25.生徒会長は俺のモノ!

寿が意識を取り戻した時にはすっかり後始末もされ、身なりも漣なりのやり方で整えられている。
そう、中のブラウスのボタンは留まっているものの、その上に羽織らされた学ランの前ははだけたままなのだ。その中途半端なところが、いかにも漣らしい。
そして、辺りはすっかり静けさを取り戻し、磨りガラス越しに入ってくる陽の明るさが十分とは言えない様子に、現在の時刻の程が見て取れる。

「早く帰らないとな・・・? ここも、そのうち締め出される。そうなる前に退散した方が良いが、その・・・。あんた、体は大丈夫か?」
まさか自分が意識を飛ばす程までに、またしても“イイ”SEXを体感する羽目になるとは思わなかったが、前回漣とした時以上に今日の方がより充実したものだったのは確かだ。

やはりこんなものでも、気持ちが伴うと一味違うのかもしれない。

けれども、”会長”の肩書を持ち、年上でもある寿には、正気さが戻ってくると、やはり素直に振る舞う事など出来ない。
だから、前回同様すっかり腰抜けとなっているのは十分に自覚していたものの、こんな漣の気遣いに対して意地を張らないではいられない。

「だから、俺に・・・。そ、そんな扱いするなっ!!」
「あんたは、また!!! そんな事言って、立てもしない癖に・・・」
「黙れ、黙れ、黙れ!!! 言っておくが、犯らせてやったにしろ、気持ちまでは受け入れたとは言ってない! 男気取りするな!」
「だから、今はまだそれで良い・・・。そのうち俺の事を好きになってくれれば、良いんだ。いや、俺だって本気だ。いつか必ず、俺の方を振り向かせてやる!!」

そんな寿の酷い言いようにも、漣は愛想も尽かさないで、柄にもない殊勝な事を言ってのける。
だから、寿も漣に噛み付ききれない。

「・・・なら、お前は頑張るんだな!」
「ああ、言われなくとも、あんたが嫌だと言っても何と言っても、たっぷり甘やかせて、餌を撒いてやる!!」
「・・・・・」
思いの外強い意志ある言葉に、またしても寿の方が揺らぎそうになる。

「それに、今日も足腰はかっくんがっくんなんだろう? この気ぐらいの高いお姫様は、俺がまたしっかりと家まで送り届けてやる!! だから、有難く送られとけば良いんだ、あんたは!」
だから、こんな事まで言わせてしまう。

いつもなら”お姫様”などと言われて大人しく黙っていられるような寿ではないが、漣の言う通り全くもって思うように体が動かない。だから、終には返す言葉もなくなる。
自分が思っている以上に、寿の体は快楽に弱く出来ているようで、それに伴って体力の消耗も人一倍大きいようだ。

確かに・・。一人で帰るのは、大変だな・・・。

それに、もし噛み付いていたとしても、こんな前髪がすっかり垂れ下がった状態では、また漣に「可愛らしい」などと言わせるような絶好の弄り機会を与えてしまうだけだ。
ゆえに、ぐっと唇を引き結び、睨み上げる。

そんな寿の悔しさも察せられるのか、漣もそれ以上の突っ込みはしないで、逆にさりげなく幅の広い大きな肩を差し出してくる。
”ほら、つかまれ”といわんばかりの男の優しさが滲み出た仕草に、今度こそ本当にぐうの音も出なくなる。
「・・・・・・」

だから、何やかんやと言っても、寿もそれ以上の抵抗を試みるような馬鹿げた事などはせず、大人しく差し出された肩に掴まる。
漣はそうした寿の行動に嬉しそうに頬を綻ばすと、手にぐっと力を込めて抱き起す。そうして、またもや漣に家までしかと送り届けてもらうのだった。

   * * *

あの告白から数週間。
漣はあれ以来、堰を切ったように寿に怒涛のアプローチするようになった。学年の隔たりなどあって無きが如しで、我が物顔で寿の教室に出入りするのはもちろん、その態度のデカさは言わずもがな! 対等のやり取りを強いてくる。
最初こそ、校内きっての問題児と現生徒会長との異色の取り合わせに、興味津々だったクラスメイト達も、次第にこの風景にも慣れつつあり、今ではここは漣の教室でもあるかのように、すっかり馴染みの顔ぶれとなってしまっている。

あながち“頑張る”という漣の心意気は、ウソではなかったようだ。

いや、どちらかと言えば、過剰なくらいだ。
体格も体格なら、行動も行動で、その見た目に見合った激しさで攻めてくる。激しいったらありゃしない。大型犬のような寿といえど、壊されてしまいそうだ。
もし今の二人の様子を例えるとするならば、漣が漆黒の“闘牛“で、寿はその”マタドール“といったところか? いや、マタドールが持つ儚い”赤い布“の方かもしれない・・・。

兎も角、今の漣は目標に向かって一直線! “全力投球”で突っ込んでくる。

けれども、意外に迷惑に思っていない自分が不思議だ。
だが、漣はもちろんの事! 全力投球は迫るだけでは済まさない! 押しかけるだけでなく、ちゃんと“あっちの方”も遠慮なく手を出してくる。

寿が解禁してやってからは、もう!! 休まるところもない程だ。

だから、恋人なのか、単なるセックスフレンドなのかははっきりしないものの、周囲には“公認の仲”として、認識されつつあるのが現状だ。

皆・・、本当にそれで良いのか? 仮にも現生徒会長が、不純同性交友で・・・。




 次(ややR) / 前(R) / 初回 / 総合目次

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

美月さん

> みんな、二人の仲を認めつつあるのですね。
うちのキャラだと、”誤解だ~~っっ”って叫びかねないですけどね!笑

> と思いつつ、楽しいコンビです
いやはや、嬉しい限りです! 攻めで漣タイプはあんまりうちではいないキャラなのですけど(俺様族多数なので…、意外に彼は引くところを持っているのでっっ)、イジメ甲斐があって作者としては実に楽しいです。笑

そして、この後も、ドタバタ学園ライフが続きそうですっっ。笑、笑、笑!

No title

みんな、二人の仲を認めつつあるのですね。

しかし、漣に腰砕けにされるまで、許してしまう寿って……。
そして、素直じゃない。

と思いつつ、楽しいコンビです
プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR