8.ニアピンな腐れ縁(R)

BLのR18となっています。
ご理解頂ける方で、年齢を満たされている方は、「続きを読む」をクリックにてご覧ください。


下は先走りでぬるぬると濡れ、硬くのっぴきならない状態となっている上に、手には自由があるというのに、上は上でこの甘い諫めから逃れられない。
ぶん殴るくらいしても良いくらいの事をされているというのに、情けない事だ。

そして、悠誠は快楽に翻弄されかけている結弦に、“そのまま流されてしまえ”とでも言わんばかりに、更に深く唇を重ね合わせると、口腔内をも犯し始める。
時折、口の重なり部分の僅かな隙間から洩れ出た、アルコール独特の香りがプンと鼻孔を掠める。けれども、厭な臭いの筈のそれも、何故かこういう場面だと、至極官能を煽られ、相乗効果をもたらせる。

そして、それを見越した悠誠は、より舌を絡め合わせ、結弦の積極的を誘う。
激しい口淫に湧き上がってくる唾液を、悠誠はちゅっと吸い上げると、また深く深く舌をしっとりと密着させ、絡め合わせる。

激しい事、この上ない!

息つく暇なんて、あったもんじゃない。
それに、この激しさ! 快楽! 豊富とは言えないものの、今まで経験した女性とのSEXとは比べ物にならない。

結弦の性格や付き合ったタイプに依るところも大きいのかもしれないが、女性とのソレは大部分が施し中心だ。
だから、女性とのソノ経験とは異なり、悠誠とのコレはどこまでも深い快楽を与えられる。そして、そんな快楽に囚われては、それに忠実となり、更なるそれを追い求めて、限りなく翻弄されていく。

一見、ストイックで淡泊そうに見える結弦だが、一度情動に火が点ると凄い!
我を失ったように、悠誠から与えられる施し一つ一つに乱れた反応を返し、当の悠誠をも煽っていく。ゆえに、余程結弦は快楽に弱い性質と言えるのかもしれない。
そして、そんなのだから、体の力なんてもうどれだけも残っていない。それがすっかり抜け去ってしまった躰は、これが通常では考えられない事だろうが、結弦にとって一応不本意な事だろうと、抵抗する気なんてもはや全く起きなくなってしまっている。

そして、躰もそうだが結弦の意思の方も、その躰と大して変わり映えしないくらい、蕩けさせられては薄弱となっている。
しかも、悠誠とのコレは、1度ならず2度起きてしまった事! “間違い”とはいえ、初めてでない分、諦めも随分と早い。
どこかで“また酒の性にして、しらばくれれば良い”などと、楽観した考えとなっていくのも、今回はあっと言う間の事だった。

悠誠の言う通り、結弦は“流されて”いく事にしたのだ。

そして、開き直ってしまえば、箍が外れるのも早い。
悠誠の愛撫に身を任せては、残っていた理性も何もかも飛ばしてしまう。
いつの間にかすっかり下着ごと取り除かれた両足を、あられもなく左右に大きく開き、悠誠の目にその姿を晒させている。中心には、先端からたっぷりと甘い蜜を垂らさせた結弦の雄が、腹にくっつかんばかりに反りくり返り、その感じ入り度合いを示している。

悠誠は又に顔を埋めると、それを口の奥深くまで何の躊躇もなくすっぽりと銜え込む。
「んふぅっ・・、ん・・」
生々しいざらりとした舌触りに、途端に感じ入った声が上がる。そして、一気に血が沸騰したソコは、脈々と血管を浮き上がらせ、より硬くしならせる。

「あっ、あっ・・」
いくら酒が入っているからといっても同性なのだから、その悠誠に少しくらい躊躇あっても良さそうなものだが、ヤツはそんなものなど微塵も持ち合わせていないようだ。
どちらかと言えば、ボランティア精神旺盛! 自らの持てる力を余すところなく、付け根から先、裏、そして袋やその奥に至るまで、感じると思われる部分全てを、じっくりと十分な程口と舌先で馴らしては結弦につくす。

だから、追い立てられたかと思うと、別の場所を弄られるので、結弦の快楽の幅も広く長い。
そして、悠誠はこういう事に意外と丁寧なタイプなのか、それを自然体でやってのける。だから、男性とは異なり快楽が長く前戯にも重きを置く女性にはこちらでも恐らく受けが良いに違いない。そして、そういった部分も、悠誠がモテル秘訣となっているのだろうと思う。

「んんっ・・、桐山ぁっ・・・・。んっ!」
「イきそうか? でも、こんなに猛ってパンパンになってるんなら、もう今更“やめる”なんて言わないだろ?」
「んなっ・・、ああっ!! もうっ!」

悠誠は先ほどから、結弦の両手を軽く握っては、自分で決定打を決めないよう、その動きを諌めている。
結弦としては当然、直接的な刺激をもらうなりして、ジレンマに苛まれるソコをどうにかして欲しい一心で一杯だ。

「結弦? イきたい?」
けれども、結弦とて男だからこそ、それなりに頑としたプライドを持ち合わせている。
そうだから、ここにきても意地悪く聞いてくる悠誠に、“そうだ”とはなかなか言い辛い。ただ、困ったなとばかりに眉根を寄せ、悠誠の顔を眺めるだけだ。

「ならさ、イったら、ちゃんと後ろを使わせてくれる? たっぷり指で解すから、なっ! 良いだろ?」
ここで“うん”と言わなければ、いつまで経っても自分はイけない。
焦らされれば受け取る快楽も大きいとはいくが、これだけ焦らされたら、それももう辛いばかりだ。

結弦としては、もう限界だった。

「そんな・・・、意地の悪いんっ・・・・。お前の・・、勝手にしろっ、んっ!」
一応俺は最後の最後で合意の確認をしたぞと言わんばかりに、「結弦、逃げんなよ!」と釘を刺し、竿を一絞りさせる。
すると、その与えられた際立った刺激に、結弦はあっけなく精を爆ぜさせる。




次(R) / 前(R) / 初回 / 総合目次

いつも訪問有難うございます。
よろしかったら応援お願いします。
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR