41.隣人

積年の行き違いが取り払われて、晴れて身も心も通じ合う事の出来た高と大和だったが、そうは言っても直ぐには別人のように成り変わって、打ち解け合う事はなかなか出来ない!
とはいえ、そのギクシャクとしたそうしたわだかまりも、時が移りゆくのと同時に、次第に取り払われていく筈だ!

確固としたあの心の隔たりが、無くなっただけで十分だった。

とはいえ、日常ではなかなか素直になれないため、誤解を生みがちになるのが多少の心配の種だ。
けれども、一度アレの雰囲気になると、何故か素直になれるから、不思議だ。
ゆえに、意外にも上手くいっている。

いや、どちらかと言えば・・・。
以前とは見違える程に積極的になってしまった大和は、後でふとした拍子にその時の様子を思い出しては、至極恥ずかしい思いに陥る事があるくらいだった。

とはいえ、二人の間に全く問題がなくなったわけではない!

そう・・。互いの両親の事だ!
二人にとっては大きな障害ともいえるそれが、残すところ問題だった。
出来れば解決したいのは山々だったが、そうは簡単にはいかない。
特に、大和の実母は自分の親ながら、至極厄介に思えてならなかった。
だから、大和はこの問題を半ば諦めつつ、先延ばしにする他ないのだろうと、思っていた。

けれども、高の方が違ったようだ。

大和がその事で心を煩わせ、深いため息を付くのを見るにつけ、何とかならないかとその手立てを真剣に考えてくれていた。
だが、マイノリティな関係であるからこそ、両親に認めてもらうのは至極困難な事だ。

だから、大和としては本当のところ共に悩んでくれるだけでも十分だったのだが、高はいつまでもそれで手を拱かせているばかりではなかった。
ちゃんとその誠心誠意さを態度でもって示して、いろいろと敢行しては、骨を折ってくれたのだ。

高としてはやっと手に入れた大切な大和だから、それを守るためなら一切の労を厭わなければ、当然の事をしたまでだった。
とはいえ、なかなか出来ぬ事だからこそ、大和にとっては“有難い”の一言に尽きた。

まず、高は単身で自らの実家に赴くと、両親に大和との事を報告すると共に、家族会議の席まで設けて今後の事を掛け合ってきた。
ひおもてに立ってそれだけの事をしてもらった事は、高の愛を感じたし、大切にされているのだと実感できた。
だから、その高の行動だけでも言いようがないくらいの満足を得られる事であったのだが、宮圀家は有隅家とは一味も二味も違った。

思いがけない事に、なんと!! 自分との関係を、あっさりと認めてくれたのだ。

もともと宮圀家は、日本特有の既成概念にオーガナイズされていないオープンな家庭で、”家族である前に、個々を尊重する”という理念の下に立って物事を捉えている。
だから、今回の事についても、高の意思を第一に尊重したのだろう?
やはり、父親は外資系商社に勤め、母親はミス○○に登り詰めただけの事はあるのかもしれない。普通の一般家庭とは少し違うように思える。

だが、その分、個々の責任も大きい。

ゆえに、大和もそのマイノリティのリスクを高と共に背負って、自分達の力だけで生きて行く覚悟が要る。高の両親にこれ以上の迷惑は掛けられない。
とはいえ、たとえどんな茨の道が待っていようと、高と共に歩む道なら幸せに違いない!
だが、そうは言っても、高の両親に認めてもらえた事は大きい。祝福されるのとされないのでは、雲泥の差だ。

大和は、これからの人生を高の伴侶として、堂々と生きていける。

そして、高自身も両親に認めてもらえたのには、肩の荷が下りはてほっとしたのか、生家から戻ってきた日、大和に家族会議であった諸々の話をぼやいてみせた。

「あの姉貴らっ!!」
「お姉さん達・・?」

両親は兎も角、御姉妹に至っては女性である上に、そのしわ寄せが及びかねないこの決定について、受け入れがたい思いを抱いているに違いないと思い、大和はその表情を思わず曇らせる。

「アイツらっ!! “あの美少年なら仕方がないけど、それならそうと! 私達の目の保養のために、近いうちに一度! この家に大和くんを連れてきてよ! 予定あっても調整するからさっ!”なんて、言うんだ!!」
「じゃ・・、お姉さん達は・・、俺に不満はないんだ・・・・・」
「あるかよっ、そんなもんっ!!」

高の剣幕に少々面食らう。
「・・なら、行けば良いんだね?」
「えっ?」

当然と思ったまでの事を言ったつもりなのに、驚きの表情で切替され、逆に大和の方が啞然とする。




 / 前(R) / 初回 / 総合目次

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR