22.生徒会長は俺のモノ!

「想像を凌ぐって・・・・。いくらSM好きとはいえ、たかだか縛るとか、軽く鞭打ちするとか・・・。ちょっと凄いプレイでも、蝋燭を垂らすとか、そんな程度のものだろう?」
「ばーーーーかっ!! そんなのは素人身の考えだ。ヤツらにとっては、もっと奥深いものだ!!」

あっさりと否定されてしまっては、より一層怖くなってくる。
一体どんな事をすると言うんだろうか・・・。
もちろん、寿も男だ! SMについて、ある程度の知識はある。先程微かな希望的観測を込めて告げた“序の口”と言われる以上の事も、一般常識程度には知っているつもりだ。
それすらも実際のプレイで用いらているものなのかどうか、恐ろしいばかりだ。
けれども、漣が言うところのそれらは、もしかするともっともっと凄いところを指し示しているのかもしれない。

知りたい気が半分、知ってはいけない気も半分!

寿は一人漫才でもしているかのように、一人青くなったり真っ赤になったりしては忙しい。
「あんた、変な想像でもしてるだろ? しかと口で説明してやろうか?」
そう言われると、やはり聞くのが怖くなる! プルプルと首を横に振る寿に、漣は「そうしておけ! 聞いたら、怒る!」などと、からかい口調で軽く受け流してくる。

けれども、一番の不思議は、一応あるにはあった失恋の痛みそのものが、どこへやら? 漣とけんか腰でも他愛無い話をしているだけで、すっかり小さいものへとなっている事だ。
表情だって、もう! いつもの寿そのものだ。
だからこそ、一歩前を踏み出した寿に、漣が表情を引き締め、再び男を見せる。

「それに、あんたはもう!! そんな事なんか気にしなくても良い。俺の方だけ、見ろよ!!」

今度こそ、ストレートな口説き文句に、思わずぎょっと漣を見つめ返す。
けれども、もう全ての手の内を明かし、何の障害もなくなった漣は、遠慮なんて可愛らしいものは全くない。全力でもって、怒涛のように寿に迫ってくる。
「だから、俺を受け入れろよ!! 絶対に悪いようにはしない! これでも・・、本気なんだ!!」

馬か? お前は牛(ロディオ)なだけでなく、馬だったのか? いや、猪か?
この漣の体当たりのようなアプローチに対して言い得た率直な感想だが、寿もこの期に及んでまでこんな調子でなくとも良かろうに・・・。
だから、この男! 寿も、なかなか一筋縄ではいかせてくれない。

「・・・まっ、考えとく」
それでも、寿にとっては至極前向きな言葉を告げる。
だが、いかんせん! 漣に至っては、甚だ残念な言葉だ。
これ程までに漣が男を上げて真剣に、そして躍起になり迫っても、その相手になかなか応えてもらえない。辛いところだ。

その百戦錬磨と謳われる漣も、その実! 今までは“来る者拒まず”だっただけで、自分の方から仕掛けた数は、片方の指を折って数える程少ない。
しかも、ある程度はその気のある相手だ。
だから、これほどまでに脈のない相手は、初めてと言って良いくらだ。

当然! スマートに事が運ばなくても仕方がない。

そもそもな事に! “恋愛”はケース・バイ・ケース! 熟練度を適応出来るのかどうかも、疑わしいところだ。

ゆえに、どんな者であれ、本当に望む愛を成就させる事は、そう容易い事ではないのだ!

とはいえ、寿への思い入れが強い分、漣にとってはこの状況が歯痒くて仕方がない。
だから、言葉で思うように伝わらない分、ついと力任せに出てしまう。

やはりそういうところがまだ、漣も若くて未熟なのだ。

漣は自分の体重をのし掛けると、易々と寿をコンクリートの床の上に押し倒す。漣と寿との重量差もあるが、これにはちと寿の油断もある。

なっ! どこが遠慮して手を出してるだっ!!

「おいっ! 勝山!! だっ、誰が受け入れると言ったっ!!! それに、二度とあんな事・・・・・、んんっ!!!」
無理強いしないと言った口で、根の葉も乾かぬ内に寿の唇を塞ぎ込むと、貪るように深く深く口付けてくる。

そうなってしまうと、寿の分が非常に悪い。呆気なく舌の動きに翻弄されては、蕩かされていく。

もちろんそれは漣の手練れさゆえもあるが、胸の内を明かした漣のキスは何と言っても情熱的で良い! 躰の外からも内からも、テンパリングされたチョコレートの如く、甘く甘く蕩けさせられる。
だから、先日までの意味の解さぬキスとは、まるで違う!
やはり同じ行為でも、思いが伴うと、これ程までに違ってくるものなのかもしれない。

それこそ、これは漣が本心から欲し求める口付けなのだった。

とはいえ、漣と寿達は、今までこんなキスよりもずっと先の先の行為をしてきている。
けれども、それは“単なる欲望発散の行為”で、どちらかというと遊びの延長のようなものだった。
だから、こうして気持ちの伴ったキスをされれば、やはり! 言葉以上に、漣の自分に対する本気度も窺え、危うくほだされそうになる。
まだ失恋したばかりで、自分の漣に対する気持ちもはっきりしない寿としては、己の危うさに警鐘を鳴らすが、いかんせん!

その心以上に躰の方がほだされ、ずんと芯を伴った熱を持ち始めてくる。

このまま流されそうになってしく自分に、只々心の中で舌打ちするしかない。
力の受け落ちた躰では、もはや漣に抵抗する気さえ起きない。
そして、漣も寿が自分の心が測り切れず、ただ流されているだけだと分かっている。だが、前より見込みの出来た相手には、もう引く事は出来ない。




次(R) /  / 初回 / 総合目次

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

ういちろさん

思い出して下さいましたか!
テンプラです!!

> そして、もう一度挿絵見に行ってきました~
> もちろん私は挿絵推奨派ですから笑)
しかも、しかも、これは嬉しいですっ。あの絵も報われるというものです! 笑

No title

ぷぷぷ・・・

ロデオ思い出しました
そして、もう一度挿絵見に行ってきました~

もちろん私は挿絵推奨派ですから笑)
プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR