41.デベソな弱点(絵あり)

随分前に落書きしたものですが、絵があります!
いつものように、文末に貼付させて頂きましたが、画像がやや大きかったので、サムネイル表示となっております。画像の上でクリックして頂ければ、拡大版になりますので、よろしくお願いします。




梓はその言葉だけでは物足りず、正善の頼もしい体躯にぎゅっとしがみ付く。
それを正善は、「参ったな・・。そんな事を言ってくれるのか? 本当にか?」と驚き混じりの照れ混じりで、飛び込んできた梓の体を、鷹揚に受け止めてくれる。
暖かな正善の体温が、強張った梓の四肢に、本来の安らぎを与えてくれる。

(ああ、正善・・。好き・・・)

だが、それも束の間! その安らぎと引き換えに、先程の丹羽に無理強いされようとした恐怖心が蘇り、梓の胸の内に広がっていく。
安心したからこその恐怖心なのだが、今になって、心臓までもがバクバクと早打ちし始める。

「でも、でも、正善っ!!」
「何だ? どうした?」
「正善っ・・、怖かった・・。あんなのっ、怖かった・・。怖かったよ・・・・」
「梓・・・」

強がっていても、無理強いされる事に、思いの外恐怖を感じていたのかもしれない。
ほっとした途端、気が緩むだけでなく、梓の涙腺までも緩んでしまった。堰を切ったように溢れ出てくる涙に、梓自身も制御出来ない。
見た目は華奢でも、案外気は強い方の梓は、そんな仰々しいまでの自らの嗚咽が恥ずかしい。正善に顔が見えないよう、身を胸深く埋めさせて、その顔を隠す。

「おいっ、梓っ!! ・・弱ったな。でも・・・・」

正善は、さも自らの身に降り掛かった痛手であるかのように、眉間に深い縦皺を作り、苦悩する。そして、梓を抱く腕にも、ギュギュっと力を込めた。

「怖かったな、怖かったな。でも、もう大丈夫だ!!」

そして、梓が落ち着くまでの間、正善はそのまま腕に抱き留めながら、その大きな温かい掌で、背中を何度も優しく摩ってくれた。
自分よりも大きな体躯だというだけでも、心休まるものなのに、それが正善の腕だと思えば、より一層の事、梓の心は癒された。

そして、ようやく梓に落ち着きが戻ったところで、正善はその身を一旦引き離し、衣類の乱れを整えてくれた。
普通なら気気恥ずかしいそれも、あんな事があった今では、素直に厚意として受けられるものだ。
そんな風に、すっかり大人しくなってしまったじゃじゃ馬娘に、正善は相当な心配を焼きながらも、自らの思いを打ち明けてくれた。

「まさか、お前が俺の事を好いてくれているとはな・・。思いも依らなかったが、嬉しい事だな・・」
「思いも依らなかったって・・。正善こそ・・・」
「俺か? こんな可愛いお前に、俺が惚れないわけはないだろ?」

正善は、バツの悪そうな笑みを浮かべる。

「そんな・・、全く・・・。そんな風には、思えなかった!!」
「そりゃ、そうだ! アイツが言った通り、お前と俺とじゃ、“美女と野獣”にしかならない! 俺だって、その辺のところは、良く弁えてるつもりだ!!」
「弁えてるって・・。正善は“野獣”ではないだろ? 単に“ズボラ”な“ヒゲおやじ”なだけで・・・。格好良ければ、モテるだろっ!!」

そんな風に自分を卑下する正善をフォローしたつもりで、思わずとんでもない事を口走ってしまった。
しまったと思った矢先に、手で口を覆っても遅い!
(うっ、これじゃ・・。焼き餅? いや、下手すりゃ、ノロケじゃん!! こんな筈じゃ・・・)
正善は、そんなドツボに嵌った梓の様子が可笑しかったのか、豪快な笑い声を上げた。

とはいえ、恥かしい思いと引き換えに、梓だけでなく正善にも、“いつもの自分”が戻ってきたように思える。

「格好良いとか、モテるっていうのは、どうかと思うが、“ズボラなビゲ”っていうのは、言い得てる! その通りだ! 認める」
「まっ、正善っ!!」
「だけど、そんなヤツに好かれて、本当に良いのか? お前には、迷惑なだけじゃないのか?」
「そんな・・・」
「だが、俺はそう思ってたから、お前の負担にならないよう、今まで敢えて出来るだけ普通っぽく振る舞うようにしていたんだ!!」

けれども、それを聞いたら・・。
今更とはいえ、そのために梓がどれ程悩まされたか!!
アホらしくて、悔やみきれない。




debeso003-vert.jpg
(拡大する方は、画像の上でクリックして下さい!)

こちらの絵↑は、上記にもありますように、随分前に落書きしたものでして、こちらに文章に対応する挿絵というわけではありません。
とはいえ、全く関係ないものでもなく…。実は、こちらの文章を書くのにあたって、イメージ作りのために落書きしたものなのです。
ですから、文とは異なる部分も多少あるのですが、折角なので貼付してみました!

 /  / 初回 / 荒筋(別扉) / 総合目次

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


本館(当ブログ)目次↓
dreamtripbana.jpg
分館目次↓
dreamtripbana.jpg
twitter↓
@bakemogu53

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR