22.執着

「!!!」
蒼白だった利通の顏の色が、より一層白みを強くさせる。
転勤を受けようと、断ろうと、どのみち自分は侠耶に捉えられる運命が迫っていたという事だ。
端から逃げ切る事を許されない予定にあった自分は、逐一の行動を把握され、いつその息の根を止めようと、侠耶に虎視眈々と狙われ続けていたのだ。
覆しようのない事実に、目の前が暗転する。

「だが、お前は自から俺の元に帰ってきた。」

侠耶の物言いは“褒めてやる”といわんばかりだったが、利通はこの目の前の男が恐ろしくて堪らない。
「・・・・」
引き結んだはずの唇が、震えて仕方がない。

それに、利通自身、決して自ら進んで帰ってきたわけではなかった。仕方なしの異動に応じてだ。
とはいえ、この今回の転勤がなくとも、利通は確実にこの男に捕まっていたのだ。それは、替え難い事実だ。
そして、利通がその後京都以外のどこへ逃げていたとしも、結果はどのみち同じだった。

利通は、侠耶のいない京都では、自分の思う通りにやりたい事は全てやってきたと思う。
だが、その一方で、心のどこかでは常に侠耶の影に怯えて暮らしていた。遠く離れて見えもしないというのに、その影をずっと取り払う事も出来ずに、過剰なまでに怯えていた。
決して・・、のうのうとはいかなかった・・・。

そして、再びあの交差点で侠耶を目にした時には、今度こそ利通の逃げ道はもう完全に閉ざされてしまっていた。
どの道、自分の前に敷かれているのは、侠耶によって息の根を止められるだけの”行き止まった運命”だけだ!

言うに言われぬ絶望感が、利通を襲う。
その一方で、侠耶が口端先浮かべた昏い笑みを全開にさせる。
捕えたといわんばかりの”捕食者の笑み”だ!!

「利通? 俺は、昔も今も、お前を逃がすつもりなんて、毛頭ない!!」

再び利通の目の前に現れ、余裕を取り戻した男は、静かにそう明言する。
すると、ぞっとした感慨をまたしても内から湧き上がってくる。
良い頃加減蒼白となって、侠耶から少しでも逃げ延びようと、片手の拘束も取れぬままだというのに、悪足掻きして尻をじりじりと後退させる。
だが、ソファーの縁にどんと突き当たってしまえば、それも叶わない! 僅かにも逃げる事さえままならなくなってしまい、万事休すの時を今か今かと待つばかりだ。
それでも尚、逃げ道はないかと、視線を泳がせては辺りを探る。多少諦めが悪くとも、簡単には諦められない。
だが、視界の端で捉えた遠く離れる出入口は、ふいに開く気配さえ感じられない。

ああ、終わりだ・・。俺は、このまま終わってしまうのか!!!

「利通、無駄だ! 俺からは、逃げられない!!」
それは単なる言葉の上だけではないのだと、侠耶は尚且つ態度でも示す。
逃げる利通にすぐさま追い付くと、足の付け根を膝でぐっと抑え込み、それ以上の逃げ道をも絶ってしまう。その圧に、利通の身はスプリングごとソファーに深く沈み込んでしまう。
伸し掛かってきた侠耶の重みを、その部位にいやと感じた。

「いや・・、違うな! 今回ばかりは、お前が泣いても喚いても、止めてはやれない!!」
「今回ばかりは・・・?」
本格的に乾いてしまった口では、もう放つ声も切れ切れにしか出ない。

「ああ、そうだ! あの修学旅行での一夜のようには、いかない!!」

“俺は変わったんだ”と言った侠耶。まさしく、その通りなのだろう。
そして、その侠耶の言葉には、その堅い決意を感じる。
だが、あの修学旅行の一夜での侠耶は、自分の狸寝入りを見透かしていた上で、思い留めてくれたという事なのだろうか?
そりゃそうだ! 寝て誤魔化すには苦しい程、戯事が過ぎていた。
侠耶が敢えて思い止まる事を選んでいなかったなら、自分は確実にあの時侠耶に犯されていた。

だが、それならば、あの時の侠耶はそれほど自分を大切にしていたというのだろうか?
そして、今の枯渇し切った侠耶は、大切に扱える程の余裕を失くしてしまったという事なのかもしれない。

ゆえに、今の侠耶にには、飢えた渇望だけしか残されていないのだ・・・・。

でも・・、嫌だ! それは、嫌だ!
今も昔も・・、俺は侠耶と関係なんか持ちたくはない!!

「侠耶? 俺が、お前だからといって、抵抗しないと思ってるのか?」

侠耶に刃向う者はいない。けれども、追い詰められれば、鼠だって猫を噛む。
それは、利通だって然りだ!
折れそうになる心を、利通は寸でのところでぐっと殺して耐え、侠耶にやいばを剥き出す。




次(R) /  / 初回 / 登場人物紹介(別扉で開きます) / 総合目次

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR