スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26.生徒会長は俺のモノ!(ややR)

ややRと思われる部分がいくつかありますので、折りたたみます。
年齢を満たしている方は「続きを読む」にてご覧下さい。

けれども、不純同性交友といえば、もう一つのカップル! あの校医の内館と幼馴染の昌之だ。
寿は二人の仲を黙認しているとはいえ、今日はどうも朝から昌之の様子がおかしく、気に掛かる。

というのは、朝一緒に登校した時にはあんなに元気そうな様子だった昌之が、3時間目が始まった辺りから、勉学に身が入らないといった感じで始終ぼんやりとしているのだ。
しかも、顔がピンクに火照り、小刻みに身をもぞもぞと震わせては、やけにうろんとした目で艶のある吐息を吐き出している。とても尋常とはいえない。

どうしたというんだ? 熱でも出てきているのか?

もしそうであるなら大変だ! 寿は自分の事のように心配し、昼休みに入ったところで昌之に声を掛ける。
「昌之、顔が赤いぞ! 授業中も上の空だったようだし、どうした? 熱があるんじゃないのか?」
寿はすっと手を伸ばし、額に当てるも・・・。

おかしい!!

こんなに赤い顔をしているというのに、大して熱は高くないように思えた。
けれども、寿の取った行動に、昌之が慌ててふためき、思わず後ろに大仰なまでにさっと飛び退く。
しかも、余程後ろめたい思いがあるのか、必要以上に首を首を左右に振りまくる。
だが、やはり! 昌之に間近にまで寄ると、微かに漏れる吐息がやけに甘く、潤んだ瞳が艶っぽく、平常でない事は明らかだ。

も・・、もしや・・・。

嫌な予感に辿り着いた寿は、漣に負けじの勢いで問い詰める。
「昌之? 悪い事は言わない! 訳を言え・・・」
そんな寿の尋常でない迫力に、昌之は泣きそうな顔になる。そして「ここでは言えない・・」とばかりに寿の袖を掴むと、人気のいないところまでずるずると引っ張っていく。
けれども、そこでようやく耳にしたとんでもない理由に、驚きを通り越し凍りつく。

なっ、なんだって!!!
あんの変態校医に、拡張用の“大人の玩具”を入れられてると!!!

白昼の学び舎で堂々とまさかなこんな事が行われているなどとは、誰が思うだろうか? 許される筈がない!!
今更ながら、内館に“抱いてやれ”などと無責任な事を言った事に、至極責任を感じる。
信じられない思いに寿は頭痛を催し、顔もどうしようもなくヒクヒクと引きつらせる。

「でも、寿? 先生を悪くはぁっ、んっ。言わないで!! これも全て僕の事を思って・・、してくれてる事なんだ。はぁっ、・・馴れたらちゃんと良く受け入れられるようになるって・・・」
それはそうかもしれないが、何もこんな昼間にしなくとも良い事だ。ドS人間の考える事は甚だ理解しがたい。

「だが・・・」
「うんん! ・・・寿!! それにね・・・っっ。先生は・・、今日の放課後まで1日このままでいられたら・・、ちゃんとたっぷりご褒美をくれるってぇ・・、いっ、言ってくれてるんだ! 期待にも応えたいしぃ・・・・・。だからぁっ、僕はぁ頑張るからぁんっ!!! 大丈夫っ!」
その玩具の悪戯なのか、寿に受け答えしている間も昌之は始終快楽に上がりそうになる嬌声を噛み殺そうと、何度もその声を詰まらせる。

どこが大丈夫だというのだろうか?

たとえ昌之達のトップ秘密を共有しているとはいえ、寿もこれにはとんとついていけない。いや、刺激の強過ぎる内容に、あんぐりと顎が外れんばかりに呆けてしまう。
そもそもな事に、昌之の言う“ご褒美”とやらが果たしてどんなものを言うのか想像も絶するが、一般的なソレとは逸するものなのだろう事は重々分かる。
昌之がこのままこれに耐えても耐えなくとも、とんでもない事が待っている事は間違いないという事だ。

あんのドS変態校医!!! 俺の大事な純粋培養の昌之に、何をする!!!

人の恋路に・・・云々とは言うが、さすがに常軌を逸したレベルの事柄に、このまま黙って見過ごす事など出来ない。
「昌之・・・。それで、その・・・。どんなのを仕込まれているんだ?」
「うん・・・。昌之はまだまだ子供ぉんっ、だからってぇ・・。拡張しなくちゃいけないんだよってぇ・・・。この前はビーズのような玩具で馴らしてくれたんだけどぉ・・・。今日はこれなら自分一人でも出来るからぁってぇ・・・、極々小さな豆型のバイブするヤツをっ、んんっ・・・。そして、粗相しないように前にもぉ・・・」
「いや、昌之。もう皆まで言わなくて良い・・・」

寿はこの二人に比べたらかなりの常識人だ。不甲斐ないかもしれないが、話すよう促しておいて、あまりの内容に聞いていられなくなり、思わず昌之を制してしまう。
けれども、昌之は折角秘密を共有できる仲間を得られた事が嬉しいのか、制されたのが物足りない様子で、寿が制するのも構わず“聞いてくれ”と言わんばかりに、続きを暴露する。

「うんんっ・・、寿ぃ・・・。そうなんだけどぉ・・、あと胸ぇ・・にも」
「胸にも、何だ?」
聞いてもロクな答えなど返ってこないと分かっていたのに、ついと想像の域をこしていた事柄ゆえに、口が滑り問うてしまう。




次(ややR) /  / 初回 / 総合目次

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


本館(当ブログ)目次↓
dreamtripbana.jpg
分館目次↓
dreamtripbana.jpg
twitter↓
@bakemogu53

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。