12.生徒会長は俺のモノ!(R)(絵あり)

こちら、BLのR18となっています。
ご理解頂ける方で、年齢を満たされている方は、「続きを読む」をクリックにてご覧ください。


漣の容赦ない責めに、寿はどんどんと追い詰められていく。
「んんっ、ちょっとっ・・・、勝山っ・・。はぁっ。うんだからぁぁぁっ、待ったっ・・」
「待つ? 待たない」
「やっ・・。おかしい・・。だからぁんっ、やっ・・」

潤んだ双眸をして漣に “お願い”するも、漣も困ったようなしかめっ面で寿のその目を覗き込んでくる。
「そんな事言ったって、あんた・・・。それは焚き付けるだけだって。・・ったく、ほらっ!!」
すっかり音沙汰なく放置されていた漣自身に、寿の手を導いていくと、その手に軽く握らせる。
凶暴な程までに大きくしなっているソレは、言わずともその差し迫った漣の状況を物語っており、瞬時にして急激に頭が冷え、クリアーとなっていく。

もしかしなくとも、指じゃなくコレを俺に入れようというのか?

だが、その次の瞬間にはまた中の敏感な“アノ部分“を悪戯に抉り上げられ、悶絶すると共に軽く意識が飛びかける。
「ああっ、あはぁんっ・・」
そして、再び襲ってきたその快楽に呑み込まれ、漣の指がもたらすままにその動きに合わせ腰をゆさゆさ振っては乱れる。

だから、それを良い事にまた、漣が暴挙を振るう!

指を引き抜くと、寿に厭という隙を与えず、下にあった自分の身を翻すと、覆い重なるようにして、一気に後ろから最奥まで貫く。
突然寿を襲ったあまりにもの苦しさに、咽る事も出来ず、目を白黒させる。
遠慮も配慮もないような漣のこの所作だが、自分のココを遣われるのが初体験の寿にとってはこの方が有難い事だったかもしれない。変に気遣われていたら、途中で変に意識し過ぎて最後まで呑込む事もままならず、二人して右往左往も良いところだったに違いない。

それに、そんな事になれば、困るのは漣の方だ!
“無理だ”、”これ以上やめろ”、“抜け”などと言われれば、それに従わざるを得ない。しかも、二度とさせてもらえなくなるのも目に見えている。

初体験の感想の良し悪しは肝心だ!

だから、当初からの漣の目的“寿とまずは躰からのお付き合い”を始めるためには、ここは手堅く自分の身をしっかり奥へと刺し入れておかなければならなかった。
そして、それさえしておけば、後は簡単! 落ち着いたところで、寿をガッツリ良くしてあげれば、それで有耶無耶となる事間違いなし! ひいては、身が落ちれば、心も落ちる日も近いハズ! なのだった。

けれども、本当のところ無理した漣自身も苦しい。きゅっと締まったソコは痛く、キツ過ぎる程の圧迫感だ。
とはいえ、やはりその自分以上に苦しい思いをしているのは寿だ。だから、その髪をそっと梳き上げる事で、少しでも自分を受け入れたその苦しみを宥めてやろうとする。

そんな思いやりのある漣の行動が功を奏す。
その脂汗で貼り付いた前髪に指を刺し入れられる事で、その髪が浮いて額に新鮮な空気が触れていく。そうする事で、躰に籠った火照りが冷まされていくのと同時に、不思議とその衝撃の残存が和らぎ落ち着いていく。
一度目の前が暗くなりかけた寿だったが、これでようやくの事息を吹き返す事が出来るのだった。
そして、恐ろしい程に締め付けていた孔もゆっくりとその緊張を解いて、漣自身にしいていたあの強い諫めも緩く、程良いものにするのだった。

「すまん・・・。あんたがあまりにもそそるから・・・」
先程は何の断りもなく、このような暴挙に出た漣であったが、どうした事か? 今頃になって殊勝にも謝りの言葉を漏らしてくる。
案外、自分を食いちぎらんかとする寿の苦しい諫めに、漣自身我に返ったというだけの事かもしれない。

「なっ! 悪いと思うならっ!!! ・・・・はっ、はじめからするなっ!!」
「でも、このまま・・・。やって良いか?」
「過ぎた事は仕方がない。それにここまでくれば、抜かれたって、このままやられたって、その二つにさほど変わりはない。だから・・・、勝手にしろっ!!」

内心では漣をやんややんやと咎め立てしたくとも、こうなってしまってはその事は一先ず片隅に置いておく他ない。
それに、身も蓋もないような言い方だが、“入れて”しまったのなら、やってしまった方がお互い“良い”という事だ。だから、“勝手にしろ!”とは漣に許可を上げたようなものだ。

漣はほっとしたほうに頬の筋肉を緩ますと、次の瞬間にはその体格・性格に見合った腰遣いで、怒涛のように腰を送り込んでくる。
ひぇーーーーーっっ!!!
そして、中を大きく強くスライドさせては、アソコを穿ち上げてくるので、漣にしっかりと捕まっていなければ、振り飛ばされそうになる。

これは真逆なロディオか何かか?

いやいや、そんな事を考えている余裕など、今の寿にはさっぱりない。
その実、激しくともしっかりと湧き上がる快楽に翻弄されては、頭の中をその刺激だけで一杯にさせていた。だから、他には何も入ってくる余地など、僅かばかりもないのだった。
「ああっ、ああっ・・、んあっ・・」

漣の額から、寿の鼻筋から滴り落ちた汗が乾いたコンクリートの床にシミを作っていく。
しかも、当初の予定では”口での奉仕”のみだった事もあって、脱ぐ事さえしなかった学ランは、汗で肌にべっとりと貼り付いている。けれども、等も漣もそれが気色が悪いとさえ思う余裕すら、今はない。
荒い息と喘ぎ、そして二人が繋がり擦れるグチュグチュとした音。
それが吹くそよ風にそよそよと攫われながらも、放課後のこの学び舎の屋上で、華やかに上がり奏でられては、どうにもこうにも賑やかしいものにしていく。

そして、こうして難攻不落化と思われた等も、この思いも依らぬ漣の暴挙で、”口だけ”のステップアップに留まらず、あっさりバック・バージンを失う事になってしまうのであった。

げげげげげっっ・・。

   * * *




この最後の一行は誰の感想じゃ? 寿かい? ナレーターかい?
そして、↓↓↓

連絡事項;
この回には色惚くらげの絵がついています。よろしかったらご覧下さい。
ですが、もちろんこちらもR指定となっておりますので、年齢を満たしている方のみの閲覧にして下さい。お願いします。
ご覧下さる方は → ★(別扉で開きます)

  / 前(R) / 初回 / 総合目次

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

美月さん Re: こんばんは

こんにちは! お体の方はあれからどうでしょうか?

この二人、行くところまで行きついちゃいましたよ! 笑

> 身体からの関係から始まる恋を目論む漣さん。
うちはこのシュチュエーションが多いのですけど、やはりこの人達も!ですっっ。笑
これから主人公には2回ほど、作者の方で罠をかけさせてもらいますよ!笑
美味しくまとまれ~~っっ!! ちちんぷいぷいっ!

こんばんは

こんばんは。

まったく、寿さん……。
快楽に負けたね、どんどんとイクとこまで、
いってしまいましたね。

身体からの関係から始まる恋を目論む漣さん。
そうとう、テクニックないと、まずいんじゃ、と思いつつ、
寿さんを見事に抱いてしまうってことは、テクニシャン?

これから、心がどう出るか、楽しみです。
身体から始まる恋ってシュチ、好きかも

ういちろさん

> 真逆なロディオには笑いました~~~
これは外せないなと思った私です!! 笑

私もメッセで折り返します!

No title

真逆なロディオには笑いました~~~


コメントのお返事は長くなりますので
メッセージ入れさせていただきます~

今日は職場の仕事がちゃんとあるので(^_^;
家に帰ってからになるかもしれませんが
ヨロシクです~
プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR