30.執着

利通は侠耶に無理矢理犯され、行為が終わった後も我を失い、茫然とした様子で身をソファーにぐったりと預けている。焦点も半ば定まってはおらず、おぼろげだ。
だが、そんな心非ずの状態になってしまっていても、仕方がない。今まで、頑なに守り続けてきた貞操を、呆気なく奪われてしまったのだ。その喪失感は測りかねない。

さながら廃人のようだった。

しかも、利通の中で渦巻くものは、その喪失感に限らず、屈辱、絶望といったマイナス感情ばかりが、複雑にない交ぜとなっている。大きな負の塊だ。簡単に、立ち直る事は出来ない。
どちらかと言えば、利通は心の強い人間の部類に入ったが、そんな利通であっても、自らを襲ったこの心的負担は簡単に扱いきれるものではなかった。

心身共に疲弊し、何の気力も失せてしまった今は、はだけたままとなったYシャツの襟を未だ掻き合わせる事も出来ずに、その情事の後の色香を残す素肌を、その隙間から惜しげもなく覗かしている。
虚ろな双眸は赤く潤み、そこにもその余韻をしどけなく後に引きずっている。
ゆえに、侠耶に身なりを整えられようが、噛み付くようなキスを施されようが、なされるがまま、何の反応も返せないでいる。
そのために侠耶からあからさまな嘆息が聞こえようと、それを介する気力も全くなかった。

とはいえ、利通は嫌よ嫌よと言いながらも、これ程の快楽を感じたのも初めてだった。

受け入れがたい事実ではあるが、利通の心に反して、身体は与えられる快楽に忠実だった。絶対に受け入れられはしないと思っていた自身を貫き支配した侠耶を、悦んで貪った。抗おうともがく心は、その鮮烈な快楽の前に成す術もなく降伏した。
これ程簡単に、躰が意思を裏切れるものだとは、思いも依らなかった。それならば、相手にテクニックさえあれば、自分は誰とでも体の関係を持ってしまえる事になる。理性の箍が効かぬという事は、恐ろしい事だ。

だが、それこそ利通には、侠耶以外の男に犯される自分は想像すら出来なかった。

侠耶は全てが整うと、半ば廃人となった利通を肩に担ぎ、店を出る。そして、利通を成すがままに黒塗りの車に押し込むと、その車はその場から静かにどこへともなく滑り出した。

一体、自分はこのままどこへ連れて行かれるのか?

もう利通には抗う気力は、僅かにも残っていない。侠耶の意のままだ。
利通は大人しく侠耶の肩に身を預けては、深い絶望のままに項垂れさせる。

あたかも、ここで人生が途切れてしまったかのようだ。

だが、運命というものは、利通が考える以上に過酷なものだ!
それで終わらせてくれるような生易しい人生など、用意されてはいない。

利通の前には、酷なだけのレールの続きが、しっかり脈々と敷かれていた。

   * * *

侠耶の生家である本宅に連れてこられた利通は、絶望と体力消耗の末に疲れ果て、着の身着のまま通された客間で眠りに落ちていった。

とはいえ、この本宅も、現在は侠耶の拠点とする棲家ではない!

侠耶は現在主流となりつつあるITヤクザのといえる身の上で、平素は青年実業家の顔とヤクザの若頭としての顏を二つ持って生きている。ゆえに、普段多角的な商売を手広にし、多忙な日々を送っている者としては、この本宅は些か不便だ。
だから、侠耶は現組長であり実父親が住まう本宅とは別に、生活の拠点となる棲家を構えていた。それこそ、そのマンション経営自体をも執り行っているのだから、一石二鳥だ。

だが、久しく行動を別にしていた利通には、そんな事など知る由もない。ゆえに、本日侠耶が意図して利通を本宅に連れ帰ってきた真意など、分かる筈もなかった。

利通は翌朝見慣れぬ部屋で目覚めると、体躯の良い舎弟の一人に、有無を言わせぬままに抱えられ、風呂場まで連れて行かれた。そして、だだっ広い浴室に、”汚れを洗い落せ”とばかりに一人押し込められると、その舎弟はあっさりとその場を立ち去った。
利通は、悲鳴を上げる体を押して、何とか入浴を済ませた。

命じられるがままに頂いた風呂ではあったが、ゆったりと癒される時が一刻でもあったのは、利通にとっては唯一の救いだった。

だが、当然の如く用意された料亭級の食事を、利通は頑なに拒んだ。昨日の無理強いで、内臓をせり上げられたような圧迫感が未だ払拭されず、一切の食事が喉を通らないのだ。停止したままの消化管を抱え、食欲など湧く筈がなかった。

だが、それが侠耶の癪に障ってしまった。




 / 前(R) / 初回 / 登場人物紹介(別扉で開きます) / 総合目次

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR