56.デベソな弱点

「でも、俺も健気だよな! わざわざ宝聖系列の大学を、第一志望校にしたんだからな!!」
「えーーーーっ! それで、わざわざ、だっ、第一希望に!!」
「そう、健気だろ?」
「じゃっ、じゃぁ!! 正善が大学生になったら、直ぐにでも、俺にアプローチしてくれるつもりだったの?」
「いや・・・」
「何で? してくれたら、良かったんじゃないかっ!!」
「”何で”、”してくれたら”って、そんな簡単に・・」
「そうだよ! 俺は二度と会えないと思って、諦めてたんだからっ!!」
「だけど、俺には自信がなかったんだぞ? それに、それでもまだ、犯罪の域かなっと思ってだな・・。うーーん」

正善が唸る。
確かに、同じ舞台に立たないと、ハードルが高いものかもしれない!
もちろんデベソを度外視して考えた場合だけど、もしたまたまその当時に、梓がイケメン正善をこの構内で見付けて、下剋上していたところで、同じくその年齢差が障壁となって、アプローチするのはとても難しかったに違いない。
年齢差は、思うよりもずっと、大きな壁となりうるものだ。

「とはいえ、俺とお前じゃ、今でも十分に犯罪か・・・」

実年齢より老けて見える正善と、実年齢より若く見える梓とでは、見た目だけでいえば、そんな風に見えなくもない!
だけど、そんな事を言っていたら、いつまで経っても正善の恋人にしてもらえるような年齢が来ないように思える。
それに、実際、待てない!!

「そ、そんな事ない!! たった4歳で犯罪だというんだったら、一回りも二回りも離れているような年の差カップルはどうするんだよっ!!」
「そりゃ、そうだ! 下手したら、自分の親と同級生だからな・・・。でもさ、それでも一度見ただけの相手から、言い寄られたら困るだろ? 思い込みだけなら、ストーカークラスだしな! だから、大学に上がってからは、よりハードルも高くなったものさ。でも、それはそれで、良かったかもしれんな! このヒゲ面で迫ったところで、あえなくお前にバッサリとフラれていたみたいだしなっ!!」

正善は、これ見よがしに無精ヒゲを摩りながら、鷹揚に笑う。

「そんなの・・、分からないだろ? だって、今の正善に、惚れたんだから!!」
「だな? “結果オーライ”っていうヤツか・・」
「そうだよ! それに、正善は俺の好みを知ってたんでしょ? 無類のイケメン好きだって!!」
「まぁ、な!」
「ほら・・。だったら、自信ないとか言ってないで、身なり整えて、俺に迫ったら良かっんじゃないか? そうは、思わなかったのか? 本当、そうされていたら、年の差なんて関係なく、直ぐにでも正善にイチコロだった筈だよ!!」
「イチコロだった? そりゃ、損したな・・・、って!! お前はそのデベソがあるんだから、好き嫌い関係なしに、フったんだろ?」
「まっ、そ、そうだろうけど・・・・」
「おいっ! ・・怖いなっっ」
「で、で、でも!! フっても、目一杯惚れちゃうっていうか・・・・、うーーーん」

正善の言う通りだ! 心とは裏腹に、すげなくフっていたに間違いない!
それに、ここで仮定の話ばかりしていても、仕方がない!
早い実りではなかったかもしれないが、こうして正善と晴れて恋仲となれたのだから、“結果良ければ、全て良し”だ!

「それに、俺の方も取り繕った俺を好きになってもらうよりは、等身大の俺を受け入れてもらえる方がどんなに良いか・・。だから、仮に身なりを整えてアプローチして、お前と付き合える事になっていたとしても、自分に無理してりゃ、いつかは綻びが出る! どうせ長続きなんて、しなかっただろうさっ!」

そうだ、自然体が一番だ!
梓だって、正善といると落ち着くのは、そうだからだ。
それに、そんな本当の自分が素直に曝け出せるというのは、本当の意味で“近しき存在”! 寄り添えてる証拠なのかもしれない。

「正善!!」
「だろ? そんなつまんない理由でお前にフラれたんじゃ、積年の想いを抱替えていた俺としちゃ、相当凹む事になっただろうよ! だから、梓がまんまの俺に惚れてくれたっつーのなら、これって事ないめでたい話だ!!」
「うん!!!」

本当、同感だ!

「・・あれ? でもさっ、“俺に受け入れられる自信もなかった”って言うんなら、それこそ何で今更になって俺に迫って来たんだよっ!!」

突如として、新たな疑問が浮かび上がる。




※ このお話は、年の差カップルを推奨したものでも、否定したものでもありません。何卒、ご了承下さい!

※ 先日申しておりました次の連載ですが、ようやく目途が立ちそうになってきました。という事で、こちらの連載が終了しましたら、報告させて頂けると思います。

 /  / 初回 / 荒筋(別扉) / 総合目次1(最新作~) / 総合目次2(旧作品)

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


本館(当ブログ)目次↓
dreamtripbana.jpg
分館目次↓
dreamtripbana.jpg
twitter↓
@bakemogu53

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR