45.生徒会長は俺のモノ!(最終回)

「今日は、昌之も実に嬉しそうだね! 楽しみかい? さっ、羽生くん? 君も、もう異論はないね!!! これは、全てここに居る皆のためだからね! ねっ! ねっ!!」
などと、内館が押しの強い口調で締めくくる。

寿には、やはり・・・。この事についての拒否権は、全くないようだ! もうこれは完全なる決定事項といえた!!

だから、昌之が後方で嬉々とした声を上げ喜んでは、寿を追い詰める。
「・・・・・・」

ああ、駄目だこりゃ・・・・。

そもそも内館には他人に“No!”と言わせない押しの強さと静かな睨みがあるのだから、わざわざ“強請ネタ”を持たなくとも、思い通りに事を運ばす事など朝飯前の事だったに違いない。
だが、用意周到な内館は、機あらばと切り札を手の内に納める。これは“念には念を”というところなのだろう。

いや・・・。どちらかといえば、立場をはっきりさせるための、細かい下準備なのかもしれない。

現に、今! 自分達と内館との間には、立場上しっかりとした上下関係が出来上がり、強いられている。
漣共々自分達はもう、全くといってこの内館に強く出る事は出来ない。
だから、漣も一応の抵抗は試みてみたものの、何やかんやと言いつつ、はじめから諦めていたようだ。

だから、仕方がない! いよいよ年貢の納め時だ。

しかも、今回のコレだが、内館の口からは一言も“この前の借りの分だ”とは言われていない。
それがどういう事を意味するか・・・。
つまり、“これ限り”とならないかもしれないという事だ!!
実に怖いところだが、それが後々問題の種となる事は目に見えているっっ。
ああ、ああ。本当に・・・。相当にヤバい相手に、借りを作ってしまったという事だ・・・。とほほ・・。

けれども、いくら嘆いても、仕方がない。やはり、済んだ事は済んだ事なのだ!
今から自分がどんな目に晒される事となるか不安で堪らないが、腹を括るしかない!
だが、最強S男達だ。単なる見せ合いっこ如きでは終わらないさそうなのが、これまた難点だ!

けれども、それに対し、異様に興奮する自分がいる。それも、確かな事なのだ!!

だから、半強制的にこうとなっても、果たしてこれが損だったかといえば、その実分からない。非常に判断し難いところだ。
それに、何も“無理な事”を、言われた訳ではない。
これは一応、”羞恥プレイ”だけの範疇の事柄だ! スワッピングを強要された訳ではないのだから、心情的な部分では何も問題ない!
余程、この前蒔田の襲撃を受けた事の方が、寿にとっては辛い事だった!

だから、自分は“漣限定のM男”でいられるなら、これくらいはまぁ! 許容範囲内なのだった。

そして、然るべくその後・・・。
寿は漣の鞭の洗礼を受け、泣いて喜ぶ事多々となるのだった。
保健室からは、それぞれのカップルの悲鳴ではなく、至極悦に入った嬌声が賑やかに奏でられたのは言うまでもない!

とどのつまり、ここに居る皆が悦び愉しむ事となったのだった。

そうして・・・。
こうして始まった寿のSM込みの高校ライフ!だが、時として予期もしない事が多々含まれる。だが、そうはいうものの、意外に愉しく充実した日々となるのは極々自然な成り行きだった。
寿は、秘めたM男だったのだから!!

そして、漣に関する詳しい事など何も知らぬ寿だったが、当然の事に知る事となる。
もちろん! 漣の母こそ、皆に羨望されるような偉大な伝説の“鞭の名手”だという事をもだ!
しかも、それは本人が言わなくとも、内館が明かさなくとも、簡単に知る事となる! というのも、寿の存在を知った漣の母は、見事にそそられるM男具合に、“是非、可愛い嫁を1回くらい、この鞭でぶたせて~!! 漣? あなたも、良いでしょう??? 味見! 味見!!”と、日々追い掛け回し迫る事となるのだった!

ああ、嘆き・・・?! 

いや、これからの華々しい“充実Mライフ”が、確約された寿なのだった。

   - 完 結 -




【後書き】
最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!
私も完結を迎えられて、良かったです! ホッ…。
とはいえ、至らない点や反省点などが多々ありますので、その反省を踏まえ、これからの作品に活かせていけたら良いなと思っております!

それにしても、この作品ですが、当初の予定から随分様変わりし、思いも依らぬ程のSM展開に、私も“汗っっ”が沢山出た作品です!
よもや…。主人公達まで、こんなSM人になるなんて…。

想定外でしたっっ。

当初漣は普通の悪ぶった年下というだけのノーマルな男の子の設定だったのですが、寿の性格などを考慮して二人の反応を修正している内に…。
最終的には“鞭遣い”“伝説の鞭の名手の息子”に変わり果てていました!
これも、小説が生きているからでしょうか?

とはいえ、お初の“ソフトSMもの”を書けたのは、良かったです! 笑

そして、何やかんやと言いつつも、晴れて“超激甘カップル”成立となれたのも、良かったですっっ。
少し・・・、甘過ぎてこちらが撃沈してしまいそうですが、今後も楽しい高校生ライフが続きそうで、何より! ・・・・ですよ??? 笑

さてさて、最終回という事で、コメント欄を開けました。
こちらの記事の以外の事でも、何か御座いましたら、非公開コメントも出来ますので、よろしかったら使って下さい。(ただし誹謗中傷等はご遠慮下さいね!)
尚、原則的に返信はこちらのコメント欄へとなりますが、指定のメールアドレス等に返信希望の方は、その旨とアドレスを書き入れて下さい。そちらの方に返信させて頂きます。もちろん、その場合は、メルアドが公開されるといけませんので、非公開コメントでお願いします。

ではでは、最後まで閲覧して下さった皆様、本当にありがとうございました!!
感謝、感謝です!

また別作品の連載になりましても、覗いて頂けると嬉しいです!

 / 初回 / 総合目次

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

ういちろさん

こんにちは!
ありがとうございます!

> ↑私も二人のSMライフ番外編で読みたいな・・と(笑)
笑 妄想始めたら、私の頭の中がエロ一色に染まりそうっっ。
しかも、今! ”漣=悪代官、寿=町娘”なイメージがっっ。よぎりましたっっっ。
あせあせあせ・・・っっ。

> このシリーズでは蒔田はんにもお世話になり
こちらこそです!

蒔田;私が本命に手を出している隙に…。
   上條くん! あなたも良い出会いを果たしたようですね!!
   そうならば、お祝いと称して、この私が一肌脱ぎましょう!!
   トリプルプレイという事で、いかがですかっ?
   ふふふっっ。これでも、あれから猛特訓して、腕に磨きをかけたのですよっっ。
   ふふふふふふ・・・っっ。

上條;あかん! あの人は俺だけのモノなんやっ!
   蒔田はんっ! 指一本も触れさせへんでっ!!

蒔田;あなたまで”本気”とか言うのですか?
   はてっ? ”本気”とは何じゃいな?
   ややこしや~♪ ややこしや~♪

(蒔田 ここで完全にフェイドアウト?)

美月さん Re: 終了、おめでとうございます。

こんばんは!
こちらこそ、最後まで有難うございました!!

> しかし、漣は、鞭がうまかったなんて。
本当ですよっっ。私もビックリです! 単に助けに入るのでは物足りないなという私の出来心が、彼をそんな風にさせてしまいました! 笑
母も”名手”というからには、逸材を目にしたらきっと、血が騒ぐ?! ブチたいだろうな~と…。笑
私の仲では、超夫婦円満な両親という想像なのですけどっっ。

> 二人の、SMライフ、番外編で読みたいなぁ、とよだれを垂らしているのは、私だけでしょうか??
私がそれを考えたらきっと…。エロonlyになりそうで、怖いですっっ。笑

No title

最終回までお疲れ様でした

↑私も二人のSMライフ番外編で読みたいな・・と(笑)

寿くんと漣くんのラブっぷり、よかったです
このシリーズでは蒔田はんにもお世話になり
楽しかったですー(^o^)

終了、おめでとうございます。

こんばんは。
生徒会、終了、おめでとうございます。

鞭打たれて、喘ぐ寿くん、想像してしまいます。
しかし、漣は、鞭がうまかったなんて。

いやぁ、母も参戦って。

二人の、SMライフ、番外編で読みたいなぁ、とよだれを垂らしているのは、私だけでしょうか??

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR