スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29.デベソな弱点

ゆえに、正善のアレのテクニックも、一朝一夕についたような付け焼刃ではない事も、良く分かった。

恐らく、正善は大学デビューと言わず、早い内からそちらの腕を磨いていたに違いない。この歳で、やけに慣れ過ぎている。
だから、SEXには困らない正善が、わざわざ梓に近づいてきたのは、本人が言う通り、梓の行動が余程目に余ったからなのだろう。疑う余地もない。

だから、梓には気がない事も、良く分かる。

梓は、昨日も自分のいる目の前で、正善に女が迫っていく様子を、いやと見せ付けられた。
それを正善がどんなに素気無く追い払おうと、次々と寄ってくるから仕方がないとはいえ、梓は勝手にそれをどうしようもなく妬いては、自分の正善への想いを再確認させたれた。
だが、梓はどんなに可愛くっても、所詮男だ!

あの香水の香りをプンプンと匂わせているお姉様方には、逆立ちしたって敵わない!

豊満な胸もなければ、子供も産めない!
それに、男同士だと・・・、世間的にも“良し”とは思われない!
だが、どれ程足掻こうと、諦めようとしても、正善に惚れている事実は変えられない!

だから、この頃・・・。

これが“恋煩い”というものなのだろうか? すっかり食が細くなって、ウエイトがめっきり落ちてしまった。
梓も、“それではダメだ!”と、一応食べようとするのだが、その食べ物もとんと喉を通っていかない。

だから、正善はすっかり痩せ細った梓に、怪訝な顔を向ける。

「おいっ、お前・・。最近、ちと痩せ過ぎじゃないのか? もうちょっと食べろっ!!」
「・・・・」
「おーーいっ、聞いてるのか? これ以上ガリガリに痩せたら、いくらお前でも、魅力がなくなってしまうぞっ!!」
「・・・・・」

まさか自分が正善に恋し、勝手に悩んで食べられず、こんなに痩せ細ってしまったとは、口が裂けても言えない。
自らの高いプライド以前に・・。

俺からの恋心なんて、正善には迷惑なだけだ。

「もしかして・・、お前の事だ! 今、食費もないのか?」
正善は梓の気も知らず、見当外れな事を言う。
「・・・・」
「そうか・・。俺が、”男どもにたかるな!”と、言ったからか?」
「そんな・・、事・・・・」
「違うのか? だけど、お前はもう! そんなバカな事なんてしていないんだろ? それに、だ! お前の事だから、未だにバイトもしていなさそうだしな・・・」

正善が言うように、梓は確かに男にもたかっていなければ、バイトもしていない!
けれども、食うのに困る程、カツカツの生活もしていない。
そもそも、食に対する欲がない。そして、男にしては、食べる量もかなり少なかった。
だから、そんな梓一人の食費なんて、タカダカしれている!
咄嗟に体の良い理由を言えなかった梓も梓だが、正善は自らの推察に至極納得している様子だった。

「本当に、仕方がないヤツだな・・。良いか? 俺が当面の食費は出してやる!! だから、今日のところは兎に角、札(コレ)で腹一杯食べてこい!!」

正善は梓の手に壱万円札をポンと渡す。
これは純粋に正善の親切心から出た言動だと、梓も分かっている。けれども、梓にはどうしても受け入れ難い申し出だった。
梓は思わずカチンときて、正善の厚意を拒むかのように、固い握り拳を作る。

正善とは・・、ギブ・アンド・テイクの関係にはなりたくない! でも・・。
所詮、正善にとって俺は、その程度の相手なんだ!!
そう・・、自分は更生させるべき子供であって、決して恋愛対象ではない!

だから・・・。どんなに想いを寄せても、恋人にはなれない!!!

「ちょっと・・、待って!! 我儘姫のオレに、貢がないんじゃなかったのか?」
「貢ぐ? これは・・」
「じゃ、何? 憐み?」
「・・・・」

梓の剣幕に、さすがの正善も圧倒される。

「それとも、正善はこう言いたいの? 正善とのH(アレ)も・・・。確かに正善の好意に甘えたレクチャーで、愛あるものじゃないかもしれないけど、それ以前に売春のような“お金の関係”だって・・。そういう意味?」

俺は・・。“お金”じゃなくて、正善の“愛”が欲しい・・・。

「そういうつもりで、言ったわけじゃない!! だから、俺は、そのっ・・」
「もう、何も聞きたくないっ!!」
「・・って、おいっ! 俺の話も、最後まで聞けーーーっ!!」
「聞かない、聞かない! もう何も聞きたくないっ!!」

梓は両手で耳を塞ぎ、頑な姿勢を貫く。
それでも正善は、聞く耳を持たない梓に、必死にアレコレ弁明する。
今まで目にした事もない慌てぶりだった。

「って、おい! 待て!! 梓っ、待ってくれっっ!!!」

梓は正善が止めるのも振り切って、一目散に家へ逃げ帰ったのだった。

   * * *




 /  / 初回 / 荒筋(別扉) / 総合目次

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


本館(当ブログ)目次↓
dreamtripbana.jpg
分館目次↓
dreamtripbana.jpg
twitter↓
@bakemogu53

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。