スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

41.晴れ男さん、雨男さん(オマケSS②)

先日『不遜な彼』の藪坂瑛輝が本編に登場致しまたが、それに伴い私の妄想もむくむくと…。ゆえに、ついとしてしまった私の妄想を、オマケSSにてチラリと公開致しますっっ。笑




A)晴れ男と雨男の密談の巻

プロジェクトメンバーの責任者としてCM撮影に立ち会う事になった晴れ男と雨男だが、撮影現場は実に物々しいく、慣れぬ自分達は居場所がない。ゆえに、プロに全てを任せ、スタジオの端にひっそりと控えている。
それでも、芸能人のオーラに当てられて、その感想を漏らさずにはいられない。晴れ男が雨男の耳元にそれをこそっと吹き込む。

「でも、やっぱり・・。本物(瑛輝)は違うな? あのカリスマオーラは凄いもんなんだな!」
「そうだな・・・。でも、どちらかと言えば・・・」
「お前も感じたか? あの敏腕マネージャ・・、あの吝か瑛輝の手綱を取ってるというか、何というか・・・。見た目に反して、凄いよな・・・・」
「そうだな・・。あの藪坂瑛輝があの人には全く頭が上がらないという風に見える・・・」

だが、それは傍から見れば、ここのこのカップルも同じだ! けれども、あの藪坂瑛輝だからこそ、それも新鮮なものに映る。
とはいえ、雨男としては、そのマネージャーの瑛輝に引けを取らない容姿の方に、釘付けとなっていた。

「だが、それだけじゃなくて・・・」
「ああ・・、言いたい事は何となく分かる! 顏だろ?」
「そうだ! その顔だ! 男性に対して言うのは失礼だとは思うが、“美人”というのはああいう人を言うんだな? それこそ・・、”男でも、間違ってしまってしまいそうな”というのは、ああいうタイプを差して言うんじゃないのか?」

雨男はこのマネージャーとは対称的にキリリとしたどこからどう見ても男にしか見えない容姿をしているにも関わらず、同性に言い寄られる事が多い。それが自分の中でずっと腑に落ちないと思っているから出た素直な感想だ!

「まっ、美人だな! でも、俺は”ない”かな・・・」

だが、それを聞いた人が悪い! 晴れ男には雨男しか見えていない。だから、そんな言葉しか返ってこない!
いや、妙に熱の籠った視線まで寄越してくるのだから、困ったものだ!

お、お前っっ、こんなところで、そんな顔して、そんな事を言うなっ!
ご、誤解されるっ!! じゃなかった・・、俺達の関係がバレるっ!
そ、そ、そ、そ、それに、お前はよりにも依って中性的な欠片もないような俺に、何で道を踏み外してしまったんだ?
お前の目は節穴か? いや・・、現実的に老眼がはじまっているとか・・・・・?
”蓼食う虫も好き好き”とはいうが、雨男はそんな誤った疑いまでかける程、中性的とはいえない自分をより好んで恋した晴れ男に、未だに頭を傾げてしまう。

「でもさっ、さっきから思ってたんだけど・・、あれだな? あんなにカリスマオーラをビシバシ飛ばしているのに、あの藪坂瑛輝と・・・。何か同じものを感じる!! 本当、何でかな? 雨宮もそう感じないか?」
「お前と瑛輝がか? なら・・・・、それは・・、ゲイ仲間という事か?」
「いや、まさか・・・。でも、どうなのかな・・・。どうもあのマネージャーに目一杯尻を引かれている感じが、俺を見ているようでならないっ!!」

古今東西、惚れた者の弱みは皆同じ香りがするとでも言うのだろうか? 晴れ男は自らが放った台詞に“そうだ、そうだ”と感慨深げに頷き、持論を肯定する。
よっと、待てっ! しっ、尻を・・、引かれる?
おっ、お前はっっ。おっ、俺がお前を尻に引いていると言いたいのか???
まっ、何故だかその通りだが・・、どちらかと言えばお前が勝手に引かれているのだろうっっ。

「でも、まさかな・・・」

疑念を感じつつも、にわかには信じ難い! 二人の声が訝しげにハモる。


B)藪坂瑛輝×良太の密談の巻

「ん? 何?」
「いや・・。お前さっきから、あの隅の二人眺めてるけど、何かあるのか?」

嫉妬を含んだ苛立った瑛輝の声にも、良太は臆する事はない!
瑛輝と出会った大学の頃には考えられない事だが、今ではすっかり立場が逆転している。いや、荒波にもまれて良太も強くなったというところか?
とはいえ、決して瑛輝に下手に出て欲しいわけではない。もちろん、恋愛の駆け引きをしているわけでもない! むしろ、本来は自分の方が尽くすタイプだと思っていたし、それでも瑛輝と対等であれるなら、喜ばしいと思っていた。
だが、実際はその逆で、瑛輝に尽くされまくっている次第だ。

それも、惚れられた強みというところなのかもしれないが・・・。

思いの外、瑛輝の割合の方が過剰なのだ。
今では、瑛輝の方が何かと下手に出て良太を優先しがちで、甘やかされているのだ!
正直有難い事とはいえ、当初の関係を鑑みれば、信じがたい事だった。

「別に変な意味合いはないよ! それに、スカウトとか、そういう事するつもりで見ていたわけでもないから!!」
「スカウト?」

全く予期しない答えなのか、瑛輝が目を瞠る!

「じゃ、どういう意味で、そんな事言うの?」
「いや・・。お前も含めて、一般人には芸能人以上に端正な顔をしたヤツがいるからな・・。俺もウカウカしてられないって、事!」

それが、芸能人のお株を奪われるというよりは、良太を奪われると危惧した言葉なのだと、良太は正しく理解する。
今は瑛輝から真摯な愛を多分に受け取っているからこそ分かる!
それに、瑛輝の嫉妬を含んだ双眸は、何よりも雄弁だ。あの担当の二人が思いの他良男だから、元々ゲイである良太にとっては守備範囲なんじゃないかと、ヤキモキしているのが良く分かる。下手にあの二人に関心を寄せて眺めていたのは、変な不安を煽ってしまって良くなかったかもしれない。

「別に瑛輝がウカウカしていようが・・、俺に限っては、大丈夫だから!!」
「じゃ、何であんなに見てたんだ!」
やっぱり! 
その剣のある声が、疑念を示す証拠だ。

「瑛輝は元々ノンケだから、分からないのかな?」
「はっ?」
「あの二人もそういう関係なのかなって・・、ちょっと思っただけ!」
「はぁっ!!!」

瑛輝は信じられないとばかりに、驚きを表す。だから、それを鎮めるためにも、良太はコホンと咳払いをした。

「やっぱり、分からなかった? 多分ね・・。でも、黒髪の凛とした方・・。きっと二丁目とかに行ったら、引っ張りだこになっちゃうタイプだよっ!!」
「はぁっ!!!」
一段と驚きの声が大きくなった瑛輝の面前に、しっと人差し指を立てて制する。

「でも、あれがか・・・?」
”男にしか、見えないぞ!”と言わんばかりだ!
だが、実際は人気のあるタイプだ! 人の事は言えないが、バーへでも行こうものなら、ひっきりなしに声を掛けられるに違いない!
だからこそ、瑛輝が元はノンケで良かったと・・。いや、自分のような男が好みで良かったと、しみじみと思う。

「そう! ああいうタイプは、ゲイには好まれるんだ! でも、きっと一人でそんなところへ迷いこんじゃったら、危険だろうね! すぐに騙されちゃいそう!!」
「そんな・・、ものか・・・・・?」
胸焼けでも催した人のように言う。
でも、それくらいの反応の方が、安心出来る!

「でも、彼らにも俺達の事、バレちゃったかな? 二人ともこっち見て、思いっきり引きつった顏してるもんね! でも、自社の製品の宣伝が掛かってるから、きっと下手の事は言えないよね! でも、分らないから、瑛輝のためにも釘を刺して置くべきなのかな・・・」
良太は嫌な予感に思い当たってからというもの、ブツブツと心配しはじめる。
瑛輝としては、”確信を持ってはいないのだろうから、それは考え過ぎだろ?”と思うぐらいの事だったが、マネージャー兼恋人の良太の方は真剣そのものだ。

だが、自分の事を第一に心配をしてくれる良太は悪くない。

それに、こんな事は滅多とないのだから、”しばらくそのままにしておくのも、美味しい”と鼻の下を伸ばす瑛輝だった。
そして、その後すっかりご機嫌となった瑛輝により、良いCMが仕上がったのは間違いなかった。

   …ちゃんちゃん




恐らく商品戦略に貢献してくれた事でしょう!!
という事で、『晴れ男さん、雨男さん』を最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!
お時間がある方は、よろしかったら追記欄にあります後書きも読んで下さると嬉しいです!!

前(オマケSS①-2) / 初回 / 総合目次

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
【後書き】

この作品の最大の苦労と言えば…。
二人とも立派な名前があるというのに、主語で使うのはもっぱら“晴れ男”と“雨男”だったので、文章を書くにも読むにも常に混乱状態でありました。笑

皆さんは、大丈夫でしたか??? 混乱しやすかったですか?

そして、最大の反省点の方はと言いますと…。
やはりBLだというのに、仕事の話やゴルフの話がちょっと多過ぎたかなと思っております。そのために、どうしても焦点がぼやけて、面白味に欠けてしまったんじゃないかと思ってますが、大丈夫でしたでしょうか???

しかも、たまには落ちて這い上がるのもアリかなと刺激を求めてしまった私は、晴れ男をプロジェクトチームから追い出すまでしてしまったので、読まれる方には多少ストレスを与えてしまったんじゃないかと思います!

なんせこちらのコメディ調の作品に関しましては、リアルで苦しい時などにほっと息を付けるような気楽~~に読めるお話を目指しているので、今回はその趣旨からやや外れてしまったんじゃないかと思います!

とはいえ、終わり良ければ全て良しで、大目に見て頂けると幸いです!

そして、作者的には出来心で突然のゲストを登場させて楽しかったのですけど、いかがでしたか?
昨年の作品のキャラ達なので“この人達誰?”と思われた方も多かったのではないかと思いますが、喜んで下さった方がございましたら、幸いです!

という事で、ここまで長々とお付き合い下さり & 日々の訪問や応援して下さり、本当にありがとうございました!!

そして、この三連休のど真ん中に報告させて頂きました新連載『デベソな弱点』ですが(→ こちらの記事)、29日に開始予定となっております!
こちらも読んで頂ければ、幸いです!


PS;最終につき、コメント欄を解放しています。お気軽に感想など、残して頂けると嬉しいです。

前(オマケSS①-2) / 初回 / 総合目次

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


本館(当ブログ)目次↓
dreamtripbana.jpg
分館目次↓
dreamtripbana.jpg
twitter↓
@bakemogu53

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。