スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

47.宝珠の夢

剣で交戦するなど、闘い方としては極々シンプルなものなのだろうが、シンプルだからこそアシュリーニエも“兄弟”としての“絆”を大切にしている証といえた。
お互いに得意とするところは異なるものの、小さき時より戦士として剣を交え、訓練してきた中だからこそ、そうした戦術で最期を飾りたいという思いがあるのだ。
この世界に掛ける思いが、どちらが上かという事を推し量るのにも、“最良である”と思えたのだろう。

そして、この世界を掛け、二人の闘いが幕を下ろす。

イセリーニエも、アシュリーニエに続いて魔方陣から剣を取り出すと、兄に向ってそれを構える。
その様子をミュルゼンは只々はらはらと見守る。
けれども、すぐに自分も見守っているだけでは、いらなれい立場へと変わっていく。
イセリーニエら二人の闘いが剣であるとはいえ、破格の力を持つ能力者同士の闘い。この辺りを取り巻く気は、半端でない。

自ずとそれに引きずられるようにして、ミュルゼンの気も暴走をし始める。

しかも、洗脳を受けた者達が諦める事無くこの頂きを目指して、今もどんどんと向かい上り詰めてくる。
そして、その者達がターゲットを替え、ミュルゼンへと迫ってくる。
だから、傷付けたくはないのに、ミュルゼンの気の暴走に巻き込まれた者達が、次々と不本意な結末を遂げていく。
そのミュルゼンの元に幾重と重なり倒れた屍から、メラメラとした昇天の気柱が何本も何本も天高く立ち上っていく。

この何本もの気柱、無念にも失せていく者達の呻き声、そしてイセリーニエらの交える冷たい剣の音が混じり合い木霊し、この場がまさに“阿鼻叫喚の世界”へと塗り替わっていくのだった。

   * * *

タカラッシュは今、懐かしい夢の世界に捉われている。
ポタリ、ポタリと、何かが滴だって流れる音が、この外と内とを隔てる障子窓を通して、タカラッシュの耳へと聞こえてくる。
タカラッシュの部屋のすぐ外にある手洗い井戸に、流れ落ちてくる湧水の音だ。これは、タカラッシュが慣れ親しむ赴きある生活音の一つだった。そして、朝目覚めるには、欠かす事のない音でもあった。

これは・・・。

タカラッシュの心の深層に根差した、ある辛くも懐かしい記憶。未だにタカラッシュの中でしこりとなって残存しているからこそ、現れたのだろう古い記憶。
だが、昔の夢を見ていると分かっていても、自分でそれを打ち破る事も、別の夢へとすり替える事も出来ない。

只、見せられるがままに、その夢を見続けるしかない。

タカラッシュはかつてある偉大な師に従事して、その師の館で寝食を共にして暮らしていた。この滴の音は、与えられたタカラッシュの部屋から聞こえる生活音で、その生活の象徴とするものの一つであり、それがその当時のタカラッシュの一日の始まりでもあった。
夢の中で、その音に目覚めた自分は、何の疑問を抱かずして、いつもよりやや高くなり過ぎた陽射しに、慌てて布団から身をガバリと起こす。
そして、勢い良くその障子を開け放つと、そのままその溜まった水でザバリと顔を洗って清める。

すると、朝も早いというのに、この頃この屋敷に顔を出すようになり、馴染みとなった客人の男が姿を現す。
彼はこの辺りには珍しいタイプの面立ちをしており、垂れ目がちな派手な容貌は否応なく目を惹き付けられる。
しかも、いつも冗談めかした事ばかり言っては、何かとタカラッシュに構ってくるのだが、その飄々とした態度が掴みどころがなくて、常に胡散臭い匂いを漂わせている。

敵なのか、見方なのか・・・。実に信用が置けない男だ。

「おはよう! 麗しのマイ・ハニ~~~!! 今日もその姿を、こんな朝も早くから拝めた事に、乾杯!」
そのふざけた言葉だけでなく、脂下がったようなだらしない笑みが、タカラッシュの癇に障る。だから、只白々とした冷やかな視線をその相手に送っただけで、その言葉自体に対してはあっさりと無視をしてやる。
けれども、男はそんなつれない態度も気にする事なく、手をひらひらさせるとタカラッシュの元を去っていく。

本当に・・・。
この男はどこから流れ着いてきたのかも分からないが、自分を気に入ったからと日参してくる。だが、果たして本当の目的はそうなのだろうか?
飄々としたふざけた男だが、隙がない。しかも、伏せている能力も随分と高い。
やはり、この館には何か目的があって、探りに来ているのだろうか・・・。
とてもじゃないが、この男に気を許す事は出来ない。自分がしっかりとしていなければ・・・。

マリオンの小さくなった背中を見て、夢の中の自分がそう気を引き締める。
そして、完全にその背中が視界からなくなると、自分と同様にこの館に住まう稚児を起こしに、家の中へと踵を返す。
そして、廊下を歩き出そうとしたところで、夢が切り替わる。




挿絵47&49 /  /  / 初回 / 総合目次

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです。
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


本館(当ブログ)目次↓
dreamtripbana.jpg
分館目次↓
dreamtripbana.jpg
twitter↓
@bakemogu53

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。