55.デベソな弱点

「いや・・。梓が覚えていなくとも、当然だ! 驚いただろ?」
「驚いた! 驚いたけど、覚えてる! い、今、思い出した!!」
「なぬ? 覚えてる??? 本当にか?」

梓の言葉に、正善が至極嬉しそうな表情になる。

「うん。でも、今と昔じゃ、見た目が全く違う。俺とぶつかった他校の上級生は、こんなヒゲヒゲの、ズボラ男なんかじゃなかった!!」
「まぁ、そりゃ、そうだな? 高校には、校則がある!!」
「へっ、校則・・? 確かにそうだけど・・」
「一応、これでも真面目な学生だったんだ! 校則は、ちゃんと守っていたぞ!! しかも、俺は曲がりなりにも生徒会役員だ。そうは羽目も外せないだろ? 風紀のヤツらに、いびられるっっ。だから、俺もその当時は、それなりにちゃんとしてたさっ!!」
「ちゃ、ちゃんとしてた・・・。そうだね! 正善はズボラだけど、誠実だから・・。でも、あはっ・・」

(さ、詐欺だ!!)

今のズボラさ加減と言えば!! ・・当時の見る影もない。
何で、こんな事に・・。もったいない!
しかも、あの頃の正善は、あれ程の身長があっても、まだ成長過程の途中だったのか、更にその背も伸びて、今は185cmも超える大男となっている!!

とてもじゃないが、こんなむさくるしい男が、あの王子様だったなんて、思えない。

ともすれば、梓の記憶の中で、相当に美化されているのだろうか? いや、違う!!
やっぱり、その優しげな目はそのまま。だけど・・。
アホらしくて、梓は力無く、がっくりと肩を落とす。

あーあ、・・何? もしかして俺は、この男に知らず知らずの内に二度も惚れたの? そうなの?
・・っとにぃ!!
正善は、今もトレードマークとなったズボラな塊、無精ヒゲをさすっている。
でも、やっぱり・・。イメージと違うよな・・・・・。

「じゃ、じゃ! 何で、その時に、アプチーチしてくれなかったんだよ!! 言っておくけど、正善っ!! 俺も、あれが“初恋”だったんだからなっ!」
「えっ、何だって!!! お前の“初恋”の相手が、俺なのか? そんな事があって、良いのか?」

正善は梓に負けず劣らずの驚きを見せる。
間抜け面もよいところだ!

「そっ、そうだよ・・・・。だから、当時はいわゆる“イケメン”だった正善の性で、俺は、俺は・・。相当なイケメン好きになっちゃったんだからっ!!」
「なぬっ!! ありゃ、俺の性だったのか? みーーんな、俺が悪かったのか?」
「そうだよっ!!」

二人して、頭を抱える。

「でも・・、さっ? 当時迫ってくれていても、デベソが恥ずかしくて・・。そ、そりゃさ、フっていただろうけどっっ」
「へっ? ・・なら、やめておいて正解だったな?」
「・・・、うーーん」
「だな・・。これでも、俺は繊細な性質なんだ!! そうと知らずにフられていたのなら、立ち直れなかっただろうさっ。俺は、この前お前にああ言われただけでも、相当ショックで、相当なダメージを被ったんだからっ!! だろ?」
「うん、三日三晩、寝込んだんだよね?」
「そうさ、風邪だって、滅多と引かないのにさっ・・」
「うん・・」

正善のにっかりとした笑みに応えて、梓も満面の笑みを浮かべる。

「けど、何だ・・。何で、お前にアプローチしなかったってか?」
「うん!」
「そりゃ、そうだろ? さすがの俺も、別の系列の中等部に通う相手に、おいそれとは手を出せないだろ? 気が引けるっ!! しかも、その当時の俺とお前とじゃ、見た目に大人と子供位の差があった。・・だろ?」
「確かに、高校と中学じゃ、ハードルが高いよね・・」
「さうさっ! もちろん、20歳や30歳超えた大人だったなら、3、4歳の年の差なんて、大した事じゃないかもしれない。だが、あの当時にしてみたら、はっきり言って、その年の差は犯罪みたいだった。違うか?」
「でも、今が問題ないなら、その時だって良くはないのか?」
「まぁ、な! だけど、普通はそんな年上の男なんて、見向きもしないだろ?」
「そ、そうかな・・・・???」

何故か、正善はそういうところだけ小心者だ!
世の中は、意外に年上に憧れる者が多いのではないだろうか?
そうでなければ、親子ほど年の差がある夫婦を目にするような事も、無い筈だ!

「まっ、はっきり言えば、自信もなかったわけだけど・・。何と言っても、高3の受験生だったからな?」
「そうだね! そりゃ、恋より勉強・・。というか、恋愛どころじゃ、なかったよね?」
「いや、その気があるだったら、両立しようと頑張れば良い事だ! だが、皆が必死に勉強している中、俺一人、恋だの、愛だのって、浮かれているわけにはいかないだろ?」

そうかもしれない。
海王寺学園も、有数の進学校だ! とてもじゃないけど、そんな時期に、恋愛にうつつを抜かしていられるような雰囲気ではなかっただろう。




※ このお話は、年の差カップルを推奨したものでも、否定したものでもありません。何卒、ご了承下さい!

 /  / 初回 / 荒筋(別扉) / 総合目次1(最新作~) / 総合目次2(旧作品)

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


当ブログ目次↓
dreamtripbana.jpg

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)






サイト
dreemtrip.gif

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR