スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28.晴れ男さん、雨男さん(R)

心先行型でHまではやや長い道のりだったこの人達も、Rへと駒を進めてきました!
そのRシーンの続きです!
という事で、BLに御理解があり、年齢を満たされている方は、「続きを読む」にてご覧ください!
尚、こちらの作品はコメディ調ですので、Rシーンでも笑いを含みます。しっとりしたHとは無縁ですので、ご注意下さい!

ブログランキング・にほんブログ村へ

すると、晴れ男が良くしてやろうと、添えた手を動かしながら、目一杯舌と唇を遣って竿を一生懸命舐め上げてくる。
“良いぞ、イケよっ!”とでも言うかのような奉仕に、思わずブルリと身が震える。蜜も先端からツルっと垂れ落ちた。

「んんんっ!! ・・・でもぉっ、んっ、おいっ! ・・あっ、あっ。こっ、こんなぁっ、んっ、事ぉっ・・・・。んっ、んっ。まっ、まさかっ・・、俺だけ・・、んんんっ! イっ、イカすつもり・・、なのかぁっ・・?」

切れ切れになりながらも、何とかその不満をぶつける。
晴れ男とは出来るだけ長く付き合っていきたいと思うからこそ、こういうちょっとした事でも言っておく必要がある!

だが、あっさりと晴れ男の口から、意にそぐわない答えが返ってくる。
「ああ!」
とはいえ、晴れ男だってこれを雨男が不満に思った事は十分承知している。だから、雨男が納得いくように、その理由もしっかりと明らかにしてくれる。

「さっきのも・・、かなり良かったけど・・。その・・、何だ・・・・・。俺がお前の中に入って良いっていうなら、このままじゃお前は辛いだろ? だから、こうして今からイカせてやろうと思って・・・」

えっ・・・!
正直、ちゃんと自分を考えてくれていたのは嬉しいし、その気遣いは有難い。愛されているのだと、実感も出来る。
それでも、少々困る。
何と言っても、今自分だけ乱れるのは・・・・・。

やっぱり、困る・・・。

恥ずかし過ぎるのだ! 雨男が一般男性の平均より堪え性のない敏感くんだから、より一層の事にそう思う。

それに、今までの女の子とのHの時でも、そうだ! フェラは苦手で、自分から求めた事はなかったし、なるべくそういう感じにならないよう避けていた。
だが、雨男の内心の焦りなんて知りようもない晴れ男は、押し黙る雨男を了承が得られたものだと思ったのか、再び尽くしたい一心で口の奥深くまで銜え込むと奉仕に励み始める。

「んっ、んっ・・。・・・はぁっ」
まっ、まだっ・・。了承したわけではないのに・・・。
あっ、あっ・・。どうすれば・・・・・。

しかも、晴れ男は先程雨男を言い宥めている間に指にローションを馴染ませておいたのか、再開すると同時に雨男の後孔にその湿った指を潜りこませてくる。
二人が繋がるためにはここを馴染ませるのは当然の事だし、それをイチイチ確認されていたら恥ずかしくて何も答えられはしなかったのだろうが、多少は心の準備も欲しい。
雨男はその異物感に思いっきり眉を顰める。

「やっぱり・・、苦しいか?」

晴れ男は雨男の事を気に掛けていたのか、すぐにそんな気遣う言葉を掛けてくる。
突如として指を挿入された事に驚かなかったといえば嘘だが、先に受け入れてやると言ったのは、雨男だ! その時点でこれも了承済みの事といえばそうだった。今更! がたがた言っても、仕方ない。

それに、本当のところ・・。事前に事細かに告げられていたならば、それこそ緊張で体がガチガチになって、指の1節でさえ入らなかったに違いない!
そして、晴れ男もそうだと踏んだ上で、雨男の苦痛を少しでも減らしてやろうと、敢えて断行したのだろう。
雨男を見上げる晴れ男の心配そうな表情から、それが良く分かった。

宣言通り、自分は晴れ男に大事にされている!!

「だっ・・、大丈夫ぅっ、んっ、だぁ!!」
文句を言う代わりに、晴れ男の背を押してやる。
すると、晴れ男はほっとした様子で、遠慮がちに中を探ってくる。
指が抜き差しされる度にクチュクチュと漏れる音が恥ずかしいが、雨男もそれに慣れようと一生懸命に踏ん張る。

「んんんっ・・、あはっ・・、んんっ・・」
だが、異物感に苛まれたのは、ほんの最初だけの事だった。
馴染んでしまえば例の卑猥な音の方が気になるくらいで、むしろ中を弄られるのは断続的な焦れを生むような不思議と心地良い刺激となった。

とはいえ、ふいに指が前立腺の裏の辺りを掠めると、躰が浮き上がるような鮮烈で強い刺激を受ける。
「ああっ・・」
すると、今度は心地良い不快というよりも、その強過ぎる快楽に身が仰け反る。
そして、そこを引っかかれ、穿たれると、身が鮮魚のように飛び跳ねた!

それ程、堪らなく良いものだった!!

「あっ、あっ・・。ああっ・・、んっ・・。はっ、ぁんんんっ・・」
今までHの時の女性の“喘ぎ”なんて“サービス演技”なのだと思っていた雨男だが、前をパクリとされながら後ろを指で弄られ掻き回されると、自分はそれを我慢出来なかった。
「んっ、んっ、んんっ・・」
ああ、こんなに前と後ろを同時に弄られるのが、良いとは・・・。

びっくりな新境地だった!




次(R) / 前(R) / 初回 / 総合目次

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


本館(当ブログ)目次↓
dreamtripbana.jpg
分館目次↓
dreamtripbana.jpg
twitter↓
@bakemogu53

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。