スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9.執着

とはいえ、これは“諸刃の剣”だった。

効果覿面(テキメン)だと分かっていながら、とてもじゃないが多用は出来なかった。
というのも、その機会を幾度となく重ねる事で、より一層侠耶の心をガッチリと捕えしまっては、強い執着を生んでいく結果となったからだ。
しかも、その折々には利通に寄せる侠耶の想いをもヒシヒシと知らしめされて、ぞっともした。
とはいえ、侠耶を従わせたい時にはこれに勝る方法はないのだから、仕方がない。この場で使わざるを得なかった。

そして、今も・・・。
侠耶は鋭い眼光をふと緩める。眩しいものでも見たかのような、そんな目をしている。
「・・・・」
言葉にならない。後ろめたくもある。

だが、侠耶はこの利通の作り笑顔に惑わされて、本意ではないこの申し出にも至極簡単に靡こうとした。
「好きにしろっ!」

利通は思わずほっと胸を撫で下ろす。
叶った!
だが、もう利通の目の前には、先程自分の微笑に目を奪われた侠耶はいない。
瞬時にして、何を考えているのか分からないような、いつもの不敵な貌の侠耶に戻っていた。
だから、再び何とも言えない不安が襲ってくる。

まだ安心するには・・、早いかもしれない・・・・。

「だが、それなら・・。存分に愉しませてもらわないとな?」
「!!!」
「沢村、持田っ! お前ら、俺達の前で余興しろっ!!」
「・・・・」

先程利通の脳裏を過った嫌な予感が的中する。
利通には侠耶がどういう意味で“余興”だと言ったのか、その先を聞かなくとも容易に想像出来た。
利通は信じがたい状況に顔を青ざめさせると、悲壮たる思いで目を瞠らせる。

「そうだな・・・・。お前らで、ここで絡め!」

やっぱり・・・。
そう簡単に問屋は卸さなかった。
侠耶は今、自らのいるこの目の前で、沢村達にセックスしてみせろと言っているのだ!

利通が嫌がると知った上で、侠耶がこの提案を持ち出してきたのだと、ありありと分かる。
やはり侠耶の手綱を取るなんて、自分には100も早いという事かもしれない。
侠耶を上手くあしらいたいと思っても、そんじょそこらの者達にするようにはとてもいかなかった。

それに、侠耶こんな興ざめな要求は、今にはじまった事ではない。前々から多々とあり、その度に利通を悩ませてきた。
侠耶は暗に利通に自分の思いを見せつけるためにか、男同士でも楽しめるんだと言わんばかりに、利通の目の前でクラスメイト達を強要して絡ませるのだ。

性質の悪いアプローチだ。

とはいえ、侠耶にモラルを求める事自体が、そもそも間違った事なのかもしれない。
侠耶は、それを同級生達に当然とばかりに命じ、強要してきた。
利通にはこれはどうしても頂けない事だったが、侠耶の方は罪の意識どころか、毛ほどにも思っていなかった。

だが、そんな犯罪まがいの強制事であっても、侠耶に命じられて逆らう者は同級生の中には一人もいなかった。

それどころか、公の機関に訴え出ようとする者もいなかった。
何のための国家機関だというのか・・・。
だが、訴え出た後のリスクを考えれば、それも至極当然の事だった。なんせ当の侠耶自身がどんな風に出てくるか分からない上、侠耶を取り巻く周囲を考えればより一層の事だった。

皆、彼らの報復が怖いのだ!

ゆえに、皆がその場限りの我慢だと耐え忍び、それに応じてきた。
とはいえ、仮に侠耶の悪行を通報したところで、侠耶が少年鑑別所行きになろうがなかろうが、当の本人はそれを毛ほども感じないだろう。
むしろ、侠耶の置かれる世界では、“入所”する事はいわば“勲章”として、侠耶の経歴に華を添えるくらいの事かもしれない。そして、退所した時には、今以上の箔を侠耶が身に纏うぐらいの事だった。
ゆえに、命じる方もそのリスクを恐れなければ、命じられる方も甘んじてそれを受け入れた。

だが、利通だけは、それを良しとは思えなかった。

別に正義感が強いからではない。
そうでもないのに、当事者でもない利通がそれ程までに嫌ったのは、男同士の絡みを見せつけられても不快しか感じず、見苦しい限りだったのはもちろんの事だが、何よりも暗に自分への想いを見せつけようとする侠耶が疎ましかったからだ。

しかも、侠耶は“俺はお前以外の男には興味がない。抱きたいのは、お前をだ”と言わんばかりに、自身がそれに加わる事はなかった。利通と共に、涼しい貌でその光景を眺めているだけだった。
もちろん、侠耶も性モラルが欠けているとはいえ、基本的にはノーマルな人間なのだろう。どんなに同級生があられもない状態になっていても、全く興味がないのか、それで食指が動く様子はなかった。当然、それで焚き付けられるような事もなかった。

いや、欲情したというなら、利通の顔を眺めながら、利通とのSEX(ソレ)を思い浮かべてだ。
利通にだけには、そんな風になるというだから、堪ったものじゃない。
そんな正直な侠耶の本心が、より想いの“特別さ”を感じさせて、不快だった。

だから、その同級生同士の絡み合いを見せられると、自分に対して抱いている侠耶の欲望をひしひしと感じたし、いつかはお前の番だとも言われているようで恐ろしくて堪らなかった。

だから、今も侠耶は利通のこんな感情を逆手にとって、歓迎出来ない客をこの場に呼んだ利通に対すて、不満をぶつけてきているのだ。
こんな仕打ち・・・・・。

いや、それだけではない! そうする事で、利通が呼び付けた二人を追い返すだろうという事も、計算に入れた上での対応であるのかもしれない。

本当に・・、狡い男だ・・・・。
折角、奥の手まで使ったというのに・・・。
これでは・・、侠耶の思うツボだ!!




 /  / 初回 / 登場人物紹介(別扉で開きます) / 総合目次

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


本館(当ブログ)目次↓
dreamtripbana.jpg
分館目次↓
dreamtripbana.jpg
twitter↓
@bakemogu53

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。