スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

80.執着

※ こちらのお話はフィクションです!
  団体名等も創作になります。
  仮に実在する事がありましても、全く関係ありませんので、何卒ご理解をお願いします。




禿げデブの男は、名を郷田という。

この郷田も、かつては錦織組と同じ、関東山竜会系に名を連ねる小さな組のボスだった。
だが、昨今の世の中は世知辛い。商才のない郷田では、組の者を率いていくだけの力はなかった。
それこそ、微々たるみかじめ料如きに頼っていては、到底組の活動資金には及ばない。
そこで郷田は、脱法ハーブの売買をはじめ、裏ビデオの制作等、様々な違法行為に手を染め、かなりの荒い稼ぎをしていた。

特に資金繰りの主軸に据えた脱法ハーブの売買は、街角販売に加え、ネット販売も行った。そのおかげで、門戸を広く、手軽に売り買い出来たために、若者達を中心として、瞬く間に服用者が広がった。
けれども、そうした者達が増えれば、次々に不都合事も起きてくる。それらの者達が、幻覚や意識障害が引き起こして、巷を騒がせるような不慮の事故や事件が相次いで起きた。
もちろん、そのために中毒症状に陥り、人格崩壊してしまった者も多い。

だから、それが元となって、郷田の組に警察の足が付く事となった。

直ちにガサ入れとなった郷田の組は、当の本人は上手くその追っ手から逃げおおせたものの、多くの構成員がしょっ引かれ、まさに組は崩壊寸前となった。
当然、郷田は山竜会に泣き付いた。
だが、その当時から商才があり、発言力のあった侠耶が、他の組幹部達の前で、郷田の訴えを率先してはね退けた。
だが、それだけなら、それらの者達も同様の意見だったかもしれない。
けれども、侠耶は無能でお荷物な郷田を快く思っていなかったから、その失態を強く言及し、無情にも山竜会から”破門”という形で、厄介払いするよう差し向けたのだった。

ゆえに、孤立無援となった郷田は、侠耶に対し只ならぬ恨みを抱いているのだ。

だが、弱体化した郷田には、直ぐには侠耶に報いる力はなかった。もちろん、自分の手を汚す程、肝の据わった男でなかったからだというのもある。
そう、この郷田は強かで狡くとも、器の小さい男なのだ。
だから、郷田は侠耶への報復に時間をしっかりと費やした。
元構成員の残者を中心に、数年掛けて暴力団もどきを再建すると、変わらずの違法取引で活動資金を稼ぎ、徐々に力を取り戻してきた。

だが、本質的な人間性や能力は、変わらない。

上にのし上がって行くだけの実力もなければ、古くからの構成員の大方を獄中へと失っている今、人望の薄い郷田が新たな仲間達と厚い信頼関係をそう築ける筈もなく、そのほとんどが金で繋がっているだけの薄っぺらい関係だった。
心から郷田に付いていくような仲間は、今や一人もいない。
だが、決して見くびっているわけではない。それなりのところもあるのだ。

郷田は、人一倍強欲で、強かな男だ。ゆえに、成り上がる意欲だけは、殊の外旺盛だった。

だから、今も関東竜山会と対立する睦友会の傘下に収まろうと、先方に粉を掛けている最中だった。
だが、郷田自体に、吸収するだけの価値がない。その上、容易には信用出来ない男だ。だから、睦友会側も真剣には取り合わず、この折衝が難航していた。
ゆえに、郷田はそういう意味でも、竜山会で幅を利かせている侠耶に揺さぶりを掛けて、その実力を睦友会に示したいところだった。

そんな中、見付けた侠耶の弱点は、格好の得物だった。

あんな弱味のなさそうな男が、唯一隠し持つ弱点だ。そうというなら、利用しない手はない。
ゆえに、郷田はその情報を掴むや否や、その好機を窺うべく、早々に利通を付け狙った。
だが、思いの外、利通へのガードは強い。なかなかその抜け穴を見付けられないでいた。

けれども、始終観察していれば、その抜け穴も次第に見えてくる。

ゆえに、郷田は、侠耶が堅気である利通の男としてのステイタスや普通の暮らしを重んじるあまり、社内では丸腰に近い状態である事を、つい先日知ったのだった。
とはいえ、表立った事をすれば、世間を騒がすようなニュース沙汰になる。それは、郷田としても痛かった。
しかも、郷田自身は、一度警察の追っ手から逃げている。まだ睦友会との繋がりも出来ていない内から、不用意な事をするのは憚られた。
だが、抜け目がない男に見出だせる隙は、それ以外なかった。

そして、強行突入となったわけだった。




 /  / 初回 / 登場人物紹介(別扉) / 総合目次1(最新作~) / 総合目次2(旧作品)

いつも読んで下さり、ありがとうございます!
よろしければ応援ポチリして頂けるとうれしいです
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

ばけもぐ

Author:ばけもぐ
隠れ腐女。オリジナルのBL小説を創作しています。
傾向;男臭い/強気受け多し。切ない系~爆笑系。リーマンもの、体先行型多し。ハピエン。
拙い作品ですが、楽しんでいって下さい。
尚、誹謗中傷、未成年の閲覧、画像の無断転用はご遠慮願います。


本館(当ブログ)目次↓
dreamtripbana.jpg
分館目次↓
dreamtripbana.jpg
twitter↓
@bakemogu53

ランキング参加しています!
よろしければ応援お願いします!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
人気ブログランキングへ


現在の閲覧者数:


おすすめトラコミ&サーチ
にほんブログ村 トラコミュ ボーイズラブへ
ボーイズラブ
にほんブログ村 トラコミュ BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!へ
BLイラスト・漫画・小説何でも書いちゃう!
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。