41.生徒会長は俺のモノ!(R)

Rです。BLにご理解頂ける方で、年齢を満たしている方は、「続きを読む」にてご覧下さい!

ブログランキング・にほんブログ村へ

けれども、幸せに浸っていた漣に対し、寿が焦れてもぞもぞと身を捩らせる。
「漣・・。もう・・・。良いから、他・・。ここを何とかして欲しい・・」
大胆にも、漣の手を自らの下肢へと引いていく。
今までの寿なら、自ら乞うて強請るなど、避けて通るべきものでしかなかったが、今焦燥と
湧き上がってくる欲求はもちろんの事だが、何よりも漣への思いの方がその羞恥を遥かに上回る。

だから、当然漣もそれに応えようとする。
先程整えられた衣類を忙しなく取り除かれると、寿自身と共に後孔にも漣の手が忍ばされる。
忌々しくも、先程蒔田によって馴らされた蕾は、この漣の指を躰の奥深くまで難なく滑らかに呑み込んでいく。
けれども、漣の手によってもたらされる悦びは、蒔田とのものとは雲泥の差だ。

漣には、安心してこの身を委ねられる。

だから、この快楽に寿はどこまでも忠実になる事が出来る。
「んっ、あっ・・、あっ・・」
もう、自分の口から出てくる嬌声には、どんなのだろうと構っていられない。遠慮なく、啼きたいだけ啼く。

しかも、前と共に中まで抉られ掻き回される快楽に煽られて、未だしっかりと嵌り込んでいるクリップ付きの胸の突起が、じわじわとした疼きの声を上げると、寿は迷わず上着の前を自らはだけさせ、その露わになった胸の突起をクリップごと指で掴んでギュギュっと引っ張り上げる。

「んあっ、ああんっ・・」
「あんた、自分でそんな事までしたい程、焦れてるのか? どうしようもない淫乱だな・・・」
以前の寿なら、そんな事を言われたら、恥と怒りで憤死していたかもしれないが、今はどうしたわけかそんな責め句も心地良いとしか思えない。
やはり、漣に完全に心を許した証拠である事に過ぎない。
しかも、そう言う漣も、こんな寿に堪らなく煽られるのか、至極欲に浮かされた掠れた声をしていた。

「けど、ここは散々アイツにいたぶられたところだろ?」
「・・んっ・・、ふぅっ・・」
「なら、俺が・・・。それこそ忘れるくらい可愛がってやるから、どうして欲しいのか言えっ!!」
それで頭に浮かんだ欲求があまりに度を超えた恥ずかしいものだったので、寿は告げるのを少し躊躇ったが、どうしてもこの目の前の男とその悦びを分かち合いたい衝動に駆られて、重い口を開く。

「お前を後ろに・・、咥え込みながら・・・・。っんん、胸も下も弄られてぇっっ・・。っん、イきたい・・・っっ」
「・・・分かったっ。ならっ、どう弄られたいんだ? 口でか? 指でか?」
「んんんっ・・・、りょっ、両方っ・・。ぁぅんっ・・」
「あんたにしては、見違える程上出来な答えだな・・・。これは“ご褒美”ものだなっ・・・」

今まで“ご褒美”という語句に異常なまでの反応を見せる昌之に疑問を感じるばかりだった寿も、今漣の口からそう出たのに対し、“やぶさかではないな”と思えるあたり、彼らに感化されたのか、元々の素質だったのかは分からないが、相当焼きが回ってしまっているのは事実だ。
だから、自分の見た目など度外視にして、可愛らしくも素直にこくりと頷く。

漣もそんな様子を見ては、また!!! 堪らなくない筈がない。
漣は早急にも後孔から指を引き抜くと、代わって自分を宛がい、寿の望み通りぐいっと最奥まで一挙に串刺しにする。
充分に解された孔は既に受け入れるのに十分過ぎる程に十分であったため、そんな手荒い挿入にも痛み一つ伴わない。どちらかといえば、丁度良い刺激に思える程だ。

それに、漣もこんな寿を目の前にしては、最低限の気遣いをするので精一杯だ。いくら言葉では粋がって責めても、それ以上に払う余裕は持ち合わせていない。
そして、漣は奥まで納まった自分を、“俺なんだそ”とでも示すかのように、ぐいっと穿ち上げ誇示する。けれどもその一方で、歯で乳首を挟み込んで甘噛みを加えると、クリップが外れないくらいの力加減で、ぐいっと前面に引っ張り上げ、寿に施し尽くす。
更には、先端を掠めるようにチロチロと舐め施し、蒔田が与えたものを全て、“負けじ”と上塗りしていく。

だから寿は、その半端でない悦び応え、中をキュキュッと締まらせる。すると、より二人の密着度が、嬉しくも増す。

それこそ、先程の蒔田とには無かった快感だ。漣とでしか、味わえない。
しかも、中を奥深くまで穿たれ、同時に胸と下を制されれば、何もかも・・・。自分の体の細胞一つでさえ、漣一色に塗り替えられていくかのようだ。
寿は深い快楽を感じつつ、更なるそれを漣にも感じて欲しいと、腰を左右に揺らして、漣を煽り促す。

お前も、俺を味わえと・・・。一つになろうと・・・。

その寿の思いに通ずるものがあったのか、漣はそれを皮切りにして、怒涛のように深く、強くスライドさせては、次々と腰を奥へ奥へと送り込んでくる。
だから、二人が極みに達するのも早く、近い。

「んっ、あっ、あっ・・、ああっ・・・」
寿はその激流に振り飛ばされないように、漣の後ろに回した手でその背にしっかりとしがみ付く。
もう頭の中が白一辺倒と化す程に、強く深い快楽の波にどっぷりと呑み込まれていく。
けれども、そうした中にも、今まででは漣との関わりで気付きもしなかった安らぎがあるのは、大きい事だ。

これこそ、漣と寿が確実に一つになれた時なのかもしれない。

「んっ、あああっ・・・」

   * * *




 /  / 初回 / 総合目次

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR