46.執着(R)

大々的なRシーンではありませんが、折り畳まさせて頂きます!
BLに御理解があり、年齢を満たされている方は、「続きを読む」にてご覧下さい!

ブログランキング・にほんブログ村へ

それに、自分が思っている以上に、この体は侠耶に溺れている。
シコリとなって現れた熱病が利通を侵し、混沌の淵へと追い立てていく。
欲して、焦れて、浮かされて・・。
利通は、侠耶の背にしがみ付いた手を更に深く回し掛けて、その身を引き寄せる。
侠耶の顏を覗き込む己の双眸は、熱く、甘く爛れて・・。侠耶を誘っているかのようだ。

抱いて・・、抱いて・・、抱いて・・・・。

侠耶は驚いて、全ての動作を止める。
いつもは涼しげで酷薄なその眼にも、今は熱い焔を滾らせて、自らの想いを雄弁に物語る。

ああ、そうなのか・・。そうなのだ!!
侠耶は、俺に執着する以前に・・・・。
俺に・・、惚れている!!!

今更ながら、この簡単な心の根源に気付く。

侠耶の心の根源には、利通への一途な想いがあった。
それは、単なる“執着愛”ではなかった。もちろん、“固執”でも、それが惑わせる“疑似愛”でもない。その本質は、直向きな恋心だ。
普通なる人の愛し方が分からない侠耶が、その想いを消化し、形や方法はどうであれ、何とかその想いを伝えようと、侠耶なりにその愛を一心に捧げてきたのだ。

侠耶は・・、いつも利通(ジブン)を、心から求めている・・・。

だが、利通も自分のプライドを守るために、必死だった。だから、つい侠耶の強い想いに抗った。
そして、それでその反動が我が身へと否応なく返ってくれば、こんな単純明白な真実ですら、容易に見失った。いや、執着の激しさやその存在自体を拒否する事ばかりに捉われて、見ようともしなかっただけかもしれない。
現に、利通は未だに侠耶という人間を理解する事が、どうにも出来ない。

だが、今まで侠耶の執着を忌み嫌い、ずっと恐れてきた利通にも、ようやくその想いの真価が少しずつ伝わってきた。
だから、あの自分の対する侠耶の無理強いの数々も、なかなか屈しない自分への当て付けからではないのだと、今では良く分かる。そして、この脈々と続く拘束も、侠耶を裏切るようにして逃げた報復でなければ、執着心がさせた戯事でもない。

心から愛し、欲しているからこそ、それが強く出てしまうだけなのだ。

侠耶の想いは、いつでも純粋だ。
そして、そんなシンプルなものでいて、確固たる愛の顕れだった。だから、それには一切の陰りも揺らぎもない。

利通(ジブン)の一挙手一投足に、一喜一憂する男・・・。

それが愛に溺れる男でないなら、何だというのだろうか?
利通は快楽に翻弄される振りをして、侠耶にしがみ付く手に力を込める。

「利通・・・」
「んっ・・、んっ・・・・、っはぁ」
「・・、利通・・・」
「・・・んんっ」

侠耶の口から感慨の籠った呟きが漏れる。

今日に限らず、利通が抵抗さえしなければ、侠耶は優しく抱いてくれた。
それに、行為が終わった後も、身をいつまでも愛おしそうに添わせると、利通の身体を確かな力でぎゅっと包み込んでくれた。
この感情表現の乏しい男が、精一杯の表現力で、利通に愛を語っていたのだ。

高校の修学旅行のあの夜・・。
初めて侠耶の本宅に連れて行かれた時の事・・。
数えきれない情事の後で、侠耶は利通の心に触れようと努めてきた。
侠耶に似せぬ健気さだ。

そして、これが人の愛し方を知らない男の”不器用な愛し方”だった。

香山が利通に語ったように、侠耶は利通に向き合う時だけは、単なる一人の男に戻れる瞬間があるのかもしれない。
そして、侠耶の心の拠り所は、利通(ジブン)のところしかないのだろう。

ああ、侠耶は自分に恋し、まこと愛してる・・・。

だが、至ったこの結論に、戸惑いないとは言えない。そして、この想いを受け入れられるかも、別の次元の話だ。
それどころか、今の利通には、その強い想いに馴染んで行けるかどうかの、目途も立っていない。

とはいえ、その覚えに、自らの心がさざ波立ったのも確かだ。

利通は唖然として、瞼を閉じる。
だが、今は深く考えている余裕はなかった。与えられる欲望に付いていくので、精一杯だった。
侠耶が利通の身を求めて、心を求めて、怒涛の突き上げを施す。腰を左右に大きく揺さぶられて、利通は必死に侠耶の背にしがみ付く。そして、途絶える事のない喘ぎを上げる。
意識もろとも、彼方へと吹っ飛ばされしまいそうな情熱だった。
利通は度々揺さ振り落とされそうになりながらも、いつもとは違う何かを感じ取り、身体だけでなく心も揺れ動かすのだった。

そして、この心の波紋が、二人の間で次第に何かが変わり始めるキッカケとなるのだった。

   * * *




次47 / 節分企画・番外漫画(別扉) / 前45(R) / 初回 / 登場人物紹介(別扉) / 総合目次

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR