スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

67.執着(R)

こちらは、BLのRシーンとなっております!
ですので、文章を折り畳んでおります!
BLにご理解があり、年齢を満たされている方のみ、「続きを読む」にてご覧下さい!

ブログランキング・にほんブログ村へ

だが、そうなると、侠耶に開発され味を知り尽くした利通の内壁は、水を得た魚の如く侠耶の指に絡み付き、より鮮烈な刺激を欲してうねり狂う。

「あっ、あっ、あんっ・・。はぁっ、んんっ・・」

利通を良く心得る指が、容赦なく中を掻き乱す。
その意地の悪い指は、抜き差しするのに、利通の要所を狙い、的確にそこを穿ち上げてくる。
だから、悲鳴にも似た嬌声が、利通の口から否応なしに上がる。

「んぁっ・・、ぃっ・・」

だが、いくらその声を噛み殺そうとしても、我慢ならない。
この苦しいぐらいの鮮烈な快楽を遣り過ごすのには、それに構っている余裕がない。利通は、掠れた声をまた一つ上げる。

「ふっ・・、ぅぁ・・・」

それに、これ程になってくると、面前で凌辱されるこの行為も、もはや嫌だという思いだけではなくなってくる。
頭の天辺まで血が駆け上がる程の羞恥を感じる反面、少しでも気を抜こうものなら、この悦楽に危うく呑み込まれてしまいそうだ。
利通は、鮮烈な悦びに内壁を打ち震えさせながら、ペニスをもバウンドさせた。

だから野崎は、より一層艶めかしくなった利通の姿に、益々落ち着かない気分になって、追い詰められる。
自らの心をどんなに言い聞かせても、手で自身をキツく戒めても、猛りの勢いは増すばかりで、どうにもならない。
見るからに、前がパンパンに張り詰めて、二進も三進もいかない状態となっている。
だからか、野崎はそんな欲望に負け、ついにスラックスの中に手を忍ばせる。
直に触れれば、そのもどかしい思いから解き放たれるのか、直ぐに頬の筋肉をだらしなく緩ませた。

「・・んっ」

しかも、利通の姿をおかずに、一丁前に自らもその凌辱行為の一員に加わった気になるのか、服の下で密かに愉しむのであっても、侠耶の指の動きに自らの動作を重ね合わせ、慰める。

「ふんっ、んっ・・」

だが、利通へのいたぶりが、指に替わって侠耶自身となり、深く中を犯しはじめると、それでは追いつかなくなり、野崎はスラックスの窓から男根をついに抜き取った。そして、皆の前で堂々と自身を扱き始める。

「くっ・・、ぁっ・・・・」

生まれて初めて、同性である男をおかずに、手を動かしているというのに、却ってその非日常が野崎を興奮させるのか・・。いや、普段の利通からは想像すら付かないその色香に、すっかりと参ってしまったのかもしれない。野崎は憑りつかれたように、吐息を上げながら、必死になって手を動かす。

「ぅ・・・、っっ・・」

侠耶が利通の腰に手を介添え、その身を深く引き下ろすと、その繋がりが強固になって、利通はまた艶のある声で啼いた。
「あっ、ああっ、んっ・・、侠耶っ。やぁっ・・」

すると、野崎もまた、それに合わせて、自らの手を大きくスライドさせた。
「ぁ・・・、んっ・・」
本当に、野崎は自身を慰める事に、無我夢中だ!

そんな姿を横目に入れた侠耶は、涼しい顏で野崎に話し掛ける。

「野崎さん? 貴方も、これを見て、一人で抜いていても、ちっとも愉しくはないでしょう?」
「えっ・・」

野崎は途端に手を止め、親に悪戯を咎められた子供のように蒼白となる。
だが、侠耶がそれに構う筈はない。

「だが、ここには、もう一人居合わせる者がある。折角の機会だ! どうでしょう? 貴方も彼で、存分に愉しめば良い!!」
「ぃっ・・・」
「遠慮する事はないですよ! それに、彼も確かな腕の持ち主ですから!!」
「えっ・・」
「だから、仁科! お前が、この野崎氏の面倒を見てやれ!!」
「ええ、分かりました! もちろんです!!」

侠耶は、戸惑う野崎を無視して、この場に同席させた仁科に、続けざま命を下した。
すると、仁科は類に漏れず、その命に忠実に応える。
いや、単に従順なわけではない。明らかに、この状況を存分に愉しんでいる。
ゆえに、仁科はこうして侠耶のおこぼれに預かり、またしても旨い蜜を吸う事となるのだ。
しかも、仁科はそう言うが早いか、野崎のスラックスを下着毎ずり下げると、猛ったペニスを握り込む。

「わっ・・。んんーーっっ」

最初こそ、難色を示した野崎だったが、直ぐ仁科の手管に堕ちてしまう。
すると、後はもう! 仁科のなすがまま、その身をすっかりと委ねてしまった。

「んっ・・」

それに、他人の手を借りると、その快楽も増すのは、もちろんの事! より非日常色が濃くなって、それが野崎を興奮させた。
仁科の確かな手の動きに増した悦楽に、野崎は肌をピンクに染めながら、腰を振る。

「あっ、あっ・・」

だから、いつしかこの密室は、利通と同僚の喘ぎ、精液の芳香で、一杯になっていた。




次(R) / 前(R) / 初回 / 登場人物紹介(別扉) / 総合目次1(最新作~) / 総合目次2(旧作品)

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


本館(当ブログ)目次↓
dreamtripbana.jpg
分館目次↓
dreamtripbana.jpg
twitter↓
@bakemogu53

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。