23.隣人

・・・大和の中に住まう男。

高は自分で言っておいて、胸の奥が軋むのを覚える。
それが誰で、どんなヤツなのかも分からいというのに、自分はそのスタートラインに立つ前からソイツには決して敵う事が出来ない。
いや、それ以前に大和の中に、少しばかりも入り込む事も出来ない!
やるせない思いに、高の顔もへし歪む。

「高・・・。だから、もう・・・。良いんだ! 良いんだ・・・」
けれども、高を制した大和の言葉に、突如として元がはっと顔を上げる。
そして、次第にその表情が曇り、凍り付いていくのが、嫌でも目に飛び込んでくる。

元は、大和が何気なしに呟いた名前を、聞き逃しはしなかった!

「高・・・・? そっ、そういう・・、事か・・・・・。端から・・、もう・・・・・・」
元は、大和の忘れられないその思い人の名を、知っている。

そうだ! “高”こそがその男で、この宝の品の正当な持ち主だという事を・・・。

大和が高との再会してすぐのSEXで、思わず“元の名”を間違えて呼んでしまったのと同様に、大和は元とのSEXの時でも、度々誤って“高の名”を呼んだ。
大和自身それを気を付けているつもりであっても、気分が高揚してくると、知らず知らずの内に呼び間違えてしまうのだ。

高に抱かれる事こそが、大和の望みであり、常にその願望を持ち続けていたから現れてしまう、どうしようもない事だった。
しかも、元に限らず、大和が選ぶ男達はどことなく高に似た面影を持つものばかりだという事も、大きかった。
だからこそ、元は“高”という名の男こそ大和の心の中に住み続けている主なのだと、承知していたのだ。

大和も元の表情にその事を悟り、思わず息を呑む。
自分を愛している元に、現実を突きつけるのはあまりにも“酷”だ。知らなくとも良かった事だ。

だが、高だけは一人この状況が呑み込めず、訝しそうな表情を浮かべている。
まさか自分の名前がこの不可解な状況を引き起こしているとは、つゆとも思わないだろう?
だから、突如として蚊帳の外に押しやられてしまった事に、何だか不服そうな様子さえ感じる。

「なら、大和・・・・。俺がこれを持っていたとしても、意味がないという事なのか?」
「・・・・元」
大和の目をしっかりと見据えて、事の真実を確かめようとする元に、大和は正直にコクリと頷き返す。
もうどんなに取り繕ったところで、同じだ。

どう足掻いても、もはや元に勝ち目はない!

「そうか・・・。お呼びでないのは、俺なのか・・・・・・」
「・・・・・・」
その元の悲壮な呟きを、無言で受け止める事しか出来ない。

「じゃ、俺がコレを持っていても、本当に・・・。くそっ!! なら、本当に!!! 無駄に大和を悲しませるだけにしかならないのかっ! くそっ! ・・・・。なら・・、返す! 大和に、返す!」
「元・・・?」
驚きで目を瞠る。

「こんな勝ち目のない状況で、こんな事していても、何の得にもならないだろ? それなら、少しでも大和の中に、自分の印象が良い思い出として残ってくれる方が、良いもんな・・・。だから、返す! ・・返したい。」

負け犬となっても、その振る舞い方で大きく差が出る。
元は立派だ! 大和にはとても真似など出来そうにない。

そんな言葉と共に、何とも空元気な笑みが元の口から洩れる。
男の意地で、そうした笑みの一つでも浮かべていないと、不覚にも泣いてしまうといったところなのだろう?
とはいえ、込み上げてくるどうしようもない絶望感に、元はその笑みを浮かべた端から頬を強張らせる。
そして、力無く肩を落としては、項垂れる。




 /  / 初回 / 総合目次

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR