15.生徒会長は俺もモノ!

漣の暴挙が功を奏し、二人は一挙大昇格! 深い深い関係となったと思いきや!! どうした事かあれ以来また逆戻りの関係へと戻ってしまっている。

要は、“手”だけのご奉仕仲間といったところである。

もちろんこれには寿が頑としてそれ以上の事を拒むというのもあるが、それ以上にあの後の寿の態度に漣は堪えていた。
だから、普通なら“格下げ”となるものなら黙ってなどいないだろう漣も、さすがに騙したり、無理強いしたりする気が起きないのだ。

何と言っても、寿に嫌われたくはない。

それに1回とはいえ最後までいったからには、尚更の事! 寿への思いがより強まってしまった。
だから、進めないとはいえ、このまま諦めるわけにはいかないのだった。
本当に・・・。まずは体のお付き合いからといいつつ、その実虜になったのはどちらの事か・・・。

だから、暴挙の次は、まさしく“受難”!

一方的に惚れ込んでてしまっている身としては、何とも切実な話なのだった。
とはいえ、漣にとっては甚だ残念な状況はいえ、寿にクリーンな状態まで戻されたわけではないから、それよりは大幅にマシであるとはいえるのだ。
それに、寿に“欲望の手助け”と称し頼めば、何の躊躇いもなしに、自分の申し出に乗ってきてくれるのだから、希望も“0”になったわけでもない。
だが、早々は事が上手く運ぶわけでもないから、手を焼く。

というのも、そもそもな事にその大きな障害となっているのが、寿(コチラ)の密やかで遠過ぎる昌之への切なる恋心・・・。

寿は漣と陰であんな事までしているというのに、まだ心のどこかでは親友の昌之に対し淡い思いを抱いている。
ああ・・・。進まなくても良い勝山とは、あらぬ方へと一挙昇格したというのに、本当・・・。愛しの昌之との距離はちっとも縮まらない。
ああ、ああ。こんな事ばかりじゃ、我が本命! 愛しの愛しの昌之との恋がどんどんと遠退いていくばかりじゃないか・・・。

人の気も知らず、そんな事ばかり思っている。
けれども、最近の寿は一度漣に誘われれば、昌之をダシにされなくとも、その申し出にほいほいと素直に乗っていくのだから、寿の中では漣との事も満更じゃないのかもしれない。
だから、自分で自分の事が分からなくなってきているのも、事実だった。
だから、思わず大きな大きなため息が出る。

「はぁ~~~~~っっ」

けれども、そんな大きなため息は寿のものだけじゃなかった。
重ねるようにして大きなため息が吐かれる。
そのため息の持ち主は、同じクラスで席も隣同士という好ポジションに座わる、かの愛しの昌之だった。

しかも、自分がそれ程深くて大きなため息を付いている事も気付いていなければ、まさかそれを寿に悟られているなど、つゆとも思っていない様子だ。
今もお昼休みはあと僅かだというのに、その昌之の弁当箱の中身は、大方手つかずのまま居座っている。

今まで悩み事があれば、まずは寿にと頼ってきた昌之を思えば、寿の心もより一層の事痛む。
だから、寿の方もまたついとそれは大きな大きなため息が零れる。
とはいえ、自分のため息にはさっぱりと気付かない昌之が、寿のこのため息には何故か逸早く気付く。

同じ恋の悩みとして、妙に気持ちがシンクロしたのかもしれない。

「寿が悩み? でも、そう言えば最近やつれてるよね? どうかしたの?」
愛しの昌之に心配してもらうのは実に嬉しい話だが、その悩みの元がまさかそう問いかける当の本人のためだとは言えない。
もちろん、もう一つの悩みの種である漣と不純同性交友をしている事も言えなければ、やつれている原因がまさかまさかの色疲れだとはより一層言えないのだった。
それに、何と言っても寿にとっては自分の事より昌之の悩みの種の方が気掛かりでならなかった。

「いや、俺のは大した事ないんだ。それより、昌之こそ、どうしたんだ? 先程から箸も進んでないようだし、ため息も付いてばかりじゃないかっっ」
だから、自分の事についてはそう言葉を濁し、昌之の事柄の方を促してみる。
もちろん、寿の悩みは“大した事ない”だなんて一言では片付けられるようなものではなかったが、昌之は一様にその言葉に騙されると、安堵の表情を現してくれる。
それはそれで何だか心苦しいものの、仕方がない。

けれども、肝心要の昌之の悩み事については、昌之は困ったような表情をするばかりで、口を割ろうとしてくれない。
「・・・・言えない」
これには少なからず打撃を受ける。
やはり親離れする子のように、昌之はどんどん自分の手の届かないところへと行ってしまうのだろうか?
寿は昌之が困っているとは分かっているものの、どうしてもそれを問い詰めずにはいられない。ついと体を乗り出し、昌之に詰め寄ってしまう!!

「何でだ? どうして言えないんだ? 俺じゃ、頼りにならないか?」
「いや、寿・・・。違うんだ。寿が頼りにならないんじゃなくて、僕ももう子供じゃないから、大丈夫! 自分で解決出来る! 何とかする! それに、寿だって、大した事ないとは言っていても、悩み事を抱えているんでしょ? だから、大丈夫。安心して!! 寿の手は煩わせなくとも、自分で解決出来るから!!」

寿だって、もう昌之も子供じゃない事くらい分かっている。それに、男なら、たとえ子供だとしても自分一人で解決したいと思うのが、普通だ。
昌之のように、高校生ともなれば、よりそういう気構えが強くなってきても、おかしい話じゃない。寿だって、そんな事くらい、重々分かっているつもりだ。
けれども、実際昌之の口からそう語られると、至極寂しい。
しかも、これはどう見たって“恋の悩み”としか思えないのだから、より一層堪える。いや、“堪える”どころか“ノック・アウト”だ!

が~~~ん。

もう心の中では、ムンクも良いところ。それからというもの、昌之が全く手を付けずに昼食を終わろうが、自分も同様に昼を食べ損ねようが、全く気付かないまま、昼休みが空しく過ぎていくのだった。

   * * *




 /  / 初回 / 総合目次

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR