佳知・・。」
「愛してるっん、愛してるんっっ・・! 貴弘、早くぅ、ちょう・・だいっ・・。」

掠れた甘い強請り声に堪らなく、二村はゆっくりと規則正しく腰を送り込み始める。
それはお互いの息遣いや喘ぎ、スクリームさせる名前に比例して、次第に深く激しく一塊へとなっていく。
そして、後には佳知の内に、幸せの“愛の証”もたっぷりたっぷりと注ぎ込まれるのだった。

   * * *




 最終話 / 前(R) / 初回 / 総合目次

拍手がわりに、こちら↓ よろしければポチリとお願いします。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


本館(当ブログ)目次↓
dreamtripbana.jpg
分館目次↓
dreamtripbana.jpg
twitter↓
@bakemogu53

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。